集団ストーカー被害者と統合失調症患者の違い

2017/01/20 22:08
統合失調症の症例に、集団ストーカー被害者の主張が混ぜられてしまっているため、一般の人ではその区別をつけることが困難になってしまっています。 それは集団ストーカーの悪意による操作です。 狙って情報の混乱を引き起こしています。 そもそも、統合失調症の奇妙な現象が、脳科学において現在でも全く分かっていないという事実があります。 それにも関わらず、人々は集団ストーカーを信じたくないために、集団ストーカー以上に奇妙な現象である統合失調症は信じようとします。 現実が逆転..

続きを読む

統合失調症とは何か

2017/01/19 21:56
統合失調症は、以前は精神分裂病と呼ばれていました。 狐憑きと呼ばれていた時代もありました。 精神分裂病のイメージは、突然笑い出す、突然怒り出す、突然暴れ出す、突然泣き出す、訳の分からないことを口走る、不気味な絵を描く、などでした。 その患者への対応はひどいもので、鉄格子の隔離病棟に閉じ込められることもよくありました。 錯乱状態になる病気というイメージですが、実際はそういった症状はごくわずかで、認知システムの軽い混乱程度の症状がほとんどです。 差別と偏見の..

続きを読む

ミスリードの仕組み

2017/01/08 22:25
ミスリードの方法は、単純にテレビで精神疾患の患者の発言を放送するだけです。 「みんなにジロジロ見られている気がする」 「スパイに監視されている」 「世界に人間は自分ひとりしかいない。まわりはみんな宇宙人かホログラムである」 「謎の組織が世界を支配しようとしている」 「人間はすべてコンピューターで管理されている」 「神(悪魔)が人類を滅ぼせと命令している」 「自分は世界の真実を知っている。これを言ってしまうと世界に殺される」 「自分はかつての英雄の生まれ変わ..

続きを読む

仄めかし(ほのめかし)とは何か

2017/01/06 00:25
仄めかし(ほのめかし)は、ノイズキャンペーンと並ぶガスライティングの象徴的テクニックです。 最もガスライティングらしい手法であり、おそらく一般の人がイメージする集団ストーカー被害や、統合失調症の症状がこの仄めかしだろうと思います。  ノイズキャンペーンやコリジョンキャンペーンは頻度の異常を使いますが、仄めかしは頻度を稼ぐことが困難であるため、1日に数回程度の被害のようですが、稀に数えきれないほどの被害を受けることもあるようです。 アンカリングにより、日常にあるこ..

続きを読む

ノイズキャンペーンとは何か

2017/01/03 00:16
ガスライティングには無数のテクニックがありますが、その象徴的なテクニックがノイズキャンペーンです。 これは聴覚を利用した嫌がらせ全般を指します。 聴覚は危険を察知するのに秀でたセンサーです。 なので危機感や不安感を与えるのに適しています。 空気の振動を起こすだけなので簡単に実行できます。 聴覚への刺激は、体が瞬間的に反応しやすいので、アンカリングという条件反射の条件付けを行うことにも適しています。 聴覚にアンカリングを行うことにより、条件反射を利用してター..

続きを読む

アンカリングとは何か

2017/01/02 00:02
アンカリングは、ガスライティングの必須テクニックです。 アンカリングがなければ、全てのテクニックはただの嫌がらせと同じです。 ガスライティング犯罪で、被害者を精神病に見せかけるためには、アンカリングすることが必要です。 集団ストーカー犯罪や、ガスライティング犯罪のほとんどは、アンカリングを使った犯罪です。 アンカリングとは、簡単に言えば条件反射の条件付けのことで、パブロフの犬の原理を利用して、ターゲットに、特定の印象や記憶、トラウマを与え、その記憶やトラウマを..

続きを読む

もっと見る