共時性(シンクロニシティ)とは何か

2017/04/29 22:45
集団ストーカーの種明かしの一つとして、共時性があります。 共時性は嫌がらせとして使われます。 偶然の一致が頻繁に起こる。あまりにもタイミングよく事態が展開する。これが共時性です。 共時性は偶然起こった事象を特別なものとして捉えがちな心理を表す言葉ですが、集団ストーカーはこの共時性を利用して嫌がらせを行います。 仕事や睡眠、集中が必要なタイミングなどに合わせて邪魔をされて嫌な思いをする。 面白いテレビ、本、映画などを見ていて、盛り上がった瞬間を狙ってノイズ..

続きを読む

頻度の異常性

2017/01/04 00:06
ノイズキャンペーンだけでなく、すべての嫌がらせは頻度の異常性を利用しています。 自分にだけ多く災難が降りかかることによって、被害者は不公平感や不幸を感じます。 また同じ嫌がらせを繰り返されることによって、挑発されているという気持ちが強くなり、さらに気の休まる時間も少なくなって、精神的に追い詰められます。 ストレスや怒りは、コップにたまり続ける水として説明されますが、嫌がらせを繰り返されると、いずれ我慢の限界を超えて溢れ出します。 タイミングの異常性は、被害者本..

続きを読む

集団ストーカーは実在するのか

2016/12/31 00:55
集団ストーカーは一切証拠を残しません。 ですから、その身に起きた不思議な体験でしか、その証明をすることはできません。 しかも、その体験はたいてい普通に起こり得ることばかりなのです。 それを他人に説明しようとするならば、その事象が起こる微妙な確率のずれを計算して、その数字のずれを見せるということでしか証明できません。 そういった証拠を残さない犯罪なのです。 その数字のずれの重要性を認識しようとしない相手には、いくら説明しても理解してくれないでしょう。 その数..

続きを読む

もっと見る