HAARP MKウルトラ計画 いじめ アウトロー アポカリプティックサウンド アンカリング イルミナティ オカルト カルトナンバー ガスライティング ケムトレイル コリジョンキャンペーン サブリミナル シミュレーテッドリアリティ シンギュラリティ シンクロニシティ シンパシー ストリートシアター タキサイキア現象 ダブルバインド ダブルミーニング ダブルメッセージ テクノロジー犯罪 ディスチャージ デジャブ デメリット トランスヒューマニズム ニーチェ ネグレクト ノイズキャンペーン ハイウェイヒプノーシス パラダイムシフト パラレルワールド ファティマ フラッシュモブ ブルーライト ブレインマシンインターフェイス マインドゲーム マスコミ ミスリード メリット モラル リアリティ 世界 世界ずらし 人工知能 人生 人種 仄めかし 付き纏い 付け回し 仮想現実 個人情報 倫理 偶然 共感 共時性 天体 妄想 嫌な奴 差別 常識 幻覚 弁護士 思考盗聴 思考送信 悟り 悪人 情報 情報操作 意識 意識操作 感情 感情操作 感覚 操作 政治 政治家 時間 本質 正常性バイアス 正義 気象操作 洗脳 無知 物語 犯罪被害 現実操作 白人 監視カメラ 真実 睡眠妨害 矛盾 確率 確証バイアス 社会 科学 種明かし 空目 精神 統合失調症 自由 自由意志 茶番 解釈ずらし 言語 記憶 証拠 認知バイアス 認識ずらし 警官 警察 身体操作 運命操作 陰謀論 集団ストーカー 電磁波 電磁波犯罪 電車 駅員

選択の欠如

2017/08/27 23:47
世の中には様々な選択肢があるかのように見えていますが、すべての選択肢は集団ストーカーによって塞がれたり、嫌がらせによる心理的な制限、嫌がらせによる直接の妨害などで、結局進める道は何処にもありません。 右に行こうとすれば右を塞がれ、左を向けば左を叩かれ、上を向けば雨を降らされ、下を向けば笑われる。 後ろからは熱風が迫り、前には針の道。それでも進めば吹雪に晒される。 それは集団ストーカーの被害者だけではありません。 世の中のかたちそのものがそのように設計されていま..

続きを読む

集団ストーカーの解釈の盲点

2017/04/05 22:22
多くの被害者が、この現象を集団ストーカーと呼ぶことに違和感を持っています。 被害状況は人によって違い、場合によっては従来の集団ストーカー現象の説明を遥かに超える被害を受けている被害者もいます。 集団ストーカーのテクニックとして紹介されているものは、アメリカのガスライティングの本が元になっていて、これは個人が誰か嫌いな人に嫌がらせをするために書かれているものです。 集団ストーカー現象は、ガスライティングになぞらえて実行されている嫌がらせではありますが、ガスライティ..

続きを読む

警察の正体

2017/02/23 20:37
警察のイメージは、困ったときに親身になって話を聞いてくれて、善良な一般市民をずる賢い人や組織、訳の分からない人、凶悪な人や組織などから守ってくれる優しくて頼れる正義溢れる存在でしょうか。 少なくとも、集団ストーカーの被害者からは全く別の姿に見えています。 そんなに正義溢れる存在の組織が、半世紀以上も暴力団を壊滅できずに手を拱いているのでしょうか。 麻薬という物が、集団ストーカーの存在を隠す一つのアイテムとなっています。 暴力団がいなくなると困る組織があるのでし..

続きを読む

真実は一つではない可能性

2017/02/18 21:31
集団ストーカーはすべてを逆転させる存在です。 この世の真実は一つだけと言うのは思い込みかもしれません。 被害者のブログでは、それぞれの立場を主張しています。 すると、おのずと自分の主張と違う主張を否定してしまいがちになります。 集団ストーカーの被害は人によって異なります。 集団ストーカーの犯人像も人によって異なります。 例えば、特定の宗教団体が集団ストーカーの正体であると考えている人は「宇宙人が集団ストーカーの正体などというのは馬鹿げている。宇宙人など..

続きを読む

集団ストーカーの正体

2017/01/23 15:37
集団ストーカーは、被害者によって犯人像の主張が異なるために、正体が全く分かりません。 犯人が存在するのかしないのかさえ明らかではありませんが、その現象は間違いなく存在します。 この犯罪は、実際にその被害を受けない限り、容易にその存在を受け入れることはできません。 「誰が一体、何のために、そんな無意味に思える嫌がらせを」と誰もが思います。 被害者でさえが、被害に気付く前は、その存在を否定していました。 被害者が集団ストーカーの存在を確信しているのは、ガスライテ..

続きを読む

集団ストーカー被害者と統合失調症患者の違い

2017/01/20 22:08
統合失調症の症例に、集団ストーカー被害者の主張が混ぜられてしまっているため、一般の人ではその区別をつけることが困難になってしまっています。 それは集団ストーカーの悪意による操作です。 狙って情報の混乱を引き起こしています。 そもそも、統合失調症の奇妙な現象が、脳科学において現在でも全く分かっていないという事実があります。 それにも関わらず、人々は集団ストーカーを信じたくないために、集団ストーカー以上に奇妙な現象である統合失調症は信じようとします。 現実が逆転..

続きを読む

もっと見る