個人情報は守られない

2017/12/20 23:55
全く知らない名前の差出人からの現金書留が届きました。 おそらく仕事の関係か、最近、連続で立て続けに起こされた自動車の全損事故の関係だろうと思って封を開けて見ると、最近受けた暴行被害の加害者の少年の母親からの手紙と数万円が入っていました。 封筒に書かれていた名前は弁護士の名前で、弁護士が説明する文書には、住所は裁判所の事件記録で調べたもので、住所は加害者には教えていないと書かれていました。 しかし、加害者の母親の謝罪文にはしっかりと私の名前が書きこまれており、..

続きを読む

被害者はなぜ救われないのか

2017/12/14 23:37
悪人が存在する限り、必ず被害者が存在します。 社会は被害者を救済する存在という考えが、どうやら間違っているようです。 社会の中で、被害者と悪人、どちらの味方につくかというと、どちらでもない、状況によるという人が大多数になります。 被害者につくという人と、悪人につくという人の数は正確に計れませんが、その勢力の強さは、やや悪人の方が強いようです。 消極的な多数の被害者の味方と、積極的な少数の悪の味方という対比になります。 動機としては、悪の存在の方が、被害者..

続きを読む

暴行被害

2017/11/10 19:21
先日、暴行被害を受けました。 怪我はありませんでしたが、服を破かれました。 犯人は18歳前後の6,7人の少年グループで、特定は出来ているようですが、まだ捕まっていません。 その日、私は仕事の途中で駅へと向かっていました。 駅の近くまで来ると、私の目の前で堂々と犯罪行為を始める2人の少年を見ました。 わざと私にそれを見せているのです。 普段から治安が悪くなるのはこういった犯罪を見て見ぬふりをするからだと考えている私にとっては、それは見逃すこと..

続きを読む

もっと見る