HAARP MKウルトラ計画 いじめ アウトロー アポカリプティックサウンド アンカリング イルミナティ オカルト カルトナンバー ガスライティング ケムトレイル コリジョンキャンペーン サブリミナル シミュレーション仮説 シミュレーテッドリアリティ シンギュラリティ シンクロニシティ シンパシー ストリートシアター タキサイキア現象 ダブルバインド ダブルミーニング ダブルメッセージ テクノロジー犯罪 ディスチャージ デジャブ デメリット トランスヒューマニズム ニーチェ ネグレクト ノイズキャンペーン ハイウェイヒプノーシス バーチャルリアリティ パラダイムシフト パラレルワールド ファティマ フラッシュモブ ブルーライト ブレインマシンインターフェイス マインドゲーム マスコミ マトリックス ミスリード メリット モラル リアリティ 世界 世界ずらし 二重思考 二重性 人工知能 人生 人種 仄めかし 付き纏い 付け回し 仮想現実 個人情報 倫理 偶然 共感 共時性 天体 妄想 嫌な奴 工作員 差別 常識 幻覚 弁護士 思考 思考盗聴 思考送信 悟り 悪人 情報 情報操作 意識 意識操作 感情 感情操作 感覚 操作 政治 政治家 時間 本質 正常性バイアス 正義 気象操作 洗脳 無知 物語 犯罪被害 現実操作 白人 監視カメラ 真実 睡眠妨害 矛盾 確率 確証バイアス 社会 科学 科学者 種明かし 空目 精神 統合失調症 自由 自由意志 茶番 解釈ずらし 言語 記憶 証拠 認知バイアス 認識ずらし 警官 警察 超常現象 身体操作 運命操作 陰謀論 集団ストーカー 電磁波 電磁波犯罪 電車 駅員

記憶操作とは何か

2017/10/10 21:16
集団ストーカーが仕掛ける罠の一つに、記憶操作があります。 これは思考送信を、無意識の状態や寝ている状態で行い、その情報を通常の記憶と置き換えるものです。 記憶操作のほとんどは、思考送信による強制的な科学洗脳ですが、普通に入ってくる情報を操作することにより、自然に記憶が書き換わるように操作されるローテクの記憶操作もあります。 サブリミナルによる操作も可能かもしれません。 あまりにリアリティーが高い記憶の場合、それが本当の記憶であるか、操作された偽の記憶である..

続きを読む

思考盗聴とは何か

2017/03/31 23:58
集団ストーカーの被害の代表的なものに盗聴被害があります。 盗聴被害は実際によくある話なのですが、集団ストーカー被害の場合は、盗聴器が見つからないのが特徴です。 まるで自分の生活している家の中すべてが盗撮や盗聴されているように、次々と自分が話した内容、行動の内容などが、職場の同僚、通りすがりの人などから仄めかされます。 被害者は必死に盗聴器やカメラなどを探しますが、見つかったという例はありません。 カメラが見つからなかった場合、それは集団ストーカーの被害であ..

続きを読む

動物への思考送信

2017/03/20 20:46
思考送信が可能ということは、人間以外の動物にも思考送信をすることが可能ということです。 動物は人間よりもシンプルであるため、人間よりも簡単にコントロールすることが可能でしょう。 動物に限らず、おそらくあらゆる生命体をコントロールすることが可能です。 主な嫌がらせとしては、特定のタイミングで犬に吠えさせるなどがありますが、犬に吠えさせるだけであるならば、思考送信をするまでもありません。 犬に思考送信をすることによって、ターゲットの目の前で奇妙な動きや特定の動作を..

続きを読む

真実は一つではない可能性

2017/02/18 21:31
集団ストーカーはすべてを逆転させる存在です。 この世の真実は一つだけと言うのは思い込みかもしれません。 被害者のブログでは、それぞれの立場を主張しています。 すると、おのずと自分の主張と違う主張を否定してしまいがちになります。 集団ストーカーの被害は人によって異なります。 集団ストーカーの犯人像も人によって異なります。 例えば、特定の宗教団体が集団ストーカーの正体であると考えている人は「宇宙人が集団ストーカーの正体などというのは馬鹿げている。宇宙人など..

続きを読む

思考送信とは何か

2017/02/09 20:13
思考送信は、テクノロジー犯罪の象徴的な現象です。 思考送信を理解した上で経験している人は、集団ストーカー被害者の中の7割か8割くらいの人でしょうか。 残りの集団ストーカー被害者は、全く思考送信の経験がない、あり得ないと主張しています。 思考送信には様々な現象があります。 最も多いのは、頭の中に他人の声が聞こえるというものです。これは、実際に音として聞こえることもあるようです。 これは音声送信とも呼ばれています。 さらに感情送信という現象もあります。..

続きを読む

もっと見る