HAARP MKウルトラ計画 いじめ アウトロー アポカリプティックサウンド アンカリング イルミナティ インテリジェントデザイン ウイルス オカルト カルトナンバー ガスライティング クオリア ケムトレイル コリジョンキャンペーン コンピューター サブリミナル シミュレーション シミュレーション仮説 シミュレーテッドリアリティ シンギュラリティ シンクロニシティ シンパシー ストリートシアター ゾロ目 タキサイキア現象 ダブルスタンダード ダブルバインド ダブルミーニング ダブルメッセージ テクノロジー攻撃 テクノロジー犯罪 ディスチャージ ディストピア デジャブ デメリット トゥルーマンショー トランスヒューマニズム ドッキリ ニーチェ ネグレクト ノイズキャンペーン ハイウェイヒプノーシス ハードモード バイアス バーチャルリアリティ パラダイムシフト パラレルワールド パンデミック ファティマ フラッシュモブ ブライティング ブルーライト ブレインマシンインターフェイス マインドゲーム マスコミ マトリックス ミスリード ミーム メディア メリット モラル リアリティ 世界 世界ずらし 世界観 二重思考 二重性 人工知能 人生 人種 人間工学 仄めかし 付き纏い 付け回し 仮想現実 伏線 個人情報 倫理 偶然 共感 共時性 収束 善悪 天体 妄想 嫌な奴 宇宙 工作員 差別 常識 幻覚 弁護士 思考 思考盗聴 思考送信 悟り 悪人 情報 情報操作 意識 意識操作 感情 感情操作 感覚 操作 政治 政治家 時間 暗示 有名人 本質 構造主義 正常性バイアス 正義 気象操作 洗脳 無知 物語 犯罪被害 獣の数字 現実 現実感 現実操作 白人 監視カメラ 真実 睡眠妨害 矛盾 確率 確証バイアス 社会 科学 科学者 種明かし 空目 精神 統合失調症 自由 自由意志 色彩 芸能人 茶番 解釈ずらし 言語 記憶 証拠 認知バイアス 認識ずらし 警官 警察 超常現象 身体操作 運命 運命操作 錯視 錯覚 陰謀論 集団ストーカー 電磁波 電磁波犯罪 電車 風邪テロ 駅員 騒音

悪魔の数字と事後仄めかし

2020/05/02 01:00
6の倍数のキー A6、B12、C18、D24、E30、F36、G42、H48、I54、J60、K66、L72、M78、N84、O90、P96、Q102、R108、S114、T120、U126、V132、W138、X144、Y150、Z156 獣の数字をこのタイミングで書いたのだから何かあるのだろうと思い、不自然な印象を受けた有名人に当てはめてみることをふと思いついて計算してみました。 simura ken 直感で何となく最初からsiのhを抜きました。発音は同じに..

続きを読む

被害の範囲

2019/02/03 01:20
世界の構造と認識を説明する前に、集団ストーカーという事象の認識について詳しく説明します。 これを先に説明しなければ、認識が一致せずに内容にずれが出るようになります。 ですが、おそらく集団ストーカーの被害者といえどもそれを正確に認識できないようになっていると予測しています。 まず被害の範囲について説明します。 被害の範囲は全世界全期間です。 これについては異論のある被害者が多いだろうと思います。 最小の認識では、ターゲットの周囲に数人の工作員が配置され嫌..

続きを読む

ほのめかしというメカニズム

2018/09/14 20:01
仄めかしはその内容ばかりが注目されますが、そのメカニズムを解明しようとすると、あり得ないような事実が浮かび上がってきます。 仄めかしとは、例えば通行人など自分に関係のない人間が自分しか知らないはずの情報をそれとなく仄めかしてくる嫌がらせです。 最終的には言葉だけでなく、すべての要素が仄めかしのように見えてきます。 仄めかしというものは、例えば他人が自分の悪口を言っているように聞こえる被害妄想などと同じメカニズムが使われています。 集団ストーカーの被害者の場合は..

続きを読む

シミュレーテッドリアリティとニーチェ

2018/03/03 22:40
シミュレーテッドリアリティの記事を書いた次の日、たまたま読んでいた本に、ニーチェが晩年に書いたといわれる意味不明な一文が紹介されているのを見ました。 >生成に存在の性格を刻印すること、これが力への意志の極致である。 >二重の偽造、これは存在するもの、停滞するもの、等価のものなどの世界を保存するために、感覚器官と精神からなされる、それは考察の絶頂である。 >存在するものに与えられる価値から、生成するものを断罪し、それに不満をおぼえることが由来する。 >こ..

続きを読む

先回り発言と確信発言

2017/05/07 01:54
集団ストーカーの攻撃方法に、先回り発言と確信発言、及び、先回り行動と確信行動があります。 これは仄めかしの一種ですが、茶番劇の一部として使われることが多いようです。 集団ストーカーの仄めかしの場合、それは単なる仄めかしではなく、最終的には脅迫になります。 先回り発言とは、自分がまだ言っていない個人情報などを、相手が先走って発言する嫌がらせです。 自分しか知らない個人的な情報を、まるで知っているかのように確信を持って言い当てる確信発言もあります。 この..

続きを読む

仄めかしのレベル

2017/03/26 20:53
仄めかしのテクニックは様々であり、人によってその被害内容に違いがあります。 被害を理解していない状態での仄めかし。 被害を確信している状態での仄めかし。 社会全体に存在する仄めかし。 仄めかしにはレベルがあり、そのレベルによって理解が変化するようになっています。 理解の違う者同士であれば、被害者同士でさえ意見が対立することがあります。 どのレベルの仄めかしなのかを理解しなければ、話が噛み合わずに誤解や誤認のもとになります。 1.仄めかしの仄めかし ..

続きを読む

もっと見る