HAARP MKウルトラ計画 いじめ アウトロー アポカリプティックサウンド アンカリング イルミナティ オカルト カルトナンバー ガスライティング ケムトレイル コリジョンキャンペーン サブリミナル シミュレーション仮説 シミュレーテッドリアリティ シンギュラリティ シンクロニシティ シンパシー ストリートシアター タキサイキア現象 ダブルスタンダード ダブルバインド ダブルミーニング ダブルメッセージ テクノロジー攻撃 テクノロジー犯罪 ディスチャージ ディストピア デジャブ デメリット トゥルーマンショー トランスヒューマニズム ニーチェ ネグレクト ノイズキャンペーン ハイウェイヒプノーシス バーチャルリアリティ パラダイムシフト パラレルワールド ファティマ フラッシュモブ ブライティング ブルーライト ブレインマシンインターフェイス マインドゲーム マスコミ マトリックス ミスリード メディア メリット モラル リアリティ 世界 世界ずらし 世界観 二重思考 二重性 人工知能 人生 人種 仄めかし 付き纏い 付け回し 仮想現実 伏線 個人情報 倫理 偶然 共感 共時性 収束 天体 妄想 嫌な奴 工作員 差別 常識 幻覚 弁護士 思考 思考盗聴 思考送信 悟り 悪人 情報 情報操作 意識 意識操作 感情 感情操作 感覚 操作 政治 政治家 時間 暗示 本質 正常性バイアス 正義 気象操作 洗脳 無知 物語 犯罪被害 現実 現実感 現実操作 白人 監視カメラ 真実 睡眠妨害 矛盾 確率 確証バイアス 社会 科学 科学者 種明かし 空目 精神 統合失調症 自由 自由意志 茶番 解釈ずらし 言語 記憶 証拠 認知バイアス 認識ずらし 警官 警察 超常現象 身体操作 運命 運命操作 陰謀論 集団ストーカー 電磁波 電磁波犯罪 電車 駅員 騒音

現実の誤謬とトゥルーマンショー

2019/06/27 18:56
トゥルーマンショーという映画は集団ストーカーのような世界観のようなので見てみました。 序盤から中盤にかけて自分が経験した嫌がらせが連続して出てくるので懐かしいような気分にさえなります。 この手の映画は大抵仄めかしの要素が強くありますが、重要な映画だと日本語や日本人が登場したりと日本に関係するように描かれていることも多いようです。 マトリックスにも日本的な演出がありました。 ほとんどの情報が誰かしらの仄めかしとして作用していますから、ほとんどの映画や番組にそのような..

続きを読む

収束という現象(ガスライティングの世界)

2019/05/26 22:10
集団ストーカーという現象をガスライティングと言ってしまうと、それは人為的なものというイメージになります。集団ストーカーと呼んでも同じです。 しかし実際に起きていることで最も驚くべきことは、ガスライティングが起きた後の収束という現象です。 収束があるからこそ周知も進まず、被害者同士の認識の違いなどその収束は被害者にも及びます。 収束こそが最も恐るべきもので、それは世界規模で作用しています。 集団ストーカー被害者の主張を、世界中の誰一人として完全には認めないの..

続きを読む

虚構と現実

2018/07/07 22:10
うろ覚えですが、映画「マトリックス」では何者かが青い薬と赤い薬のどちらかを主人公に選ばせて渡します。 どちらかが現実に目覚める薬で、どちらかがそのまま元の世界の夢に戻る薬です。 集団ストーカーの被害者も同じような選択を迫られます。 今までの現実が虚構であったことを認め、新しい世界に立ち向かうか、今までの人生を大切に想い、虚構だったかもしれない世界に戻るかです。 元の世界に戻るという選択肢もありますが、それはすべてが統合失調症による幻であったということにして..

続きを読む

仮想現実の世界

2017/12/17 23:37
集団ストーカー現象のすべてを、矛盾なく説明できる仮説は、今のところ「この世界は人工知能によって作り出された仮想現実である」という答えしかありません。 この答えだと、いわば「なんでもあり」の状態になってしまい、答えとしては「この世界は神によって作られたもの」を科学的に言い換えただけの、極論に近い話になります。 しかし、最新の科学である量子力学では、コペンハーゲン解釈やシュレディンガーの猫などで、量子の不確実性が指摘されていて、この世界が仮想現実のようなホログラムなの..

続きを読む

もっと見る