HAARP MKウルトラ計画 いじめ アウトロー アポカリプティックサウンド アンカリング イルミナティ オカルト カルトナンバー ガスライティング ケムトレイル コリジョンキャンペーン サブリミナル シミュレーション仮説 シミュレーテッドリアリティ シンギュラリティ シンクロニシティ シンパシー ストリートシアター タキサイキア現象 ダブルバインド ダブルミーニング ダブルメッセージ テクノロジー犯罪 ディスチャージ デジャブ デメリット トランスヒューマニズム ニーチェ ネグレクト ノイズキャンペーン ハイウェイヒプノーシス バーチャルリアリティ パラダイムシフト パラレルワールド ファティマ フラッシュモブ ブルーライト ブレインマシンインターフェイス マインドゲーム マスコミ マトリックス ミスリード メリット モラル リアリティ 世界 世界ずらし 二重思考 二重性 人工知能 人生 人種 仄めかし 付き纏い 付け回し 仮想現実 個人情報 倫理 偶然 共感 共時性 天体 妄想 嫌な奴 工作員 差別 常識 幻覚 弁護士 思考 思考盗聴 思考送信 悟り 悪人 情報 情報操作 意識 意識操作 感情 感情操作 感覚 操作 政治 政治家 時間 本質 正常性バイアス 正義 気象操作 洗脳 無知 物語 犯罪被害 現実操作 白人 監視カメラ 真実 睡眠妨害 矛盾 確率 確証バイアス 社会 科学 科学者 種明かし 空目 精神 統合失調症 自由 自由意志 茶番 解釈ずらし 言語 記憶 証拠 認知バイアス 認識ずらし 警官 警察 超常現象 身体操作 運命操作 陰謀論 集団ストーカー 電磁波 電磁波犯罪 電車 駅員

情というシステム

2017/12/06 19:31
悪とは何か。 悪人はなぜ存在するのか。 悪人学という学問はなぜか存在しません。 それが解明されれば、悪人がいなくなってしまうからです。 現在でも、悪人が存在するのは大きな疑問です。 私の感覚では、とても悪人が存在できるような世の中ではないと感じます。 私がほんのわずかにミスをしただけでも、またほんの少しモラルに落ち度がある行動を取っただけでも、周囲の人々が鬼の首を取ったかのように私を責め立てます。 わずかであっても悪を働けるような環境ではあり..

続きを読む

無知の構図

2017/07/29 23:35
集団ストーカーの周知に関係することですが、人々の無知がどのような仕組みであるか理解することは必要です。 無知の最大の原因は若さです。 これはどうすることもできません。 圧倒的に経験、思考の時間が他人よりも短いわけですから、すべてが少なく、正しい理解をするのは困難になります。 問題なのは、若くても経験則は活きるという洗脳です。 経験則というのはその人個人のものでしかありませんから、基本的に他人にはそのままでは適用できないものです。しかし、若い人はそれをそのまま..

続きを読む

感情という言い訳

2017/07/13 21:57
感情を過大に尊いものであるとする考え方があります。 これには洗脳的な要素が含まれています。 特に、反射的な怒りに対して、それを言い訳に使う論理がまかり通っています。 人間は怒りの感情をコントロールして生活しているのであり、それは幼児の段階でほぼ完成します。 よく、自分は怒りっぽい性格だという人がいますが、それはただの成長の遅れであり、言い訳です。 人間の性格は、ほぼ全員同じです。 育った環境により、それが修正されたか、されなかったかの違いです。 ..

続きを読む

倫理はひとつ

2017/06/06 21:10
悪であるとか、悪いことであるとか、やってはいけないことなどを議論するときに、まるで倫理が人によって違うかのような情報操作を行う者がいます。 いわゆる情報の複雑化を行い、真実を煙に巻く嫌がらせです。 倫理は単純で簡単なもので、それは基本的にひとつしかありませんし、人によって変わるものでもありません。 誰でも二者択一で考えれば分かるもので、判断できないのは、よほど意識がはっきりしていない人間だけです。 人間がされて嫌なことは、みんな同じです。 違うと言っている方..

続きを読む

不遜な態度

2017/06/03 20:50
テクノロジー犯罪の被害者とは違う集団ストーカーの被害者の場合、人々の不遜な態度に多く苦しめられます。 インターネットにおいてはテクノロジー犯罪の被害者の方が多数派のように見えますが、なんら身体に異常が表れず、人々の奇妙な動きや言動に苦しめられるだけの集団ストーカーの被害者も少なくありません。 集団ストーカーに共通するのが不遜な態度であるということです。 これは表面上丁寧に見えても、結果的に被害者に及ぼす影響は不遜なものであるというものも含まれます。 不当に..

続きを読む

我々には分からない人種感覚

2017/05/30 23:18
海外での東洋人差別のニュースが流れるたびに、白人ジャーナリストがヒステリックなまでに差別発言をした人をバッシングするのに対して、当の日本人に、なんでそんなに怒っているのか分からないという反応を示す人が多いようです。 特に若い人に多いのかもしれませんが、これは人種差別の感覚が分かっていないために起こるのでしょう。 特に日本人は自分たちが差別の対象であることに気づいていない人が多いので、こういった状態になってしまうのでしょう。 白人の場合、生まれてくる子供の瞳の色や..

続きを読む

もっと見る