ネグレクトとは何か

2017/06/12 22:25
ネグレクトとは、与えないことにより苦しみを生み出す嫌がらせです。 一般には、子供や介護が必要な人に、食事を与えなかったり、娯楽を与えない、世話をしないなどの社会問題として周知されています。 また、意図的に無視をすることもネグレクトに当たります。 重要な作法を教えないことにより、特定の場所で恥をかかせる。 ルールを教えないまま仕事をさせて失敗を誘発する。 ターゲットにだけ挨拶をしない。しても適当である。ターゲットに挨拶を返さない。 飲食店でいつまでも注文..

続きを読む

中道という対処方法

2017/05/22 21:01
中道は、元は仏教用語のようで、悟りに至る一つの方法として語られており、極端な極地へ身を置くことを避けて、そのいずれも見据えて捉えながら、その中に真理を見出す考えのようです。 但し宗教全般的にそうなのですが、特に悟りの考え方がそうですが、自分で納得すればそれが答えという考え方であり、他者による影響といった概念がほとんどありません。 つまり、どうにもならない現状を心の中でのみ解決する方法であり、被害に対処できるとか、他人からの影響を排除できるというものではありません。 ..

続きを読む

先回り発言と確信発言

2017/05/07 01:54
集団ストーカーの攻撃方法に、先回り発言と確信発言、及び、先回り行動と確信行動があります。 これは仄めかしの一種ですが、茶番劇の一部として使われることが多いようです。 集団ストーカーの仄めかしの場合、それは単なる仄めかしではなく、最終的には脅迫になります。 先回り発言とは、自分がまだ言っていない個人情報などを、相手が先走って発言する嫌がらせです。 自分しか知らない個人的な情報を、まるで知っているかのように確信を持って言い当てる確信発言もあります。 この..

続きを読む

共時性(シンクロニシティ)とは何か

2017/04/29 22:45
集団ストーカーの種明かしの一つとして、共時性があります。 共時性は嫌がらせとして使われます。 偶然の一致が頻繁に起こる。あまりにもタイミングよく事態が展開する。これが共時性です。 共時性は偶然起こった事象を特別なものとして捉えがちな心理を表す言葉ですが、集団ストーカーはこの共時性を利用して嫌がらせを行います。 仕事や睡眠、集中が必要なタイミングなどに合わせて邪魔をされて嫌な思いをする。 面白いテレビ、本、映画などを見ていて、盛り上がった瞬間を狙ってノイズ..

続きを読む

ダブルメッセージとは何か

2017/04/21 21:38
ダブルミーニングと混同しやすいテクニックに、ダブルメッセージがあります。 ダブルメッセージは、ダブルバインドを行うテクニックの一つとしても使われます。 ダブルミーニングは一つの言葉を複数の意味に受け取れるようにして、その曖昧さを利用して人によって理解する内容を変えるというものですが、ダブルメッセージは、簡単に言うと、言っていることとやっていることが違うというテクニックです。 ダブルメッセージは、言っていることと現状が一致しない状態を意図的に作り出します。 ..

続きを読む

ダブルバインドとは何か

2017/04/17 22:35
ダブルバインドとは、簡単に言えば板挟みのことです。 嫌がらせの基本は板挟みであり、相手が避けることが出来ない状態にして攻撃することにより、確実に相手にダメージを与え、またその効果を増大させることが出来ます。 集団ストーカーの被害において基本となるテクニックであり、集団ストーカーの攻撃方法のほとんどがこのダブルバインドというテクニックを使っています。 ダブルバインドには、単純な板挟みというテクニック以外にも、二重縛りという特殊なテクニックがあります。 二重縛..

続きを読む

もっと見る