HAARP MKウルトラ計画 いじめ アウトロー アポカリプティックサウンド アンカリング イルミナティ オカルト カルトナンバー ガスライティング ケムトレイル コリジョンキャンペーン サブリミナル シミュレーション仮説 シミュレーテッドリアリティ シンギュラリティ シンクロニシティ シンパシー ストリートシアター タキサイキア現象 ダブルスタンダード ダブルバインド ダブルミーニング ダブルメッセージ テクノロジー犯罪 ディスチャージ デジャブ デメリット トランスヒューマニズム ニーチェ ネグレクト ノイズキャンペーン ハイウェイヒプノーシス バーチャルリアリティ パラダイムシフト パラレルワールド ファティマ フラッシュモブ ブルーライト ブレインマシンインターフェイス マインドゲーム マスコミ マトリックス ミスリード メリット モラル リアリティ 世界 世界ずらし 二重思考 二重性 人工知能 人生 人種 仄めかし 付き纏い 付け回し 仮想現実 個人情報 倫理 偶然 共感 共時性 天体 妄想 嫌な奴 工作員 差別 常識 幻覚 弁護士 思考 思考盗聴 思考送信 悟り 悪人 情報 情報操作 意識 意識操作 感情 感情操作 感覚 操作 政治 政治家 時間 本質 正常性バイアス 正義 気象操作 洗脳 無知 物語 犯罪被害 現実感 現実操作 白人 監視カメラ 真実 睡眠妨害 矛盾 確率 確証バイアス 社会 科学 科学者 種明かし 空目 精神 統合失調症 自由 自由意志 茶番 解釈ずらし 言語 記憶 証拠 認知バイアス 認識ずらし 警官 警察 超常現象 身体操作 運命操作 陰謀論 集団ストーカー 電磁波 電磁波犯罪 電車 駅員

虚構と現実

2018/07/07 22:10
うろ覚えですが、映画「マトリックス」では何者かが青い薬と赤い薬のどちらかを主人公に選ばせて渡します。 どちらかが現実に目覚める薬で、どちらかがそのまま元の世界の夢に戻る薬です。 集団ストーカーの被害者も同じような選択を迫られます。 今までの現実が虚構であったことを認め、新しい世界に立ち向かうか、今までの人生を大切に想い、虚構だったかもしれない世界に戻るかです。 元の世界に戻るという選択肢もありますが、それはすべてが統合失調症による幻であったということにして..

続きを読む

暴行被害

2017/11/10 19:21
先日、暴行被害を受けました。 怪我はありませんでしたが、服を破かれました。 犯人は18歳前後の6,7人の少年グループで、特定は出来ているようですが、まだ捕まっていません。 その日、私は仕事の途中で駅へと向かっていました。 駅の近くまで来ると、私の目の前で堂々と犯罪行為を始める2人の少年を見ました。 わざと私にそれを見せているのです。 普段から治安が悪くなるのはこういった犯罪を見て見ぬふりをするからだと考えている私にとっては、それは見逃すこと..

続きを読む

ストリートシアターとは何か

2017/01/10 22:45
ストリートシアターは、突然ターゲットの目の前で、ドラマ的な演技が始まるといった嫌がらせですが、嫌がらせなのかよく分かりません。 そういうテクニックがあるということが書かれていますが、被害報告はそれほど多くありません。 おそらく集団ストーカーの嫌がらせの中で、もっとも攻撃力が弱いと思われるテクニックですが、まだ知られていない効果があるのかもしれません。 多いのは突然騒ぎ出す人が現れたり、普通に歩いていた人が突然、障害者のような動きを始めたり、目の前で誰かが突然逃げ..

続きを読む

もっと見る