被害者同士のシンクロニシティ

2018/01/20 22:10
被害者同士の存在を、奇妙に感じている人も多いでしょう。 被害者の多くは、自分の被害状況と違う被害者の言動を信じない傾向があります。 集団ストーカーは孤立化の嫌がらせですから、被害者同士の結束は矛盾します。 集団ストーカーはこれほど細かくターゲットを操作する能力を持つわけですから、被害者同士の結束を許すはずがありません。 しかし、被害者同士の被害内容はその多くが共通していて、タイミングまでが驚くほど一致します。 被害者の被害状況をブログなどで見た直後や直前..

続きを読む

時間差のあるシンクロニシティ

2018/01/15 22:47
極めて稀な例ですから、参考として聞いていただきたいものですが、集団ストーカーの正体に関する重要な例があります。 それは、長期間に渡る時間差のある仄めかしです。 これは重要な種明かしであるため、同時に珍しいテクノロジーが使われることもあります。 例えば数十年前の事象の仄めかしを受け、その内容が一致するという現象があります。 数十年の時間差がある仄めかしになり、その内容が一致した場合、数十年の時間差のシンクロニシティが起きたということになります。 シンクロニ..

続きを読む

共時性(シンクロニシティ)とは何か

2017/04/29 22:45
集団ストーカーの種明かしの一つとして、共時性があります。 共時性は嫌がらせとして使われます。 偶然の一致が頻繁に起こる。あまりにもタイミングよく事態が展開する。これが共時性です。 共時性は偶然起こった事象を特別なものとして捉えがちな心理を表す言葉ですが、集団ストーカーはこの共時性を利用して嫌がらせを行います。 仕事や睡眠、集中が必要なタイミングなどに合わせて邪魔をされて嫌な思いをする。 面白いテレビ、本、映画などを見ていて、盛り上がった瞬間を狙ってノイズ..

続きを読む

もっと見る