HAARP MKウルトラ計画 いじめ アウトロー アポカリプティックサウンド アンカリング イルミナティ オカルト カルトナンバー ガスライティング ケムトレイル コリジョンキャンペーン サブリミナル シミュレーテッドリアリティ シンギュラリティ シンクロニシティ シンパシー ストリートシアター タキサイキア現象 ダブルバインド ダブルミーニング ダブルメッセージ テクノロジー犯罪 ディスチャージ デジャブ デメリット トランスヒューマニズム ニーチェ ネグレクト ノイズキャンペーン ハイウェイヒプノーシス パラダイムシフト パラレルワールド ファティマ フラッシュモブ ブルーライト ブレインマシンインターフェイス マインドゲーム マスコミ ミスリード メリット モラル リアリティ 世界 世界ずらし 人工知能 人生 人種 仄めかし 付き纏い 付け回し 仮想現実 個人情報 倫理 偶然 共感 共時性 天体 妄想 嫌な奴 差別 常識 幻覚 弁護士 思考盗聴 思考送信 悟り 悪人 情報 情報操作 意識 意識操作 感情 感情操作 感覚 操作 政治 政治家 時間 本質 正常性バイアス 正義 気象操作 洗脳 無知 物語 犯罪被害 現実操作 白人 監視カメラ 真実 睡眠妨害 矛盾 確率 確証バイアス 社会 科学 種明かし 空目 精神 統合失調症 自由 自由意志 茶番 解釈ずらし 言語 記憶 証拠 認知バイアス 認識ずらし 警官 警察 身体操作 運命操作 陰謀論 集団ストーカー 電磁波 電磁波犯罪 電車 駅員

非論理的世界

2018/05/20 22:50
ガスライティングというテクニックが集団ストーカーという現象のすべてですが、そのテクニックが可能になるためには、世界そのものにガスライティングの力が有効となる土台がなければなりません。 集団ストーカーの被害者といえども、世界そのものを疑い、世界そのものを敵と考えるというのは正気ではないように思えますが、論理的に言えば、世界は集団ストーカーに支配されているはずなのです。 集団ストーカーほどの実力があるならば、世界を支配することは簡単なことでしょう。 例えばアメリカの..

続きを読む

誰が真実を語れるのか

2018/05/12 23:53
物理的には存在しないはずである自由意志。 この世界の根源的な情報が、その根源の部分からすり替えられているダブルミーニング。 自由意志の意味を何重にも分けることによって人によって認識を変えるテクニックが、世界全体の根源的な部分にさえ使われています。 世界は自由意志が存在するかのように振る舞い続けます。 真実の要素として重要なものは、人間の思考と科学でしょう。 科学と人間の意識には矛盾するところが多々有り、未だにその解明には至っていないどころか仮説さ..

続きを読む

風邪テロ

2017/09/01 00:16
集団ストーカーは、ありとあらゆる嫌がらせを展開してきます。 通常であり得る嫌がらせも、集団ストーカーは行います。 特定のターゲットに対するウイルステロはその一つです。 少数で不特定多数に仕掛けるテロ攻撃とは違い、集団ストーカーの攻撃の場合は複数でたった一人のターゲットを狙います。 咳払いや咳などの嫌がらせには、本能的に呼吸をためらわせる効果があります。 咳は風邪のサインでもあるため、目の前で咳をされれば音が煩わしいだけでなく、息を吸うこともためら..

続きを読む

ガスライティングの被害者

2017/08/15 23:55
集団ストーカーには、テクノロジー犯罪の被害者と、テクノロジー犯罪ではない被害者がいます。 それらはガスライティングの被害者になりますが、ガスライティングの被害者には、ガスライティングの被害者と、ガスライティングではない集団ストーカー被害者がいます。 一般の人には、何が何だか分からないでしょう。 思考停止に陥り、それは精神病だと判断してしまいたくなるはずです。 集団ストーカーは、よく言葉のあやを利用します。 また、そうなるように状況を操作します。 こうい..

続きを読む

ダブルバインドとは何か

2017/04/17 22:35
ダブルバインドとは、簡単に言えば板挟みのことです。 嫌がらせの基本は板挟みであり、相手が避けることが出来ない状態にして攻撃することにより、確実に相手にダメージを与え、またその効果を増大させることが出来ます。 集団ストーカーの被害において基本となるテクニックであり、集団ストーカーの攻撃方法のほとんどがこのダブルバインドというテクニックを使っています。 ダブルバインドには、単純な板挟みというテクニック以外にも、二重縛りという特殊なテクニックがあります。 二重縛..

続きを読む

集団ストーカーの解釈の盲点

2017/04/05 22:22
多くの被害者が、この現象を集団ストーカーと呼ぶことに違和感を持っています。 被害状況は人によって違い、場合によっては従来の集団ストーカー現象の説明を遥かに超える被害を受けている被害者もいます。 集団ストーカーのテクニックとして紹介されているものは、アメリカのガスライティングの本が元になっていて、これは個人が誰か嫌いな人に嫌がらせをするために書かれているものです。 集団ストーカー現象は、ガスライティングになぞらえて実行されている嫌がらせではありますが、ガスライティ..

続きを読む

もっと見る