監視カメラによる分析

私は10年以上前から監視カメラを設置して、自分の部屋の中や、自分が寝ている時の様子、家の玄関、家の周囲などを撮影して、観察してきました。 監視カメラを付けると、露骨な分かりやすい嫌がらせというのは、ほとんど無くなります。 さすがに証拠を撮られるとまずいのでしょう。 これは携帯電話やスマホに付いている動画や写真の撮影でも同様の効果があります。 しかし、簡単に犯行現場がカメラに収めら…

続きを読む

ハイウェイ・ヒプノーシス

ハイウェイ・ヒプノーシスとは、ライン・ヒプノーシスとも言われ、意識と潜在意識がそれぞれ独立して異なるものに集中し、身体行動の自動性が現れる現象です。 高速道路など、単調な道を運転していると、稀に白昼夢などの別の潜在意識に集中してしまい、運転の記憶がなくなる時があります。その間、意識がない状態で長い距離を体が自動で運転していたように感じる現象が、ハイウェイヒプノーシスです。 この状…

続きを読む

加害組織は本物なのか

我々は集団ストーカーという得体の知れない存在を追っているわけですが、もちろん現実に接点があるから、これは犯罪であると主張しています。 ただ、犯罪のようなものという説明が正しい言葉であり、現実の加害者は加害を認識していなかったり、しらを切ることがほとんどです。 被害者の多くが、創価学会への入会を断るなど、創価学会に関係してから被害が始まったと説明しており、創価学会が関わっていることは間…

続きを読む

共通認識が構築できない仕組み

世の中の共通認識は、常識によって構築されています。 常識が間違っている場合、共通認識は崩れ、人々の認識がばらばらになります。 これが世の中が得体の知れないものに支配されている証拠です。 常識が常に間違っており、人々の共通認識が延々と揃わないのです。 善とは何か、悪とは何か、立場や状況によって態度をコロコロと変える人々。 それらは自然な動きで説明がつかないことはありま…

続きを読む

見えている世界は人によって違う

すべての人が同じ世界に住んでいて、同じ現象を目撃しているというのは、思い込みかもしれません。 集団ストーカーの被害者でさえ、そのことに気づいている人はごくわずかですから、一般の人には、理解しがたい世界の仕組みでしょう。 要は、単純な話なのですが、例えばテレビなどを見ている時、自分しか見ていないニュースなどが流れることがあります。 後から誰に聞いても、そのようなニュースは流れてい…

続きを読む

被害者同士のシンクロニシティ

被害者同士の存在を、奇妙に感じている人も多いでしょう。 被害者の多くは、自分の被害状況と違う被害者の言動を信じない傾向があります。 集団ストーカーは孤立化の嫌がらせですから、被害者同士の結束は矛盾します。 集団ストーカーはこれほど細かくターゲットを操作する能力を持つわけですから、被害者同士の結束を許すはずがありません。 しかし、被害者同士の被害内容はその多くが共通していて、タ…

続きを読む

時間差のあるシンクロニシティ

極めて稀な例ですから、参考として聞いていただきたいものですが、集団ストーカーの正体に関する重要な例があります。 それは、長期間に渡る時間差のある仄めかしです。 これは重要な種明かしであるため、同時に珍しいテクノロジーが使われることもあります。 例えば数十年前の事象の仄めかしを受け、その内容が一致するという現象があります。 数十年の時間差がある仄めかしになり、その内容が一致した場合…

続きを読む