ゾンビウェーブ

実体のないものを実体があるがごとく扱う現象があります。 それらは複雑に入り混じり、どれが本当の情報なのか分からなくなります。 それがはっきりと分かる情報は、いわゆる韓流ブームです。 そのようなブームが存在した実感が私にはありませんし、おそらく多くの人がそのように感じているでしょう。 ごく一部の人の文化をまるで世界的ムーブメントであるかのように報道するマスコミには違和感しか感じません。…

続きを読む

思考は読まれている

集団ストーカーの被害者には、思考を読まれているという感覚を持つ人が多いようです。 それには勘として読まれている場合と、実際に思考をスキャンされて読まれている場合の二通りがあります。 それがどのようなものなのかを説明します。 私の場合は思考が読まれている証拠を次々と示されますので、そういったことが可能であることは知っている立場の人間です。 そしてそれは思考を読まれているというよりは…

続きを読む

微細な視界の操作

テクノロジー犯罪というものは、一度はっきりとそういうものがあることを示した後は、徐々に弱くなって現実でも起こり得るような操作へと変わることがあります。 これは認識を曖昧にするために行っているもので、嫌がらせとして成立させるために必要な流れになります。 操作は状況的にそれが操作であると気付かされる時があり、最終的にそれは極めて微細な操作となることがあります。 微細な操作は通常の現…

続きを読む

情報が混乱する仕組み

集団ストーカーというものがどういったものなのか、世界中で様々なことが言われているために、どれが本当の話なのかさっぱり分からないという人も多いでしょう。 実際には、集団ストーカーという組織が存在するかどうかは、はっきりとは分かっていないのです。 どのような仕組みかは分かりませんが、確かに集団ストーカーのような動きをする人々や、集団ストーカーのような言動をする人々がいることは確かですが、それ…

続きを読む

認識の二重性

集団ストーカーというものは、人為的なものとは少し違うものです。 しかしその解決を目指すためには人為的な力しか考えられません。 まずその二重性に注意しなければなりませんが、もう一つは認識の二重性です。 集団ストーカーという事象そのものが、人がその犯罪をとぼけるという現象です。 つまり一般人の認識が、延々と我々の認識とは一致しないものです。 さらに被害者同士の認識さえも食い違い続け…

続きを読む

現実否定への拒否感

現実や現実感というものは人によって異なる為、人の数だけ現実が存在し、現実であるにも関わらずにそれが共有できないという事態まで起こります。 これは現実を正確に認識できる人間が少ない為に起こる現象であり、また人間が現実を認識できるほどの知識にまで到達していないことによっても起こります。 何度か説明していますが、現実を認識するというのは想像以上に困難です。 すべては脳が投影しているものを…

続きを読む

ほのめかしというメカニズム

仄めかしはその内容ばかりが注目されますが、そのメカニズムを解明しようとすると、あり得ないような事実が浮かび上がってきます。 仄めかしとは、例えば通行人など自分に関係のない人間が自分しか知らないはずの情報をそれとなく仄めかしてくる嫌がらせです。 最終的には言葉だけでなく、すべての要素が仄めかしのように見えてきます。 仄めかしというものは、例えば他人が自分の悪口を言っているように聞こえ…

続きを読む