空白という攻撃

通常、何もない時は、特に意識することがない気の休まる時間です。 普通の人は、何もない時間を意識することはありません。 しかし攻撃を仕掛ける者にとって、空白の時間というものは大切になります。 敵を休ませてはなりませんし、考える余裕も与えない方が有利になります。 これが嫌がらせになると、空白の時間さえも攻撃として利用されます。 常にターゲットに恐怖や不安を与え、神経や精神の回復を妨…

続きを読む

風邪テロ

集団ストーカーは、ありとあらゆる嫌がらせを展開してきます。 通常であり得る嫌がらせも、集団ストーカーは行います。 特定のターゲットに対するウイルステロはその一つです。 少数で不特定多数に仕掛けるテロ攻撃とは違い、集団ストーカーの攻撃の場合は複数でたった一人のターゲットを狙います。 咳払いや咳などの嫌がらせには、本能的に呼吸をためらわせる効果があります。 咳は風邪のサ…

続きを読む

選択の欠如

世の中には様々な選択肢があるかのように見えていますが、すべての選択肢は集団ストーカーによって塞がれたり、嫌がらせによる心理的な制限、嫌がらせによる直接の妨害などで、結局進める道は何処にもありません。 右に行こうとすれば右を塞がれ、左を向けば左を叩かれ、上を向けば雨を降らされ、下を向けば笑われる。 後ろからは熱風が迫り、前には針の道。それでも進めば吹雪に晒される。 それは集団ストーカ…

続きを読む

認知バイアス

認知バイアスとは、簡単に言えば、先入観などの思い込み、願望などによって事実を捻じ曲げて自分に都合が良いように解釈しようとする心理現象のことです。 まさに集団ストーカーなど存在しないと主張する人々が、この特徴すべてに当てはまります。 世の中の人々は不自然なほどに認知システムに問題を抱えていると言えます。 一見すると集団ストーカーの問題は、被害者の誤認によるものと思いがちですが、それこ…

続きを読む

ガスライティングの被害者

集団ストーカーには、テクノロジー犯罪の被害者と、テクノロジー犯罪ではない被害者がいます。 それらはガスライティングの被害者になりますが、ガスライティングの被害者には、ガスライティングの被害者と、ガスライティングではない集団ストーカー被害者がいます。 一般の人には、何が何だか分からないでしょう。 思考停止に陥り、それは精神病だと判断してしまいたくなるはずです。 集団ストーカーは…

続きを読む