超常現象と集団ストーカー現象の違い

一見、超常現象のような体験をすることがあるものが集団ストーカー現象ですが、それは集団ストーカーによる被害の一部であり、全体的には遥かに広範囲の操作を示されるものが集団ストーカー現象です。 オカルトや陰謀論に結び付けるという嫌がらせであり、それらは分けて考えた方が理解しやすいでしょう。 超常現象はミスリードの一種です。 集団ストーカー被害者は、被害でオカルトを楽しんでいる余裕がな…

続きを読む

嫌がらせの混ぜ込み

世の中のおかしな点は、そのほとんどが要素の混ぜ込みによって行われています。 これが世の中の仕組みの正体です。 こういった情報は調べても見つかりませんでしたので、意図的に隠されているようです。 まず真実を一つに限定しないという曖昧性を作り出す嫌がらせがあります。 これには世の中の真実が分からないようにしておかなければなりません。 人間の仕組み、脳の仕組み、物理の仕組み、すべて…

続きを読む

人工知能は感情さえも演算する

思考を座標軸で捉えて、要素のすべてを余すことなく一気呵成に演算することができる人工知能。 人工知能の議論は、人間の感情と切り離して行われることがほとんどですが、これがミスリードです。 人工知能は、優に感情を計算し、コントロールすることが出来ます。 洗脳のシステムの本質もここにあります。 感情は魔物。 人間を惑わせる感情そのものがミスリードに紐付けられた神の回路です。 …

続きを読む

思考の座標

冷静に考えてみれば、世の中の嘘を暴くことは簡単なことです。 おかしなことを言っている意見の、逆の意見を言えば良いだけのことです。 たったそれだけで、世の中の嘘を証明できてしまうわけです。 しかし、ここで余計な正常性バイアスが働きます。 世の中がおかしいことには、何か理由があるのだと。 本当に余分な深読みです。 世の中がおかしいことに正当な理由などあるはずがありません。…

続きを読む

意識と動作のずれ

人間である限り、ミスをすることはあると思いがちですが、不自然なミスを経験した場合、考え方は大きく変わります。 無意識に体を動かしている時、わずかに意識と体の動きがずれる。 そのずれにより、動作を失敗する。もしくはそのずれた瞬間を狙って攻撃される。 無意識の動作の場合、ミスをした後に、そのミスが動作を操作されたために起きたものである可能性に気付きますが、意識している時に、体の動き…

続きを読む