現実否定への拒否感

現実や現実感というものは人によって異なる為、人の数だけ現実が存在し、現実であるにも関わらずにそれが共有できないという事態まで起こります。 これは現実を正確に認識できる人間が少ない為に起こる現象であり、また人間が現実を認識できるほどの知識にまで到達していないことによっても起こります。 何度か説明していますが、現実を認識するというのは想像以上に困難です。 すべては脳が投影しているものを…

続きを読む

ほのめかしというメカニズム

仄めかしはその内容ばかりが注目されますが、そのメカニズムを解明しようとすると、あり得ないような事実が浮かび上がってきます。 仄めかしとは、例えば通行人など自分に関係のない人間が自分しか知らないはずの情報をそれとなく仄めかしてくる嫌がらせです。 最終的には言葉だけでなく、すべての要素が仄めかしのように見えてきます。 仄めかしというものは、例えば他人が自分の悪口を言っているように聞こえ…

続きを読む

二重思考とは何か

矛盾した事実を突き付けられた時、人はどちらか一方を否定しなければなりません。 しかし、自分が信じたい方が矛盾する対抗の事実よりも分が悪い時、人は自らに嘘をつき、もしくは嘘を真実であると思い込もうとして、自己洗脳状態に陥ります。 これが二重思考です。 これは自己洗脳状態だけでなく、他者の圧力による洗脳などにも使われるテクニックです。 ダブルスタンダード、認知的不協和、オルタナティブ…

続きを読む

集団ストーカーは解決可能なのか

そのような問いはあまり意味がないと考える被害者もいるでしょうし、それこそが被害者の認識を分裂させている問題とも言えますが、集団ストーカーとはそもそもどのような現象なのか、解決は可能なのでしょうか。 それを見極めるために法則を見続けてきましたが、そもそもこの現象が法則ではなく直接的な人間による犯行であると信じている被害者も多いため、その証拠すら出揃っていません。 被害者でさえがその解決…

続きを読む

シミュレーション理論

世の中の法則や出来事が、自然に流れているのにしてはあまりに良く出来過ぎているように感じ、このような世界が偶然誕生することを懐疑的に考えると、この世界は操作され二次的に作られたシミュレーションなのではないかという答えに至ります。 そう思う根拠は宇宙の情報にも散りばめられており、私が最大の偶然と感じるのは、地球から見えるたった二つの巨大な天体である太陽と月が、見掛け上の大きさが全く同じであり、…

続きを読む

二重性というトリック

集団ストーカーの最大の脅威は、世の中に二重性を作り出している点です。 ですから、集団ストーカーは表面上個人的な嫌がらせを繰り返しているだけのように見えますが、実際は世界を完全に覆いつくすほどの巨大な現象です。 集団ストーカーが簡単に解決できないのはそのためで、世界そのものと戦っていることと同じような状況になります。 集団ストーカー現象は確かに起きているにも関わらず、世界中の誰も…

続きを読む

思考は制限されている

一般人の思考というものを考えた時に、どうしても理解できないのは自らの不利益に対して声を上げることがないことが多いということです。 政府に対して従順すぎるというか、おかしな道理に対して盲目すぎる点です。 それは何を意味するのかというと、何物にも囚われない思考というものはこの世には存在しないかもしれないということです。 一般人を含め、すべての人々が世界の道理の中で無力すぎるのです。…

続きを読む