詭弁というテクニック

世の中の事象と論理が一致しない詭弁という二重性を作り出すテクニックにより、すべての情報が理解できないように操作されています。 それは正にガスライティングということですが、論理的なことを言うと馬鹿にされる、嫌われる、突然怒り出す、反応しない、意味が取り違えられるなどの反応があり、世の中のほとんどの人々が論理的なものを否定したがる傾向にあります。 それは現象であり、それが真実が隠され続け…

続きを読む

アンガーマネジメント

怒りという感情は、もっとも動物らしい生き物ならではの感情のように思えますが、実際はかなり機械的なメカニズムのようです。 人間の最も大きな性格の違いは、この怒りの性格によって決定されます。 また、感情には表面上感情的には見えない判断基準も存在し、相手を見た瞬間、見た目や雰囲気、考え方の違い、立場の違い、コミュニティーの違いなどに気づいた瞬間にそのスイッチが入り、敵か味方かを判断する種類…

続きを読む

操作の力とは何か

一般の人に伝わりにくいものに、集団ストーカーの被害者が感じている操作感があります。 それは操作されていると感じているだけの場合もあれば、明確に操作されている証拠を目撃している場合もあります。 その操作の力として、もっとも一般的な考え方が電磁波による攻撃と操作です。 特にテクノロジー犯罪の被害者の場合は、この電磁波による攻撃を主張する傾向が強くなります。 しかし、事はそ…

続きを読む

集団ストーカーは何のために存在しているのか

なぜ集団ストーカーが存在するのか。 集団ストーカーとは意図的な嫌がらせであり、必然ではなく、不自然な存在です。 集団ストーカー現象とは、その被害者ではなく、被害者の周囲がおかしくなる現象であると述べてきました。 このことから、ターゲットが被害者であることは間違いないのですが、大きく操作されているのはむしろ周囲の事象の方であるとも言えます。 操作されているのは被害者だけではなく…

続きを読む

一般人が気付かないはあり得ない

集団ストーカーというと、ステレオタイプに精神病だと認定してしまうような現象ですが、このステレオタイプの行動は、論理的には実はあり得ないことです。 確かに我々も、かつては集団ストーカーという情報が出回っていたとしても信じなかったでしょうし、そんな現実があるはずがないと考えていたことでしょう。 しかし今、集団ストーカーが存在することを知って、それを一般の人々に伝えようとしてみると、不思議…

続きを読む

シミュレーテッドリアリティとニーチェ

シミュレーテッドリアリティの記事を書いた次の日、たまたま読んでいた本に、ニーチェが晩年に書いたといわれる意味不明な一文が紹介されているのを見ました。 >生成に存在の性格を刻印すること、これが力への意志の極致である。 >二重の偽造、これは存在するもの、停滞するもの、等価のものなどの世界を保存するために、感覚器官と精神からなされる、それは考察の絶頂である。 >…

続きを読む

シミュレーテッドリアリティ

この世界は細かく計算されて構築されているように感じる人々が存在します。 人と人とが奇跡的な確率で、情報などの偶然の一致を繰り返すシンクロニシティ現象。 この世界はシミュレートされた世界が再生されているだけのように感じます。 いくつかの証拠が存在しますが、脳内世界で独特な世界観が展開されること、感覚の記号化、記号である電磁波が、逆に脳内で再生されると色彩を持ったり、物質の…

続きを読む