誰が真実を語れるのか

物理的には存在しないはずである自由意志。 この世界の根源的な情報が、その根源の部分からすり替えられているダブルミーニング。 自由意志の意味を何重にも分けることによって人によって認識を変えるテクニックが、世界全体の根源的な部分にさえ使われています。 世界は自由意志が存在するかのように振る舞い続けます。 真実の要素として重要なものは、人間の思考と科学でしょう。 科学と人…

続きを読む

矛盾を暴けない仕組み

矛盾さえ指摘すれば、世の中はそれを認めざるを得ない状況になり、世界は変わるはずですが、そうならないところがこの世界の奇妙なところです。 集団ストーカーの問題がありますが、それ以前に世界自体がおかしいという問題もありますから、いずれも解明していかなければならないものですが、世界と戦うということは集団ストーカーよりもさらに厳しい状況になりますから、これは本当に覚悟を決めた少数の人間により行われ…

続きを読む

予知夢はあり得るか

情報が出てきたり消えてしまったりということが繰り返されますので、説明することが困難な状況にされますが、夢が操作されていると主張しているテクノロジー犯罪の被害者はたくさんいます。 映像送信や幻覚を訴えている被害者もたくさんいますので、これらは何らかの方法によって可能であるとみるべきでしょう。 夢や幻覚は思考送信という技術を使って送信することが出来る可能性があり、そうなるとコンピューターなど…

続きを読む

リアリティとは何か

私達は基本的に現実を疑うことはしません。 それは現実を否定するということは、この世界を否定することであり、私達自身の否定にも繋がるからです。 現実を否定するということは、現実にある社会を否定することにもなりますから、社会的にも好ましくないことです。 現実の否定を恐れる人々は、現実を否定する人々を精神病と見立てなければ論理を保つことができなくなります。 これはすべての人々に共通する…

続きを読む

超人間性(トランスヒューマニズム)

人工知能が人間を遥かに超えた思考を達成した時、技術的特異点(シンギュラリティ)が起こり、世界は加速度的に変化する。 これらの情報は巧妙です。 ダブルミーニングは、情報の二重性を作り出すことによって、真実を覆い隠すテクニックです。 情報の二重性は、権威に頼らなければならない現状を作り出すことによって強制されます。 情報には常に二重性があり、社会にある情報でテクノロジー犯罪を説明…

続きを読む

運命操作

ほとんどの集団ストーカー被害者は、ある時から突然被害が始まったようですが、物心ついたころから周囲の様子が何かおかしかったと感じている被害者も少なからず存在します。 そもそもこの世界そのものが矛盾だらけですから、世界の成り立ちにも疑問があり、運命を超えるすべてを操作されている可能性もあります。 鍵となるものは、その操作の力がどの程度まで示されているのかであり、すべての集団ストーカー被害…

続きを読む

根源的なものについて触れない理由

我々の存在の根源は命であり、その命の上に描かれる情報ですから、それは流れていずれ消えるもので、つまり最終的にすべての証拠を隠滅できるものです。 それは人間の力でも実行できるものであり、その力がステルス性を持った場合、抵抗することが不可能になります。 そのような絶対的事実は、基本的に一般の社会で問題になることはありません。 一般の社会で倫理や思考が進歩することはなく、それは常に遅れて…

続きを読む