世界観の分岐と獣の数字

悪魔の数字、新約聖書においては獣の数字666。 新約聖書のヨハネの黙示録に記述されている。 「ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」 (13章18節)Wikipediaより 6+6+6=18 コロナ(567) 5+6+7=18 サンフランシスコ・ロマプリータ地震 19…

続きを読む

巨大隔離病棟

いくらかの人々がこの世界は巨大な隔離病棟のようだと揶揄していますが、現実は本当にそのようなものです。 世界がいよいよ病んでいって、何がおかしいのかということさえ示すことが困難になり、不変の正義が定まりません。 おかしくない時代は存在せず、おかしくない人々もおそらく少数も存在しません。 以前に風邪テロという嫌がらせがあるということを説明しましたが、これがさらに強力になるとウイルステロにな…

続きを読む

車の流れから読み解けること

人間の動きをいくら説明しても、人間はどのようにでも動けるために殊更異常性を感じることは出来にくいでしょう。 実際には人間には社会性があり、社会の形に合わせてしか動くことが出来ません。物理的にも分かりやすい例が交通の流れになります。 例えば私は家のトイレが車道に面していますが、トイレに入った瞬間に毎回ちょうど車が通り過ぎます。 確率は変動しますが概ね9割を超えます。道はすれ違いが困難…

続きを読む

科学の真偽

集団ストーカーと直接関係がないような物理ですが、どうもこれを説明しないと基礎知識が不安定になってしまい、人によって認識がバラバラになってしまうらしいことが分かりました。 物理というものは絶対に変化しない真理であるというイメージがあり、その影響で物理理論までも絶対的なものだという誤解やミスリードがまかり通っています。 実際は物理理論はコロコロ変わるものでありどの科学者も真理には程遠い状況で…

続きを読む

世界はグレーに操作される

はっきりと白黒をつけた方が都合が良い事柄が多いのがこの世界ですが、この世界は意図的にグレーの状態に留まろうとします。 これが世界の不自然さの証拠です。 グレーの状態というのは常に論争が起きて最も荒れる状況ですから、対立を煽るには好都合です。 正義が何かを知らない人間などいないはずなのに、世の中に絶対的な正義は存在しないと嘯く輩がいます。 その人間に本当に嫌なこと、悪が存在しないの…

続きを読む

世界に正当性はない

集団ストーカーという現象が存在するにも関わらず、世界はそれを正確に認めません。 例えば警察は集団ストーカーという組織を全く把握していません。 これは警察という組織と仕組みに正当性がないことを意味します。同じ理由で政府にも正当性がありません。 これは集団ストーカーがその気になれば一国の総理大臣や大統領も操れることから、世界そのものに正当性がないことを意味します。 それだけの技術を集…

続きを読む

人間工学に基づく嫌がらせ

集団ストーカーの嫌がらせは感情的で突発的な嫌がらせではなく、緻密に計算された嫌がらせであることをここまでで説明してきました。 緻密に計算された嫌がらせと感情的な嫌がらせでは意味が全く違ってきます。 感情的な嫌がらせに対する対処方法では敵の罠に落ちる危険が高いでしょう。 集団ストーカーというものは小規模な組織ではなく世界的なものであることも説明してきました。 ただ組織という形である…

続きを読む