見えている世界は人によって違う

すべての人が同じ世界に住んでいて、同じ現象を目撃しているというのは、思い込みかもしれません。 集団ストーカーの被害者でさえ、そのことに気づいている人はごくわずかですから、一般の人には、理解しがたい世界の仕組みでしょう。 要は、単純な話なのですが、例えばテレビなどを見ている時、自分しか見ていないニュースなどが流れることがあります。 後から誰に聞いても、そのようなニュースは流れてい…

続きを読む

被害者同士のシンクロニシティ

被害者同士の存在を、奇妙に感じている人も多いでしょう。 被害者の多くは、自分の被害状況と違う被害者の言動を信じない傾向があります。 集団ストーカーは孤立化の嫌がらせですから、被害者同士の結束は矛盾します。 集団ストーカーはこれほど細かくターゲットを操作する能力を持つわけですから、被害者同士の結束を許すはずがありません。 しかし、被害者同士の被害内容はその多くが共通していて、タ…

続きを読む

時間差のあるシンクロニシティ

極めて稀な例ですから、参考として聞いていただきたいものですが、集団ストーカーの正体に関する重要な例があります。 それは、長期間に渡る時間差のある仄めかしです。 これは重要な種明かしであるため、同時に珍しいテクノロジーが使われることもあります。 例えば数十年前の事象の仄めかしを受け、その内容が一致するという現象があります。 数十年の時間差がある仄めかしになり、その内容が一致した場合…

続きを読む

人間の操作

人間が操作されているのかいないのか、これは集団ストーカー被害者の中でも意見が分かれる問題です。 これは被害の種類によっても、その見解が分かれます。 集団ストーカーがターゲットを付け狙う組織犯罪である場合、それが一切露見しないというのは、考えにくい現象です。 集団ストーカーは全世界を欺いていて、全世界は集団ストーカーに気づいていないということになります。 集団ストーカー現象が、いた…

続きを読む

大衆操作

集団ストーカーの被害者から見て、一般の人々は常に奇妙な動きをしています。 その思考までが、何かに洗脳されたかのように一定の方向や範囲から動きません。 一般の人からしてみれば、それはあべこべな言い草ではないか、と感じるでしょう。 おかしいのはあくまで、統合失調症である集団ストーカーの被害者の方でなければならないと思い込んでいるわけですから。 人間や動物の行動原理は、その根本は極めて…

続きを読む