被害の範囲

世界の構造と認識を説明する前に、集団ストーカーという事象の認識について詳しく説明します。 これを先に説明しなければ、認識が一致せずに内容にずれが出るようになります。 ですが、おそらく集団ストーカーの被害者といえどもそれを正確に認識できないようになっていると予測しています。 まず被害の範囲について説明します。 被害の範囲は全世界全期間です。 これについては異論のある被害者が多…

続きを読む

未来の読み方

世の中が不自然な動きをしている証拠の一つとして、伏線という情報があります。 この伏線を読むことで、ある程度世の中の流れを読むことが可能になります。 また、流れがある程度読めることで世の中が不自然である証明ができることになります。 これは陰謀論が実在すると考えた上でのテクニックになりますが、陰謀が存在しなかったとしても、同様のテクニックで未来を読むことは本来ならば可能です。 伏線は暗示…

続きを読む

見極めるということ

集団ストーカーという事象は、ほとんどすべての事柄を超えてくるということが、様々な被害者の主張を見ていけば分かると思います。 主観も客観も超えて、誰にも理解できないことが起きていることを自覚しなければなりません。 客観的には誰にも理解できず、世界のすべての研究機関や国家機関がその存在を認めていません。 すべては主観のみで判断しなければならない状況で、客観的な判断を仰ごうとするのは…

続きを読む

ヘッドライトによる嫌がらせ

ヘッドライトによる嫌がらせの詳細を説明しますが、私は世の中のモラルも操作されていると考えていますから、社会的な法整備やモラルの問題と共通する部分も多くあります。 最近、眩しい光軸の高い車が多くなってきました。 普通に走っているだけでもチラチラと光軸が高く目に入る高さになっている車を頻繁に見かけます。 ただでさえHID式ヘッドライトやLEDヘッドライトになっていて眩しくなっているのですが…

続きを読む

攻撃にはそれぞれの意味がある

集団ストーカーの攻撃には意味があるという被害者と意味などないという被害者に二分されています。 仄めかしという攻撃を受けていれば意味があることは明らかですが、それを受けていない場合、意味が分からずに意味など考えられないという状況になるでしょう。 実際に意味がないままにこれほど大規模な嫌がらせを続けるということは考えにくいものですから、少なくとも集団ストーカー側には何らかの意味はあると考…

続きを読む

集団ストーカーの目的は何か

集団ストーカーはターゲットごとに個別に様々な設定をしていますので、状況は人によって異なります。 集団ストーカーの目的が分からない人も多いでしょうし、逆にはっきりと示されている場合もあるでしょう。 いずれにしても、全被害者に共通する目的のようなものは見出せません。 被害者によって逆になるような認識が多いのです。 はっきりと言えば、集団ストーカーがこのような地味な嫌がらせを続ける…

続きを読む

現実とは何か

私が確信している集団ストーカーの真実とは、現実の否定です。 集団ストーカーが示しているのは現実の否定であり、現実への抵抗です。 ですから、集団ストーカーというものを現実的に理解しようとするとできなくなるわけです。 すべて現実では説明できない事柄ばかりになります。 これはどういった状況なのかということを説明するには、まずそもそも現実とは何なのかというところから説明しなくてはなり…

続きを読む