集団ストーカーに意味はあるか

集団ストーカーに何か意味があるとするならば、それは種明かしになっていることです。

集団ストーカーという事象はとても人間的な嫌がらせです。人間の感情の操作をすべての方向性で行い、また常に人間的なシナリオを基にして嫌がらせが行われます。

このことからこの嫌がらせは人間が行っているに違いないと判断する被害者も多いと思いますが、問題なのは嫌がらせに使われるテクノロジーのレベルが高すぎることです。

これほどレベルに違いがあるということが何を意味するかというと、我々に対して嫌がらせをしても敵にとっては何のメリットもないということを意味します。効率的に狙うのであればもっと要人を狙うでしょう。
当の要人はどちらかと言えば敵として振る舞いますから、その気になれば集団ストーカーが地球を支配することは簡単なことだと分かるでしょう。

このブログではすでに地球は集団ストーカーに支配されているという前提で書いていますが、実際は支配されているというレベルの話ではないでしょう。

この嫌がらせが人体実験であるなら、疾うの昔に実験は完全に完了し、すべてのデータが出尽くしているでしょう。そのくらいのレベルで仄めかしが先行し、すべてが仄めかしの通りに収束していきます。
これは完全に計算し尽くしていなければ出来ない嫌がらせです。

それで嫌がらせに意味があるのかという話になると、その答えは種明かしにあるとなります。

種明かしとは本来の科学力を披露して見せつけることで、この世界の科学が偽物であるかレベルの低いものであることを知らしめるために行われるのですが、何のためにわざわざそのような科学力を見せつけているのかというと、私の答えとしては世界が偽物であることを示すためとなります。
この答えがなかなか難しく、被害者によってはこの世界は唯一無二のものであり、かけがえのない大切なものがある場合、到底認めることは出来ないでしょう。ですからこの答えは人を選ぶかもしれませんが、そうなると種明かしとしては機能していないため、別の答えを探すか、あるいはミスリードの方向へ向かうことになるでしょう。

mindset-2113092_640.png

ただし種明かしにはなっていますが、それはターゲットに対してのみの種明かしであり、世の中にはガスライティングというルールがありますから、その種明かしが有効化することはありません。
種が明かされても、それは自分自身の直観を変えるに留まり、被害者以外の他人と共有することは難しいでしょう。被害者間でも認識は少しずつ違うことが普通です。

集団ストーカーの重要な操作として五感の操作などが挙げられますが、これ一つ取っても尋常ではないレベルの科学力です。
これは相当なおおごとであり、ほとんどの小さな陰謀論が軒並み選択から消えるでしょう。
事態はアメリカという国のレベルを軽く超えています。地球上のすべての国家が一つになってもとても到達できたり理解できたりするレベルの科学ではありません。

陰謀論などを信じている被害者も多いと思いますが、地球上すべての国家や組織のレベルを軽く超えていますから、地球上に存在するすべての国家を含む組織を集団ストーカーと疑うことにあまり意味はないでしょう。敵の科学力はそのようなレベルではありません。

それでは地球外の何かなのかという考えにもなりそうですが、これらの事象がガスライティングであることを鑑みた場合、地球外の何かが地球に対してわざわざガスライティングを仕掛ける意味がありませんから、これも除外までは出来ないものの少なくとも敵対するようなレベルの差ではないということは心に止めておくべきでしょう。

これでほとんどすべての陰謀論が可能性が低いということになりますが、次は陰謀でないとするならばこれは一体何なのかという話になります。

これでこのブログの答えであるシミュレーションに繋がってきます。

シミュレーションと言ってもレベルがいろいろとあり、世界そのものが何らかのものに作られている二次的なものである可能性から、ただ人が全員で騙しているだけという低いレベルのシミュレーションまで考えられます。
いずれにしても人間の嫌がらせのシミュレーション(模擬体験)であるという一つの答えをこのブログではイメージの一つとして提示しています。

ただ五感が操作できるというのはどういうことなのかということを突き詰めて考えた場合、もっと高度なシミュレーテッドリアリティというモデルで考えた方が辻褄は合います。
わざわざ五感を操作しながらもただのトリックによる嫌がらせなのか、ただのドッキリであるなら両者ともに命をかけている上にあまりに大規模過ぎるというのも不自然なところです。

五感やさらに思考を操られつぶさに思考を読まれるというのはもはや電磁波でどうこうできるレベルの話ではありません。
ですからそれを体感するというのは、世界の裏をさらに超えたものを経験していることになります。

嫌がらせが地味なので分かりにくいのですが、起きていることは想像以上に大変なことです。
このレベルになると全人類が操作されているでしょうから、逆にそれほど気にすることもないかもしれません。
結局のところは自覚しているかしていないか、運が良いか悪いかの差だけで、操作されていることと集団ストーカーが存在していることに変わりはないわけですから、全人類が似たような境遇にいるだけです。

集団ストーカーは一体何がしたいのかと思うでしょうが、これほどのレベルの差になると、集団ストーカーの側にはほとんどメリットがないと言えるでしょう。
その気になればいつでも地球を完全に支配できるでしょうから、これから支配がはじまるということもおそらくないでしょう。既に地球は集団ストーカーに支配されています。

集団ストーカーはターゲットを追い込んでいるのであり、何のために追い込んでいるのかというと、集団ストーカーのためというよりは、ターゲットの行動の方におそらく目的があるのでしょう。

一つの問題を解決すればまた新しい問題が次々と発生します。しかし解決自体は可能なものも多くあります。

一つ問題を解決すればさらに難しい問題がけしかけられることもほとんどですから単純に問題の解決を進めるわけにもいきませんが、個人的にはこれはウルトラハードモードの人生の体験版なのだろうと感じています。
ただし前にも言っていますが人生になっていない被害者もいるだろうと思います。すべてが操作されているわけですから人生ですらないのです。

これは宇宙人と戦う必要はなく、ただひたすら地味に人間と戦い続けるシナリオで出来ています。

操作されるとは言え相手はほとんどの場合ただの人間ですから、まだ勝ち目はある方だと言えるでしょう。

集団ストーカーとはもはや運命操作のレベルですから、集団ストーカーと直接戦うことを考えるよりも、相手は操作された普通の人間であると考えて人間として戦った方が普通の人生に近づけるかもしれません。

敵は超能力並みの卑怯な手段とタイミングで攻撃してきますが、攻撃そのものを無効化する方法はいくつも残されています。

chounouryoku.png

"集団ストーカーに意味はあるか"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: