人工知能は感情さえも演算する

思考を座標軸で捉えて、要素のすべてを余すことなく一気呵成に演算することができる人工知能。 人工知能の議論は、人間の感情と切り離して行われることがほとんどですが、これがミスリードです。 人工知能は、優に感情を計算し、コントロールすることが出来ます。 洗脳のシステムの本質もここにあります。 感情は魔物。 人間を惑わせる感情そのものがミスリードに紐付けられた神の回路です。 …

続きを読む

個人情報は守られない

全く知らない名前の差出人からの現金書留が届きました。 おそらく仕事の関係か、最近、連続で立て続けに起こされた自動車の全損事故の関係だろうと思って封を開けて見ると、最近受けた暴行被害の加害者の少年の母親からの手紙と数万円が入っていました。 封筒に書かれていた名前は弁護士の名前で、弁護士が説明する文書には、住所は裁判所の事件記録で調べたもので、住所は加害者には教えていないと書かれていまし…

続きを読む

二項対立による思考停止

世の中の人々の倫理を左右しているものは何かと考えると、それは人生における経験則であると言えます。 しかし、経験則というものはたった一人の経験であるため、倫理を形作るには、あまりに情報が少な過ぎます。 それを補うのが、ニュースなどのマスコミの情報や、人々との会話になるわけですが、悪人の場合はニュースよりも人々との会話が重視された結果、周囲の影響を受けて悪人になります。 それではニュー…

続きを読む

大衆操作

集団ストーカーの被害者から見て、一般の人々は常に奇妙な動きをしています。 その思考までが、何かに洗脳されたかのように一定の方向や範囲から動きません。 一般の人からしてみれば、それはあべこべな言い草ではないか、と感じるでしょう。 おかしいのはあくまで、統合失調症である集団ストーカーの被害者の方でなければならないと思い込んでいるわけですから。 人間や動物の行動原理は、その根本は極めて…

続きを読む

共通認識が構築できない仕組み

世の中の共通認識は、常識によって構築されています。 常識が間違っている場合、共通認識は崩れ、人々の認識がばらばらになります。 これが世の中が得体の知れないものに支配されている証拠です。 常識が常に間違っており、人々の共通認識が延々と揃わないのです。 善とは何か、悪とは何か、立場や状況によって態度をコロコロと変える人々。 それらは自然な動きで説明がつかないことはありま…

続きを読む

操作の力とは何か

一般の人に伝わりにくいものに、集団ストーカーの被害者が感じている操作感があります。 それは操作されていると感じているだけの場合もあれば、明確に操作されている証拠を目撃している場合もあります。 その操作の力として、もっとも一般的な考え方が電磁波による攻撃と操作です。 特にテクノロジー犯罪の被害者の場合は、この電磁波による攻撃を主張する傾向が強くなります。 しかし、事はそ…

続きを読む

詭弁というテクニック

世の中の事象と論理が一致しない詭弁という二重性を作り出すテクニックにより、すべての情報が理解できないように操作されています。 それは正にガスライティングということですが、論理的なことを言うと馬鹿にされる、嫌われる、突然怒り出す、反応しない、意味が取り違えられるなどの反応があり、世の中のほとんどの人々が論理的なものを否定したがる傾向にあります。 それは現象であり、それが真実が隠され続け…

続きを読む

根源的なものについて触れない理由

我々の存在の根源は命であり、その命の上に描かれる情報ですから、それは流れていずれ消えるもので、つまり最終的にすべての証拠を隠滅できるものです。 それは人間の力でも実行できるものであり、その力がステルス性を持った場合、抵抗することが不可能になります。 そのような絶対的事実は、基本的に一般の社会で問題になることはありません。 一般の社会で倫理や思考が進歩することはなく、それは常に遅れて…

続きを読む

超人間性(トランスヒューマニズム)

人工知能が人間を遥かに超えた思考を達成した時、技術的特異点(シンギュラリティ)が起こり、世界は加速度的に変化する。 これらの情報は巧妙です。 ダブルミーニングは、情報の二重性を作り出すことによって、真実を覆い隠すテクニックです。 情報の二重性は、権威に頼らなければならない現状を作り出すことによって強制されます。 情報には常に二重性があり、社会にある情報でテクノロジー犯罪を説明…

続きを読む