気象操作とは何か

集団ストーカーの被害の一つに、気象操作があります。 人工降雨など、実際に表立って行われる気象操作と、陰謀論などで言われているケムトレイルやハープによる気象操作、そして集団ストーカーの被害者が主張する気象操作は、それぞれ似てはいますが、少し違うものです。 陰謀論では、気象や地震などは人工的に操作可能であり、すでにそれは兵器として運用されていると言われています。 飛行機雲の中に薬品など…

続きを読む

記憶操作とは何か2

1975年、米国議会において、CIAが非合法な洗脳実験、MKウルトラ計画を行っていたことに対する追及が行われました。 1977年、情報自由法に従って、MK計画に関する2万件の文書が公開されました。 しかし1973年、当時のCIA長官リチャードヘルムズの命令によってほとんどの文書が破棄されていたため、真相は明らかになりませんでした。 MKウルトラ計画は1953年から1966年までの1…

続きを読む

デジャブとタキサイキア現象

集団ストーカーという事象は、それを経験した人間でなければ、その現実を理解できないものです。 集団ストーカー被害者の中でも、ガスライティング組とテクノロジー組に分離しており、互いの現象が理解できないと主張する被害者もいます。 人間の性格として、知識で世界を理解する人と、経験則で世界を理解する人に分けられます。 ほとんどの人はバランス良く、その中間位でしょう。 経験則で物事を判断する…

続きを読む

時間差のあるシンクロニシティ

極めて稀な例ですから、参考として聞いていただきたいものですが、集団ストーカーの正体に関する重要な例があります。 それは、長期間に渡る時間差のある仄めかしです。 これは重要な種明かしであるため、同時に珍しいテクノロジーが使われることもあります。 例えば数十年前の事象の仄めかしを受け、その内容が一致するという現象があります。 数十年の時間差がある仄めかしになり、その内容が一致した場合…

続きを読む

思考は制限されている

一般人の思考というものを考えた時に、どうしても理解できないのは自らの不利益に対して声を上げることがないことが多いということです。 政府に対して従順すぎるというか、おかしな道理に対して盲目すぎる点です。 それは何を意味するのかというと、何物にも囚われない思考というものはこの世には存在しないかもしれないということです。 一般人を含め、すべての人々が世界の道理の中で無力すぎるのです。…

続きを読む

微細な視界の操作

テクノロジー犯罪というものは、一度はっきりとそういうものがあることを示した後は、徐々に弱くなって現実でも起こり得るような操作へと変わることがあります。 これは認識を曖昧にするために行っているもので、嫌がらせとして成立させるために必要な流れになります。 操作は状況的にそれが操作であると気付かされる時があり、最終的にそれは極めて微細な操作となることがあります。 微細な操作は通常の現…

続きを読む