テクノロジー犯罪とは何か

テクノロジー犯罪は、ガスライティング犯罪の一種です。 ローテク、通常テクノロジー、オーバーテクノロジーの3種類が存在します。 いずれも世間に認知されていませんので、ガスライティング効果があります。 ガスライティングのみの被害者と、それにテクノロジー犯罪が加わった被害者がいます。 テクノロジー犯罪の被害者は、通常のガスライティング被害者と、被害状況に相違点があります。 テクノ…

続きを読む

思考送信とは何か

思考送信は、テクノロジー犯罪の象徴的な現象です。 思考送信を理解した上で経験している人は、集団ストーカー被害者の中の7割か8割くらいの人でしょうか。 残りの集団ストーカー被害者は、全く思考送信の経験がない、あり得ないと主張しています。 思考送信には様々な現象があります。 最も多いのは、頭の中に他人の声が聞こえるというものです。これは、実際に音として聞こえることもあるようです。…

続きを読む

動物への思考送信

思考送信が可能ということは、人間以外の動物にも思考送信をすることが可能ということです。 動物は人間よりもシンプルであるため、人間よりも簡単にコントロールすることが可能でしょう。 動物に限らず、おそらくあらゆる生命体をコントロールすることが可能です。 主な嫌がらせとしては、特定のタイミングで犬に吠えさせるなどがありますが、犬に吠えさせるだけであるならば、思考送信をするまでもありません…

続きを読む

思考盗聴とは何か

集団ストーカーの被害の代表的なものに盗聴被害があります。 盗聴被害は実際によくある話なのですが、集団ストーカー被害の場合は、盗聴器が見つからないのが特徴です。 まるで自分の生活している家の中すべてが盗撮や盗聴されているように、次々と自分が話した内容、行動の内容などが、職場の同僚、通りすがりの人などから仄めかされます。 被害者は必死に盗聴器やカメラなどを探しますが、見つかったとい…

続きを読む

幻視と空目

集団ストーカーの被害に、幻視と空目があります。 幻視の被害者は少ないようですが、空目の被害者は多いようです。 幻視は明らかにそこに存在しないものが見える現象であり、空目はそこに存在するものが別のものに見える現象です。 例えばUFOなどは、明らかに気配がしないのにそれが見える幻視の場合と、航空機の灯火類の並びが不自然なために起こる空目の場合があります。本当になんらかのおかしな飛行物体…

続きを読む

テクノロジーの認識レベル

テクノロジー犯罪は、その技術レベルの認識に差異があり、主にローテク、ハイテク、オーバーテクノロジーに分けることが出来ます。 ローテクは、主に人間の技術による犯行であるという考え方です。 トリックや洗脳、暗示などのテクニックを使い、テクノロジー犯罪に見せかけるというものです。 ハイテクは、現行の流布されている科学技術で、この現象を説明しようとするものです。 電磁波や超音波によって脳…

続きを読む

テクノロジー犯罪の被害者

集団ストーカーの被害者の中で、取り分け異質な存在がテクノロジー犯罪の被害者です。 異質とは言っても、集団ストーカーの被害者の中では多数派であり、ほとんどの被害者がテクノロジー犯罪の被害を体験しています。 なぜテクノロジー犯罪とガスライティング犯罪の2種類の攻撃に分れるのか、単純にミスリードするためだけではないようです。 人間が敵になるのがガスライティング攻撃であり、得体の知れな…

続きを読む

意識と動作のずれ

人間である限り、ミスをすることはあると思いがちですが、不自然なミスを経験した場合、考え方は大きく変わります。 無意識に体を動かしている時、わずかに意識と体の動きがずれる。 そのずれにより、動作を失敗する。もしくはそのずれた瞬間を狙って攻撃される。 無意識の動作の場合、ミスをした後に、そのミスが動作を操作されたために起きたものである可能性に気付きますが、意識している時に、体の動き…

続きを読む

記憶操作とは何か

集団ストーカーが仕掛ける罠の一つに、記憶操作があります。 これは思考送信を、無意識の状態や寝ている状態で行い、その情報を通常の記憶と置き換えるものです。 記憶操作のほとんどは、思考送信による強制的な科学洗脳ですが、普通に入ってくる情報を操作することにより、自然に記憶が書き換わるように操作されるローテクの記憶操作もあります。 サブリミナルによる操作も可能かもしれません。 あまり…

続きを読む