集団ストーカーとは何か

集団ストーカーとは、社会全体、世界全体によって隠されている特殊な嫌がらせです。 日本で被害を訴えている人だけでも数千人、実際にはおそらく数万人から数十万人、世界全体でおそらく数百万人を大きく超える被害者が存在します。 インターネットが一般的になってきた頃に、インターネットによってこの現象を告発した被害者の被害内容が、集団に監視されているような状況が多かったために、犯人を集団ストーカーと呼…

続きを読む

集団ストーカーの概要

集団ストーカーは犯罪なのか精神疾患の症状なのか、どちらも科学的な根拠はまだ見つかっていません。 ここでは、ガスライティングによるこの犯罪は、可能であるということを説明していきます。 この犯罪は基本的に、絶対に見つからないように行われるので、集団ストーカーを見つけ出すのは困難です。 見つけ出したとしてもその犯人はただの人なのです。 証拠は犯人の頭の中にある情報だけなので、見ることができ…

続きを読む

集団ストーカーは実在するのか

集団ストーカーは一切証拠を残しません。 ですから、その身に起きた不思議な体験でしか、その証明をすることはできません。 しかも、その体験はたいてい普通に起こり得ることばかりなのです。 それを他人に説明しようとするならば、その事象が起こる微妙な確率のずれを計算して、その数字のずれを見せるということでしか証明できません。 そういった証拠を残さない犯罪なのです。 その数字のずれの重要性…

続きを読む

集団ストーカー現象が始まる瞬間

集団ストーカーの説明をする上で、重要なのがその被害が始まる瞬間の話です。 その部分を説明すれば、精神病の症状とは違うことが分かります。 人によってその瞬間は違いますが、それは基本的に意識がはっきりしている時に起こります。 特にテクノロジー犯罪の被害者の場合、それが始まる瞬間は、はっきりとしています。 突然頭の中に他人の声が聞こえたり、実際に何かが聞こえ始めるのですが、周囲には…

続きを読む

集団ストーカーの犯行レベル

集団ストーカーの犯行レベルは人によって違います。 その範囲はあまりに広く、他愛ない仄めかし程度のこともあれば、最悪自殺に追い込まれたり、精神病院に入院させられたりします。 シナリオを複雑に絡み合わされ、様々なテクニックを複合的に使われます。 あまりに多様な現象を、できるだけまとめてみます。 一般の人には、統合失調症の症状との違いが判らないと思いますので、統合失調症自体が集団ス…

続きを読む

集団ストーカーの加害者像

集団ストーカーの加害者は普通の人です。 その辺りにいるすべての人々が加害者となります。 おそらく、被害者同士ですら加害者同士になり得ます。 すべては高度なコントロール技術による現象であると思います。 なので、被害者の人たちが映した証拠映像に映っている人々は、加害組織には所属していない可能性があります。 加害者は普通の人を装いますが、時に警察だったり暴力団だったりすることもあ…

続きを読む

集団ストーカーの犯人像

被害者の方々はそれぞれ被害が異なるため、その犯人像も様々です。 最も多いのが創価学会説です。 また、創価学会は末端組織に過ぎず、その裏に巨大な組織があるという説もあります。 多くの被害者が創価学会と接点があったようですが、まったく関係がないという被害者も多くいます。 もし犯人が創価学会であるなら、警察のレベルでも捜査が出来ると思うのですが。 次に多いのが国家説です。 警察、自…

続きを読む

集団ストーカー被害者と統合失調症患者の違い

統合失調症の症例に、集団ストーカー被害者の主張が混ぜられてしまっているため、一般の人ではその区別をつけることが困難になってしまっています。 それは集団ストーカーの悪意による操作です。 狙って情報の混乱を引き起こしています。 そもそも、統合失調症の奇妙な現象が、脳科学において現在でも全く分かっていないという事実があります。 それにも関わらず、人々は集団ストーカーを信じたくないために…

続きを読む

集団ストーカーの正体

集団ストーカーは、被害者によって犯人像の主張が異なるために、正体が全く分かりません。 犯人が存在するのかしないのかさえ明らかではありませんが、その現象は間違いなく存在します。 この犯罪は、実際にその被害を受けない限り、容易にその存在を受け入れることはできません。 「誰が一体、何のために、そんな無意味に思える嫌がらせを」と誰もが思います。 被害者でさえが、被害に気付く前は、その存在を否…

続きを読む

集団ストーカーによる社会操作

集団ストーカーのコントロールにはレベルがあります。 このレベルの違いをはっきりさせなければ、認識がすれ違い、混乱することになります。 意図的に、言葉の意味をずらして話し、混乱させるミスリードも盛んに行われています。 個人の思考を直接コントロールする思考操作。 個人の思考を情報によって操る情報操作。 個人の身体を直接操る感覚操作、思考操作。 個人の身体を間接的に操る情報操作、周囲の…

続きを読む