カルトナンバーとは何か

カルトナンバーは、不自然な数字の並びの車のナンバープレートを使い、ターゲットにその確率の異常性を仄めかすテクニックです。 11、666、7777などのゾロ目ナンバー。 39-39、5577、8833などの並びナンバー。 262、1991、5445などのシンメトリーナンバー。 5-06、12-13、1234、45-46などの連番ナンバー。 427、893(ヤクザ)、1122(いい夫婦…

続きを読む

マインドゲームとは何か

マインドゲームは、ターゲットの記憶を混乱させたり、勘違いを誘発させる嫌がらせです。 わずかな違和感を感じさせて、集団ストーカーの存在を仄めかす悪戯のようなものも含まれます。 靴下やセーターなどが唐突に伸びている。 靴の中に小石のような尖ったものが入っている。 消したはずの電気や家電が点いている。 携帯電話やリモコンの反応が悪くなる。 ビデオで予約しておいたはずの番組が録画されてい…

続きを読む

付きまとい(付け回し)とは何か

付きまといは、集団ストーカーの基本的なテクニックです。 集団ストーカーが集団ストーカーと呼ばれる理由は、この付きまといが基本テクニックとなっているからです。 ノイズキャンペーン、コリジョンキャンペーン、思考送信などは、いずれも四六時中被害者を狙っていることから、付きまといの要素があります。 一般に言われるストーカー被害の場合は、犯人はターゲットを知っていて、好意か敵意を持って本…

続きを読む

仄めかしのレベル

仄めかしのテクニックは様々であり、人によってその被害内容に違いがあります。 被害を理解していない状態での仄めかし。 被害を確信している状態での仄めかし。 社会全体に存在する仄めかし。 仄めかしにはレベルがあり、そのレベルによって理解が変化するようになっています。 理解の違う者同士であれば、被害者同士でさえ意見が対立することがあります。 どのレベルの仄めかしなのかを理解しなけれ…

続きを読む

ダブルバインドとは何か

ダブルバインドとは、簡単に言えば板挟みのことです。 嫌がらせの基本は板挟みであり、相手が避けることが出来ない状態にして攻撃することにより、確実に相手にダメージを与え、またその効果を増大させることが出来ます。 集団ストーカーの被害において基本となるテクニックであり、集団ストーカーの攻撃方法のほとんどがこのダブルバインドというテクニックを使っています。 ダブルバインドには、単純な板…

続きを読む

先回り発言と確信発言

集団ストーカーの攻撃方法に、先回り発言と確信発言、及び、先回り行動と確信行動があります。 これは仄めかしの一種ですが、茶番劇の一部として使われることが多いようです。 集団ストーカーの仄めかしの場合、それは単なる仄めかしではなく、最終的には脅迫になります。 先回り発言とは、自分がまだ言っていない個人情報などを、相手が先走って発言する嫌がらせです。 自分しか知らない個人的な情報を…

続きを読む

ネグレクトとは何か

ネグレクトとは、与えないことにより苦しみを生み出す嫌がらせです。 一般には、子供や介護が必要な人に、食事を与えなかったり、娯楽を与えない、世話をしないなどの社会問題として周知されています。 また、意図的に無視をすることもネグレクトに当たります。 重要な作法を教えないことにより、特定の場所で恥をかかせる。 ルールを教えないまま仕事をさせて失敗を誘発する。 ターゲットにだけ挨拶…

続きを読む

風邪テロ

集団ストーカーは、ありとあらゆる嫌がらせを展開してきます。 通常であり得る嫌がらせも、集団ストーカーは行います。 特定のターゲットに対するウイルステロはその一つです。 少数で不特定多数に仕掛けるテロ攻撃とは違い、集団ストーカーの攻撃の場合は複数でたった一人のターゲットを狙います。 咳払いや咳などの嫌がらせには、本能的に呼吸をためらわせる効果があります。 咳は風邪のサ…

続きを読む

空白という攻撃

通常、何もない時は、特に意識することがない気の休まる時間です。 普通の人は、何もない時間を意識することはありません。 しかし攻撃を仕掛ける者にとって、空白の時間というものは大切になります。 敵を休ませてはなりませんし、考える余裕も与えない方が有利になります。 これが嫌がらせになると、空白の時間さえも攻撃として利用されます。 常にターゲットに恐怖や不安を与え、神経や精神の回復を妨…

続きを読む