はじめに

はじめまして。 集団ストーカー関連の情報を中心に、世の中の不可解なことを考えてみるブログです。 世の中は矛盾だらけで、人間の知性をもってすれば、少なくとも人間関係に関する矛盾など、すぐになくせるはずなのに、この世界の中心の人々は絶対にそれを教えてくれません。 そうすると「何者かによって意図的に、複雑で理解しがたい世の中にされている」という考えが浮かんできます。 その闇の、もっとも…

続きを読む

中道という対処方法

中道は、元は仏教用語のようで、悟りに至る一つの方法として語られており、極端な極地へ身を置くことを避けて、そのいずれも見据えて捉えながら、その中に真理を見出す考えのようです。 但し宗教全般的にそうなのですが、特に悟りの考え方がそうですが、自分で納得すればそれが答えという考え方であり、他者による影響といった概念がほとんどありません。 つまり、どうにもならない現状を心の中でのみ解決する方法であ…

続きを読む

世界の真実

第一に、真面目に話さなければならないことを真面目に話していないという現実があります。 世界の人々がどうすれば安全に生活できるのかということに対して、すべての政治家が明言を避けています。 アメリカの大統領が危険な方向へ向かおうとしているのを、誰も止めることができません。 結果ではなく、危険を煽る行為を避けて、危険を回避する方向へ向かわなければならないのです。 世界のすべての国の圧力…

続きを読む

人生とは違うもの

みんな人生を生きていると思い込んでいるわけですが、集団ストーカーの被害者の場合、これは人生とは形容できないものです。 人生でないとすると、これは一体何なのか。 そんなものは誰も経験していませんから、その形容は難しいのです。 人によって違うと思いますが、人生は暇潰しであるという年寄りが多いのは、それが真実であることに気付いていたからでしょう。 もはや命があるのか、自分や世界の実…

続きを読む

自由意志は存在するのか

永遠の命題として、未だに答えが出ないものに、人間に自由意志はあるのかという問題があります。 物理学、宇宙学の立場からは自由意志はあってはならないもの、すべてが因果の内に、物理的な化学反応の範疇で行われていなければなりません。 しかし、直感的に、もしくは宗教的には、人間には自由意志があるものと考えられてきました。 自由意志がないとすると、倫理や法律を、根本的に見直さなければなりません…

続きを読む

感情という言い訳

感情を過大に尊いものであるとする考え方があります。 これには洗脳的な要素が含まれています。 特に、反射的な怒りに対して、それを言い訳に使う論理がまかり通っています。 人間は怒りの感情をコントロールして生活しているのであり、それは幼児の段階でほぼ完成します。 よく、自分は怒りっぽい性格だという人がいますが、それはただの成長の遅れであり、言い訳です。 人間の性格は、ほぼ全員…

続きを読む

色彩と脳の不思議

人間や脳、そして意識の正体を知る上で、重要な事柄があります。 それは色です。 ただ波長が違うだけの電波の可視光を、色の違いとして投影する脳の機能。 電波である可視光には、どう考えても色を作り出すような要素はなく、それは波の大きさの違いでしかありませんし、それが粒子だったとしても、その粒子の種類が変わるわけでもありません。 つまり、ただ波長が違うだけの電波を受信した網膜の信号か…

続きを読む