ほのめかしというメカニズム

仄めかしはその内容ばかりが注目されますが、そのメカニズムを解明しようとすると、あり得ないような事実が浮かび上がってきます。 仄めかしとは、例えば通行人など自分に関係のない人間が自分しか知らないはずの情報をそれとなく仄めかしてくる嫌がらせです。 最終的には言葉だけでなく、すべての要素が仄めかしのように見えてきます。 仄めかしというものは、例えば他人が自分の悪口を言っているように聞こえ…

続きを読む

認識の二重性

集団ストーカーというものは、人為的なものとは少し違うものです。 しかしその解決を目指すためには人為的な力しか考えられません。 まずその二重性に注意しなければなりませんが、もう一つは認識の二重性です。 集団ストーカーという事象そのものが、人がその犯罪をとぼけるという現象です。 つまり一般人の認識が、延々と我々の認識とは一致しないものです。 さらに被害者同士の認識さえも食い違い続け…

続きを読む

情報が混乱する仕組み

集団ストーカーというものがどういったものなのか、世界中で様々なことが言われているために、どれが本当の話なのかさっぱり分からないという人も多いでしょう。 実際には、集団ストーカーという組織が存在するかどうかは、はっきりとは分かっていないのです。 どのような仕組みかは分かりませんが、確かに集団ストーカーのような動きをする人々や、集団ストーカーのような言動をする人々がいることは確かですが、それ…

続きを読む

集団ストーカーの実体は何か

集団ストーカーの最大の問題は、その実体が掴めないということです。 これは一般人にこの事象が精神病であると主張させるために絶対に必要になります。それだけでなく、被害者同士の認識の違いによるゲームへと発展させることも可能です。 人間の動きがおかしいことは間違いないことで、そこに仄めかしによる物語性が追加されますが、組織としての実体が掴めることはありません。 ですからその証明をするために…

続きを読む

攻撃にはそれぞれの意味がある

集団ストーカーの攻撃には意味があるという被害者と意味などないという被害者に二分されています。 仄めかしという攻撃を受けていれば意味があることは明らかですが、それを受けていない場合、意味が分からずに意味など考えられないという状況になるでしょう。 実際に意味がないままにこれほど大規模な嫌がらせを続けるということは考えにくいものですから、少なくとも集団ストーカー側には何らかの意味はあると考…

続きを読む

被害の範囲

世界の構造と認識を説明する前に、集団ストーカーという事象の認識について詳しく説明します。 これを先に説明しなければ、認識が一致せずに内容にずれが出るようになります。 ですが、おそらく集団ストーカーの被害者といえどもそれを正確に認識できないようになっていると予測しています。 まず被害の範囲について説明します。 被害の範囲は全世界全期間です。 これについては異論のある被害者が多…

続きを読む

壮大な集団ストーカーワールド

集団ストーカーの嫌がらせはとにかく地味ですが、よくよく考えるとその世界観はとてつもなく壮大です。 確かに被害者でさえが理解できないとしても無理はないほどの世界です。 集団ストーカーという事象の答えは二者択一というほどの極端な二面性でしか説明できず、一つは被害者の脳内のみで起きている現象であるという説明と、もう一つは世界のすべてが集団ストーカーに支配されているというものです。その二つを矛盾…

続きを読む

ディストピア風の世界

普通の考え方では集団ストーカーが何をしようとしているのか全く理解できません。 それで被害者は仄めかしというヒントを頼りに集団ストーカーのイメージを構築することになります。 誰の仄めかしが正しいのか、今のところ誰にも分かりません。ですから出来るだけ多くの可能性を広い範囲で捉えておいた方が良いでしょう。 それにしても集団ストーカーというものはあまりに理解し難い存在です。 それ…

続きを読む

集団ストーカー型ガスライティング

一般の人の場合はガスライティングという言葉自体が分からないと思いますので、これは単純に精神病工作と考えれば良いと思います。 問題は集団ストーカーという現象は単なるガスライティングではないということです。 この説明は難しいもので、集団ストーカーの目的は相手を精神病としてでっち上げることではないことがほとんどです。 これはほとんどの被害者が嫌がらせを受け続けながらも全員が精神病と疑われてい…

続きを読む

人類

これといって書くことが何もありませんが、いくつか書かなければならないことが残っています。 ある程度答えが分かれば何か書けるのですが、進展が何もないのでとりあえず世の中の流れについて書いておきます。 まずなぜ人類が人類を苦しめるのかということについて、国家が生存競争しなくても良い体制を整えたのですが、おそらく物語を作るために意図的に争いを残しています。 政治家が一切犯罪撲滅に触れ…

続きを読む