意識の外の攻撃

集団ストーカーの攻撃には、対処が不可能なものが多く、それはターゲットの隙をわざとらしく狙って行われます。 例えば睡眠妨害などで、睡眠時間をずらすことによって肝心な時に眠ってしまうように仕向ける嫌がらせがあります。 他にも何か別のことに気を取られている隙に、現状を変更する嫌がらせがあります。 眠らなければならない時、監視カメラを仕掛けることが出来ないタイミングで、大事な仕事の書類の内…

続きを読む

とぼけるという現象

これは一般の人に特に覚えておいてほしいことですが、とにかくとぼける人が多いのが集団ストーカー現象です。 世の中の真実の話をする時に、または自分に不都合なことが起きていることを説明する時に、その事柄について、すべての人々がとぼけて答えないのです。 科学の真実の話でも、科学者は一般的にそう考えられているという一般論で話し、科学的な事実を最後まで説明することはありません。 世界は三次…

続きを読む

被害者同士のシンクロニシティ

被害者同士の存在を、奇妙に感じている人も多いでしょう。 被害者の多くは、自分の被害状況と違う被害者の言動を信じない傾向があります。 集団ストーカーは孤立化の嫌がらせですから、被害者同士の結束は矛盾します。 集団ストーカーはこれほど細かくターゲットを操作する能力を持つわけですから、被害者同士の結束を許すはずがありません。 しかし、被害者同士の被害内容はその多くが共通していて、タ…

続きを読む

監視カメラによる分析

私は10年以上前から監視カメラを設置して、自分の部屋の中や、自分が寝ている時の様子、家の玄関、家の周囲などを撮影して、観察してきました。 監視カメラを付けると、露骨な分かりやすい嫌がらせというのは、ほとんど無くなります。 さすがに証拠を撮られるとまずいのでしょう。 これは携帯電話やスマホに付いている動画や写真の撮影でも同様の効果があります。 しかし、簡単に犯行現場がカメラに収めら…

続きを読む

集団ストーカーは何のために存在しているのか

なぜ集団ストーカーが存在するのか。 集団ストーカーとは意図的な嫌がらせであり、必然ではなく、不自然な存在です。 集団ストーカー現象とは、その被害者ではなく、被害者の周囲がおかしくなる現象であると述べてきました。 このことから、ターゲットが被害者であることは間違いないのですが、大きく操作されているのはむしろ周囲の事象の方であるとも言えます。 操作されているのは被害者だけではなく…

続きを読む

運命操作

ほとんどの集団ストーカー被害者は、ある時から突然被害が始まったようですが、物心ついたころから周囲の様子が何かおかしかったと感じている被害者も少なからず存在します。 そもそもこの世界そのものが矛盾だらけですから、世界の成り立ちにも疑問があり、運命を超えるすべてを操作されている可能性もあります。 鍵となるものは、その操作の力がどの程度まで示されているのかであり、すべての集団ストーカー被害…

続きを読む

工作員に悪意はあるのか

集団ストーカー現象というものは、実際に感じるよりも遥かに巨大な力によるものです。 それは多くの被害者が経験しているもので、単なる人間の嫌がらせでは説明がつかないものが多々あります。 残念ながら、集団ストーカー被害者の中でもSFレベルの認識は多数派ではなく、どちらかというと認識が暴走している異端と見なされます。 しかし、周囲の大勢の人々が工作員のように振る舞い、世の中のすべての事…

続きを読む

工作員の配置について

集団ストーカーの被害は、ほぼ全被害者が似たようなパターンになっています、 大きな違いがあるとすればテクノロジー犯罪を受けているか受けていないかの違いくらいでしょう。 実際のところ、被害者の理解の方も事細かにコントロールされている気配があります。 ほとんどの被害者が、同じ被害を受けているはずなのになぜか意見が違う被害者が存在することを知っていて、不思議に思っているでしょう。 こ…

続きを読む

一般人という存在

世界観や集団ストーカーというものを考える時に重要になってくる要素が一般人です。 集団ストーカーが嫌がらせをする時には必ず一般人にも影響が出てきますから、一般人は無関係とは言えない存在になります。 例えばコリジョンを仕掛ける時に一般人が通りかかっただけで嫌がらせは失敗する可能性が出てきます。 また、ノイズキャンペーンなどをする時にも、ターゲットの近隣に一般人が住んでいる場合は、ターゲ…

続きを読む

二重性というトリック

集団ストーカーの最大の脅威は、世の中に二重性を作り出している点です。 ですから、集団ストーカーは表面上個人的な嫌がらせを繰り返しているだけのように見えますが、実際は世界を完全に覆いつくすほどの巨大な現象です。 集団ストーカーが簡単に解決できないのはそのためで、世界そのものと戦っていることと同じような状況になります。 集団ストーカー現象は確かに起きているにも関わらず、世界中の誰も…

続きを読む