統合失調症とは何か

統合失調症は、以前は精神分裂病と呼ばれていました。 狐憑きと呼ばれていた時代もありました。 精神分裂病のイメージは、突然笑い出す、突然怒り出す、突然暴れ出す、突然泣き出す、訳の分からないことを口走る、不気味な絵を描く、などでした。 その患者への対応はひどいもので、鉄格子の隔離病棟に閉じ込められることもよくありました。 錯乱状態になる病気というイメージですが、実際はそういった症…

続きを読む

真実は一つではない可能性

集団ストーカーはすべてを逆転させる存在です。 この世の真実は一つだけと言うのは思い込みかもしれません。 被害者のブログでは、それぞれの立場を主張しています。 すると、おのずと自分の主張と違う主張を否定してしまいがちになります。 集団ストーカーの被害は人によって異なります。 集団ストーカーの犯人像も人によって異なります。 例えば、特定の宗教団体が集団ストーカーの正体であると…

続きを読む

警察の正体

警察のイメージは、困ったときに親身になって話を聞いてくれて、善良な一般市民をずる賢い人や組織、訳の分からない人、凶悪な人や組織などから守ってくれる優しくて頼れる正義溢れる存在でしょうか。 少なくとも、集団ストーカーの被害者からは全く別の姿に見えています。 そんなに正義溢れる存在の組織が、半世紀以上も暴力団を壊滅できずに手を拱いているのでしょうか。 麻薬という物が、集団ストーカーの存…

続きを読む

集団ストーカーは妄想であるという妄想

ややこしい話になりますが、何が妄想で何が現実かを見極めるのは結構難しい問題です。 何が現実かは誰も分からない状況です。 現実を理解するのは脳であり、意識です。つまり、現実を認識しているのは妄想です。 まずこのことに気付かなければなりません。 妄想という言葉は本来、頭の中で考えること、想像すること、空想すること、もしくは現実と相違することを真実だと思い込むこと、誤認して信じることを…

続きを読む

集団ストーカーの被害者が見ている世界

集団ストーカーの被害者には世界がどのように見えているか説明します。 インターネットでは、たくさんの集団ストーカーの被害動画を見ることが出来ますが、予備知識が無い場合、ほとんど意味が分からないと思います。 それらの被害動画はほとんどが本物です。 一般の人がその動画を見た場合、集団ストーカーにこじつけているようにしか見えないでしょう。 動画はアンカリング後の追撃、もしくはそれに対する被害…

続きを読む

現実を超えた現実とどう向き合うか

集団ストーカーと聞いて、誤解なくその現象を受け入れる人は皆無に近いでしょう。 人間は、自分の思考の限界を超えたものは理解することが出来ません。 そうすると、無いものとして別の答えを出して現実を濁そうとします。 これがガスライティングのメカニズムです。 間違った答えを出してしまっているために、延々と答えが噛み合わない状態が続きます。 せめて分からないのであれば、答えを出さなければ…

続きを読む

妄想など持てない

集団ストーカーの被害について、その状況を説明するために、一般の人々が思い込んでいる偽の情報を打破しなくてはなりません。 まず、集団ストーカーの被害が妄想であると考えている人に対して、集団ストーカーの被害者は妄想している暇がないほどに攻撃されているということを伝えなくてはなりません。 考え事をしている時、例えば集団ストーカーの正体について考えている時に、集中力が高まってきた瞬間を狙って…

続きを読む

集団ストーカーの解釈の盲点

多くの被害者が、この現象を集団ストーカーと呼ぶことに違和感を持っています。 被害状況は人によって違い、場合によっては従来の集団ストーカー現象の説明を遥かに超える被害を受けている被害者もいます。 集団ストーカーのテクニックとして紹介されているものは、アメリカのガスライティングの本が元になっていて、これは個人が誰か嫌いな人に嫌がらせをするために書かれているものです。 集団ストーカー現象…

続きを読む

共時性(シンクロニシティ)とは何か

集団ストーカーの種明かしの一つとして、共時性があります。 共時性は嫌がらせとして使われます。 偶然の一致が頻繁に起こる。あまりにもタイミングよく事態が展開する。これが共時性です。 共時性は偶然起こった事象を特別なものとして捉えがちな心理を表す言葉ですが、集団ストーカーはこの共時性を利用して嫌がらせを行います。 仕事や睡眠、集中が必要なタイミングなどに合わせて邪魔をされて嫌な思…

続きを読む

世の中のかたち

集団ストーカーという現象を知らない人でも、それを感じることが可能です。 不思議な夢を経験しているでしょうし、不思議な偶然も経験しているでしょう。 集団ストーカーの被害者のほとんどは、世の中のかたちがおかしいことに気づいています。 それはおそらく、一般の人々でも気づいているでしょう。 その世界のおかしさの原因を説明できる人はいないようです。 それを必死に追い求めても、おそらく最後…

続きを読む