付きまとい(付け回し)とは何か

付きまといは、集団ストーカーの基本的なテクニックです。

集団ストーカーが集団ストーカーと呼ばれる理由は、この付きまといが基本テクニックとなっているからです。

ノイズキャンペーン、コリジョンキャンペーン、思考送信などは、いずれも四六時中被害者を狙っていることから、付きまといの要素があります。

一般に言われるストーカー被害の場合は、犯人はターゲットを知っていて、好意か敵意を持って本当に付きまとっているものですが、集団ストーカーの場合は状況が異なります。

集団ストーカーの付きまといは、実際に付きまとう付け回しと、付きまとっているように見せかけるだけのものがあります。

集団ストーカーの被害の場合は、実際に付きまとっている要素はあるものの、大抵は付きまとっているように見せかけるだけの嫌がらせです。
実際に付きまとっているように見せかけて恐怖や不安、屈辱感を与えたのちに、わざとらしく付きまとっているわけではない証拠を見せたりします。

付きまといのテクニックは、被害者にストーカーの存在を感じさせながらも、ストーカーの実体はなく、すべて偶然の出来事にしか見えないように行います。

例えば、被害者の後ろを強い足音で付いて行きます。
被害者はそれに気づき、誰も通らないような路地裏に逃げます。
それでも路地裏まで付いて行きます。そして被害者が不審に思って振り向いた瞬間に、わざとらしくそこにある店の裏口などに入って行きます。これで被害者を付け回しながらも、追っているわけではない証拠を見せます。

ターゲットは偶然だったのだろうと思って再び歩き始めますが、今度は前から人が歩いてきます。何故か自分の方へ向かってくるので避けると、相手は携帯などを操作しながら、気付かないふりをしてターゲットにぶつかってきます。
このように入れ代わり立ち代わり、被害者の周りに不審な動きをする人物が現れることで、被害者を付け回していることを明確に自覚させます。しかし、すべて偶然の出来事を装っているので証拠は残りません。

付きまといは近隣の住民によっても行われます。
例えばターゲットが家を出た瞬間を狙って、同じタイミングで向かいの家の人が出てきます。
どんな時間帯に家を出ても向かいの家の人がちょうど出てくるので、明らかに付きまといであることが理解できます。また、家を出ることに抵抗を感じるようになります。
毎日同じタイミングで、同じ人とすれ違ったり、信号待ちで隣に立たれたりします。
その人は特徴のある人だったり、違和感のある奇妙な行動を取ったりすることにより普通の人ではない印象を与えます。
通常のストーカーはターゲットに気付かれないようにストーキングしますが、集団ストーカーの付きまといの場合は、ターゲットに気付かれやすいように行います。
付け回されていると自覚させることが目的だからです。

狭い路地裏に入るとかなり高い頻度で車が通ります。
その車は被害者の歩行を妨害するようにわざと幅寄せしたり、邪魔そうにアクセルをふかしながら、急加速して追い抜いて行きます。被害者に嫌な思いをさせるためです。

真夜中であっても、被害者が行くところには不自然に人や車が多く通ります。
被害者は常に周囲に気を使って歩かなければならない状況で、通常の移動よりも精神のダメージが遥かに大きくなります。また、移動することにトラウマを与えることで被害者の移動を精神的に阻みます。

付きまといはどこにでも現れます。
被害者が誰にも会いたくないと思って、深夜の山や森の奥深くに逃げ込んだとしても、やはりそこに必ずと言っていいほど不自然に人が現れます。
すべて偶然を装っていますが、集団ストーカーの被害者は、一生を通じて人の目に触れない時間帯が不自然に少ない状況です。
ストーキングされていることを認めざるを得ない状況です。

付きまといは、コリジョンキャンペーンの一種です。
常に周囲のどこかに集団ストーカーが存在することを仄めかすことにより、被害者の精神的、物理的自由を奪い、精神、人生を消耗させます。

集団ストーカーの目的は、被害者に恐怖を与えるというよりは、被害者を精神病患者に仕立て上げたり、怒らせて精神にダメージを与えることです。

集団ストーカーの目的は被害者をストーキングすることではなく、被害者の人生を台無しにすることです。
被害者の命や人生を汚すことが、集団ストーカーの目的です。

常に不安や怒りなどの精神的なダメージを与え続けることにより、被害者の希望、楽しみ、感動などをすべて奪い、苦痛しかない無気力な人生を強制します。

付きまといやコリジョンキャンペーンを避けようとすると、今度は激しいノイズキャンペーンを行われます。
集団ストーカーの嫌がらせはありとあらゆる範囲に及びます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック