ネグレクトとは何か

ネグレクトとは、与えないことにより苦しみを生み出す嫌がらせです。

一般には、子供や介護が必要な人に、食事を与えなかったり、娯楽を与えない、世話をしないなどの社会問題として周知されています。

また、意図的に無視をすることもネグレクトに当たります。

重要な作法を教えないことにより、特定の場所で恥をかかせる。
ルールを教えないまま仕事をさせて失敗を誘発する。
ターゲットにだけ挨拶をしない。しても適当である。ターゲットに挨拶を返さない。
飲食店でいつまでも注文を取りに来ない。
レジで待っているといつまでも何かの作業をしていて来ない。
確信的な話や、真実の暴露をすると無視をする。

ネグレクトは集団ストーカーの主要攻撃のひとつですが、このことに触れている被害者のブログをほとんど見たことがありません。

嫌がらせには、動的な嫌がらせと静的な嫌がらせがあります。
集団ストーカーで問題になるのは、大抵、動的な嫌がらせであり、ネグレクトなどの静的な嫌がらせはあまり主張されない傾向のようです。

集団ストーカーの主眼のひとつに、ターゲットに対して楽しみや快楽などを与えないというものがあります。
すべての嫌がらせはその目的のための大いなる妨害活動であるとも言えます。

集団ストーカーの被害者の中には、仕事が見つからないことにより、経済的に困窮している場合が多いのですが、これは経済的な自由を制限していると捉えることができます。
また、結婚などを諦めている被害者も多いのですが、これは人間関係が完全に行き詰っているため、当然のことです。集団ストーカーはそれを狙っています。
集団ストーカーの被害者が遭遇する人々は、ほぼ完全にコントロールされていることがあります。
これではまともな人生は望めません。

せめて趣味に没頭しようとしても、それも嫌がらせにより妨害されます。
何一つ、やり遂げることは叶いません。

であれば、なぜ集団ストーカーは我々に命を与えているのか、ということがおそらく本当の主眼になります。
ひとつ考えられるのは、幸福の見せつけという嫌がらせが答えである可能性です。

それは差別することによって、我々は幸せな人々の糧になっているのではないかということです。

但し、その答えであれば、わざわざ集団ストーカーが世の中をコントロールしているという種明かしを我々に対して明かす必要はないはずです。

それはバランスをとっているのか、あるいは弱い立場の人間をシミュレートする修行のようなものなのか。
それは強制的過ぎて不自然であり、これは人生として成り立ちませんので、そういうわけのわからない筋が通らない敵ということなのか、そういうゲームなのか、攪乱なのか、分かりません。

このことを主張している被害者は大変少ないのですが、与えられない、得られない苦しみを受けている被害者も多いということを、それが集団ストーカーの本当の狙いであるのだということは重要です。

嫌がらせというものは基本的に板挟みですので、それは両方あって、効果は高まります。


人生に不可欠なものが、どう足掻いても得られない被害者も多いのです。
幸福を見せつけられ、それを手に入れることが不可能な状態である。
尚且つ日々、嫌がらせを繰り返されている。
嫌がらせが止む日は一日もなく、少なくとも一日数十回の嫌がらせを受けている。

完全に落ち込んだ時は、なぜか集団ストーカーは気を落とすなというエールのような仄めかしをしてくる。

精神が危ないと思ったときは、思考を一旦和らげて、深く考えないようにして、身体に表れる異常を抑える。

しかしギリギリではない。
日々の流れは平凡であり、極めて地味なものである。
答えは出せない。危険な答えしか用意されていない。
集団ストーカーの狙いに反する答えを出すためには道を外れなければならないが、それさえ集団ストーカーの狙いではない証拠はない。
ネグレクトは板挟みのように、強力に被害者を追い詰めます。


ネグレクトは一般の人にも発生しています。
一般の人は集団ストーカーという現象を知らないわけですから、その知識を与えられていないというネグレクトを受けているということになります。それは一般の人と集団ストーカーの被害者を衝突させるために必要なことです。

ネグレクトは、事象が存在しなければ意味を持ちません。
幸福という前提があって、初めてネグレクトは効果を発揮します。

ネグレクトと幸福の見せつけは、ほぼセットで行われます。
幸福を知らしめることにより、不幸感を増幅させることができます。

また、ネグレクトという被害のない静寂の間を持たせることによって、嫌がらせにインパクトを持たせ、やはりその効果を増幅させることが出来ます。

ネグレクトは、その嫌がらせの主眼、集団ストーカーの狙いを見破ることができるかもしれない重要な事象です。

与えることで死につながる攻撃があれば、与えないことによって死につながる攻撃もあります。
それがネグレクトという嫌がらせです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック