集団ストーカーの犯人像

被害者の方々はそれぞれ被害が異なるため、その犯人像も様々です。

最も多いのが創価学会説です。
また、創価学会は末端組織に過ぎず、その裏に巨大な組織があるという説もあります。
多くの被害者が創価学会と接点があったようですが、まったく関係がないという被害者も多くいます。
もし犯人が創価学会であるなら、警察のレベルでも捜査が出来ると思うのですが。

次に多いのが国家説です。
警察、自衛隊、消防、国防省。
アメリカの組織の名前もよく出てきます。
ヘリコプターや救急車などの嫌がらせが多いために、この答えに帰結するのだと思います。

次が陰謀論と合わさり、イルミナティー、フリーメイソンなどの秘密結社説です。
被害状況から考えれば、意外とこれがまともな答えのような気がします。
例えば、思考送信技術があったとして、アメリカの諜報機関などがそれを見逃すはずがないわけです。
国防省なども、アメリカの国民を守るために、集団ストーカーの撲滅に躍起になるはずです。
それが全くないということは、犯人はアメリカ政府よりも強いということです。
犯人はアメリカ政府をも操る技術を持っていることになります。

次に宇宙人説です。
被害状況の中には、明らかに人間技ではないと思われるものもありますので、この可能性も否定できません。
但し、犯行が地味すぎるところがひとつの疑問ですが、宇宙人の感覚は人間とは違うでしょうから、細かいところの実験データにも興味を持っているのかも知れません。

さらに神による人間支配説もあります。
これだとすべての説明がついてしまいますので、答えとしては面白くありません。
但し、被害者の状況をすべて考えると、やはり神か悪魔レベルということも考えなければなりません。
答えとしては、そのレベルにまで到達した未来の人間といったところでしょうか。
未来から過去へは来れませんので、すでに現在がその到達している未来ということになります。我々は過去の世界を見せられているということになります。

被害者はほとんど普通の人ばかりです。
国家に関わっている人はほとんどいないものと思われます。
いたとしても、その情報は出てこないでしょう。

日本の被害者の数は、被害を主張している人だけで、数千人から数万人と言われています。
口にしにくい被害ですので、実際の数は分かりません。
ひょっとしたら数十万人に達しているかもしれませんが、統合失調症との区別が難しいので、正確な数は分からないようになっています。

犯行理由については、復讐説、生体実験説、社会実験説、人口削減説、愉快犯説、人民支配説、組織誇示説など様々なものがあります。

集団ストーカーのレベルを考えれば、絶対にその正体を現すとは思えません。
となると、残念ながら上に挙げた犯人説は、すべて可能性が低いのかもしれません。
人間には理解できないレベルが、集団ストーカーなのです。

この神を気取った悪魔の正体を、どうにか暴きたいものです。

この記事へのコメント

  • 丸(まり)

    >未来から過去へは来れませんので

    あらゆる ジショウが ありえると ゆぃわりぇ コウリョに いりぇる
    マジクさんぎゃ
    なして そう ゆぃいきるのか あかりもせん。
    2023年12月05日 11:25
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    世界観において嫌がらせの意味を無くすような物理的限界の開放はないだろうと逆算で考えて事象の限界を設定してみました。

    嫌がらせの意味が無くなるような物理法則の乱れは集団ストーカーは見せないだろうという予測です。
    2023年12月05日 23:21
  • ESRT

    丸さんに誘導されてしまいました。

    この記事からは映画「インターステラー」を想起しました。「メッセージ」もそうですが、敵なのか敵でないのか、にわかには判別できない高次の存在が描かれていますね。集団ストーカーもそのように振る舞うことがありますね。私たちの想像力を刺激して好奇心を抱くようにさえします。その手に乗せられることのないよう、私は気をつけています。経緯から考えて、人を貶めること、脅すこと、狂気に陥らせることを目的としていることが明らかだからです。

    人間の創作物に仄めかしや誤導が含まれているのは、それらの人物に花を持たせるようにしながら鑑賞者の精神をやんわり操作しつつも、どこかに彼らの顕示欲のようなものが見え隠れする。知るようになった人はそれを観てハッとして、種あかしと同時にその力をも見せつけられることになっている気がします。
    2023年12月06日 11:56
  • MAGIC ULTRA

    >ESRTさん
    >
    コメントありがとうございます。
    2023年12月07日 00:25

この記事へのトラックバック