先回り発言と確信発言

集団ストーカーの攻撃方法に、先回り発言と確信発言、及び、先回り行動と確信行動があります。
これは仄めかしの一種ですが、茶番劇の一部として使われることが多いようです。

集団ストーカーの仄めかしの場合、それは単なる仄めかしではなく、最終的には脅迫になります。

先回り発言とは、自分がまだ言っていない個人情報などを、相手が先走って発言する嫌がらせです。

自分しか知らない個人的な情報を、まるで知っているかのように確信を持って言い当てる確信発言もあります。

この先回り発言と確信発言により、それが集団ストーカーによる嫌がらせであることを確信することになります。

被害者がそれに気づかない場合、まるで手玉に取られたかのように、相手に行動を操られてしまいます。

具体的な会話の例を書きます。

「○○出身の人はそういう人が多いですよね」
・まだどこの出身か話していない、もしくは個人情報を隠したいシチュエーションを作られた上でこの発言が行われる。しかも偏見的な内容である。

「あそこの病院は私の知り合いがよく行くんですよ」
  「まだ病院に行ったことは誰にも話していませんが」
「さっき言いませんでしたか。それじゃ勘違いですね」
・病院に行ったことを知られていることを仄めかされる。さらにそれを指摘するととぼける。病院に行くことは極めて個人的な情報であり、余程近しい間柄でなければ話しにくいため、不自然である。

「そんな感じだからよく事故を起こすんだよ」
・事故を起こしたことは基本的に誰にも言わない。しかし、ほとんど知らない人から、なぜか確信的に罵られることがある。しかも事故自体が集団ストーカーが無理に起こした不自然な事故である。

「その出来事は何年くらい前のことですか?」
  「はっきりと覚えていませんが、おそらく5年位前のことです」
「いえ、3年前ですね」
・曖昧な記憶を問いただされ、なぜか間違いを指摘される。その後、そのことを問いただせない状況、もしくは聞きにくい状況になる。聞いてもとぼけられる。

さらに、先回り行動と確信行動があります。
これは被害者がそう動くしかない状況を作り出して、その動きを相手が先読みしたかのように動き、行動を防がれるものです。

例えば店の駐車場などで、突然何か些細なことで何者かに絡まれ、それを無視して自分の車に向かおうとすると、なぜか相手は自分の車を知っていて、そのドアの前に立って行動を阻害するというものです。
こういったトラブルは、急いでいる状況の時を狙って、もしくは忙しい状況を作り出された上で行われます。それはダブルバインドです。

ターゲットの次の行動は誰にも分らないはずなのに、集団ストーカーは確信的にその行動を阻害してきます。被害者は毎日、このような明らかな嫌がらせに遭っています。
こういった状況が続くと、自分の思考は読まれていると感じるようになります。
実際の思考盗聴はもっと複雑で、明白に至る所で思考内容を仄めかされます。

集団ストーカーを相手に「気にしなければいい」は通用しないことをご理解いただけたでしょうか。
しかし、気にしないことが有効な対抗手段になる被害者も存在するようです。

先回り発言と確信発言は、個人情報を利用したものが多いようです。
その個人情報は、集団ストーカーによって作り出されたものも多いでしょう。
ターゲットが嫌がる個人情報を作り出すことも、集団ストーカーによる攻撃です。

先回り発言と確信発言、先回り行動と確信行動を防ぐためには、冷静に相手の動きを分析し、行動を広く予測しなければなりません。
しかしこの攻撃はエンドレスですから、あまり無理をしない方がいいかもしれません。

集団ストーカーはターゲットの立場を危うくして、その状況を利用して、足元を見るような攻撃を仕掛けてきます。
自分の状況を相手は知っている。自分は相手の状況を知らない。この戦いは八百長のようなものです。あまりにも不利な戦いを強いられています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック