集団ストーカーの実体は何か

集団ストーカーの最大の問題は、その実体が掴めないということです。
これは一般人にこの事象が精神病であると主張させるために絶対に必要になります。それだけでなく、被害者同士の認識の違いによるゲームへと発展させることも可能です。

人間の動きがおかしいことは間違いないことで、そこに仄めかしによる物語性が追加されますが、組織としての実体が掴めることはありません。

ですからその証明をするためには世界全体の異常を表すか、個人の動きのおかしさを表すかの二通りとなり、その間の証明は困難となっています。

これで一般の人々からは確実に精神病であるように見えることになります。
それでは精神病に見えない答えとは何かというと、それは一般の人々でも感じることが出来る現象しかありませんから、私の場合は世の中のおかしさや人々の異常な態度に焦点を絞って説明しています。

しかし、やはり具体的な組織名が分からない限り、集団ストーカーの信憑性が伝わりません。
それぞれ個々の現象でしかなく、万人が同時に認識できる現象ではないからです。

ここで現実的に考えれば、そのようなことはあり得ないことに気づくでしょう。

どのような組織であれ、完全に正体を隠して無作為の一般人を執拗に攻撃する意味が分かりませんし、これだけの数を同時に攻撃しながら、一切正体を漏らさないというのは不可能です。
組織であれば構成員が存在しますから、これほどの悪事であればどのようにしても解決を促すために一般の警察やら軍組織などに暴露して、組織を潰そうとする構成員もいることでしょう。
しかし現実にはそのような雰囲気は全くありません。
構成員は淡々と嫌がらせに終始するだけなのです。
構成員が本当に困っているのなら、人並みの正義感を持っているのなら、何としてでも国の組織などに救済を求めるでしょうが、国がまるで把握していないどころか、一緒くたになって攻撃しているのです。

これは集団ストーカーとは、組織という実体を持たず、別のかたちを持つ集団であるとも考えられます。
それが思想によるものであるなら、人間としての綻びがどの時点かで発生しそうですが、それがありませんから、単なる人間による嫌がらせとは違うことが分かります。

まず一つ気を付けなければならないのは、集団ストーカーとは実体を捉えられない存在であるため、どのような解釈をしたとしてもすべて精神病に見えてしまうということです。

これを突破する方法を考えましたが、有効であると思われるものは世の中そのものの矛盾を証明することくらいでした。
しかしここでさらに奇妙な現象が理解できます。
世の中の矛盾を、ほとんどの人々は追求しようとしないという現象です。
私はこれを全人類操作であると解釈しました。

人間の行動や思考の不自然な偏りというのは、基本的に人間自身によって説明できなければならないものです。人間が自分自身が理解できない行動をすることはあり得ないからです。
ところが世の中の人間の動きは謎だらけで、これも実態を捉えきれていません。

集団ストーカー現象とは、その実体を捉えられない現象であると言えます。
人為的な操作であるように見えるため様々な憶測が生まれますが、そのように見せかけられた何者かによる操作であると言えます。

集団ストーカーは間違いなく人間によって行われているものですが、その元となっている力は今のところ得体の知れないものであるとしか言えません。

これ以上無理をして理解しようとすると、どうしても精神病工作に引っかかる形になってしまうため、防御するよりはむしろ攻めて一般の人々の矛盾を突く方が有効でしょう。


実体が捉えられないという時点で極めて異常な状態です。
普通の人間ではそれはあり得ません。
この事象を常識的に理解しようとすればするほど精神病工作に繋がることは、これまでの説明通り、世界にその実体がないわけですから順当なことです。
実体とは感じられるものであり、実在するものとは少し違います。
これはまさに精神病による妄想に似ていると言えば似ていますが、事象自体は実在している部分が違います。
事象は存在するがその主体が確認できない状態です。

敵が人間を介していることは間違いありませんが、敵そのものが何者であるかが分かりません。
現実的に人間では不可能な操作が含まれるからです。

現実的には実体を隠し続けるというのも不可能です。
実体を隠す意味も分かりません。

実体が万人に知られるものでなければ、すべて精神病による戯言にされてしまいます。
しかし私には集団ストーカーの実体を掴むことは不可能なのではないかと思えるのです。
ここを打ち破らない限り、解決への道は厳しいものとなるでしょう。

実体隠しそのものがテクニックですが、本当に実体が掴めないというのはテクニックを超えています。
その理解をどのようにするかで、集団ストーカーの正体の理解も大きく変化します。

このような世の中の事実から、集団ストーカーとは、ほとんどの人々の想像を超えるものであることが導き出されます。
また想像を超えているから実体を捉えきれないとも言えます。

この記事へのコメント

  • 春雨

    人間の五感や思考をこれ程までに細密に操るには、もはや物理のカテゴリーを逸脱していると考えます。
    被害者にとって、心の拠り所である親しい人の病気や死など何十年という時間のスパンの中で被害者の人生に呼応するかの様にシンクロします。

    或る反応の積算を示すと過去に遡ってプログラムが自動的に作動し始める。これは一族に対する、DNA断罪かも知れません。そして彼らはエネルギー換算など意味を持たない全く異次元の因果律なるものを操っている。

    これらは何を意味するかと言へば、自死や事象への怒りや失望は意味を持たなくなると言うことです。シミュレーションというより並行世界をを操ってしまう何かが、いつの時にか出現したと言えるかも知れません。
    2020年03月24日 16:04
  • 言葉を変えれば、本来過ごすべき元の人生を上書きされている状態が今、現在という状況です。
    2020年03月24日 16:16
  • MAGIC ULTRA

    >春雨さん
    >
    コメントありがとうございます。

    他の被害者には断罪的傾向がありませんので集団ストーカーに断罪という要素はおそらくないでしょう。
    断罪的に見えるとすればそれはシナリオでしかないでしょう。

    なんというか、シミュレーションというものは操作という概念も超えます。
    ですからそれを受け入れられない場合はこの世界は自然であると考えた方が良いかもしれません。
    ただしその自然にはちょっとしたからくりがあるということです。
    2020年03月24日 23:15