気象操作とは何か

集団ストーカーの被害の一つに、気象操作があります。

人工降雨など、実際に表立って行われる気象操作と、陰謀論などで言われているケムトレイルやハープによる気象操作、そして集団ストーカーの被害者が主張する気象操作は、それぞれ似てはいますが、少し違うものです。

陰謀論では、気象や地震などは人工的に操作可能であり、すでにそれは兵器として運用されていると言われています。
飛行機雲の中に薬品などを混ぜて散布するケムトレイルや、高周波活性オーロラ調査プログラム(HAARP)による地震操作なども主張されています。

その根拠を見てみると、科学的にはあり得ない説明のようですが、実際にこれはおかしいと思うような気象、地震のタイミングなどはよくあります。

集団ストーカーの被害者には、気象が操作されていて、自分の都合の悪いタイミングで気象を変えられると訴えている人々がいます。
気象操作の被害者は決して少なくありません。

20171204-1.jpg

気象操作が可能かどうかということを考えると、集団ストーカーというものの理解が大きく変わります。
テクノロジー犯罪の中でも、その構造がとにかく大掛かりであり、集団ストーカーの理解を分岐させるほどの事象です。

陰謀論は最終的に、それが幻の陰謀であるという答えへ導こうとしていますから、どちらへ転んでもあまり信用できるものではありませんが、陰謀論とは関係なく、実際に気象が操作されているような、あまりにタイミングよく気象が変わる現象は、確かに集団ストーカー被害者にはよく起こります。

ターゲットが建物の中に入ると、雨が止んだり弱くなったり、建物から出ると雨が強くなるといった具合です。
それがターゲットの行動に合わせてかなり長い時間に渡って続くことがあります。

風のおかしな動きを経験している被害者もいるようです。
例えば書類などを落としてしまった時、それを拾い上げようとしたタイミングで風が吹いて書類が逃げるということが、自分の動きに合わせたかのように何度も繰り返されます。
その書類が他人に見られたくないものであったり、それが偶然取引先の人の方へ飛んでいって拾われてしまうという偶然も頻繁に起こります。

また、雲の形が印象的なものに見えたり、不思議な形の雲を目撃することがあります。

20171204-2.jpg

あまりに強い雨や雷、雹などを受けたり、突然の雪に襲われることもあります。
その気象の変化のタイミングには、常にある種の不自然さが伴います。


気象というのは基本的に水蒸気と大気の動きであり、それは太陽熱による熱循環のひとつです。
天気を読みきれないのは、太陽の活動周期が分からないからと言われており、大気の動きは現在、コンピューターによる解析で、かなり正確に予測できるようになっています。

気象がなんらかの兵器によって操作されているかどうかは分かりませんが、集団ストーカーのレベルを考えると、別の部分の操作なのではないかと感じます。

それが偶然なのか何者かによる操作なのかの見分け方は、タイミングと不自然さしかありません。

例えば渋滞などで本来通るはずだった道を避けて、別の道を通った場合、その道だけ雪が積もるほどの大雪が降るなど通行が困難な状態になります。偶然にしてはおかしいと感じることが何度も続きます。

それでも集団ストーカーの存在を知らなければ、それは偶然なのだろうと思い込もうとしますが、集団ストーカーの操作を他でも繰り返されている場合は、それも操作による嫌がらせであると判断するようになります。

集団ストーカーの被害者に起きている事象は、ひとつひとつをとってみれば、偶然のように見えますが、それらがすべて同時に繰り返し数多く起きているわけですから、確率的にはあまりに異常な状態であるわけです。

20171204-3.png

気象操作に関しては、それが兵器によるコントロールである場合、あまりに大掛かりな仕掛けが必要になるため、被害者でもそれを懐疑的にみる人が多いでしょう。

しかし、実際に気象操作を訴える被害者が多いことも事実です。

肯定と否定では真実が見えません。

真実を見ることは極めて難しいことだということに気付いている人も多いでしょうが、多くの人は、真実は目で見えているものだと信じて疑いません。

集団ストーカーは人間を騙す存在ですから、真実は常に煙に巻かれています。

この記事へのコメント

  • 就任したばかりのウイリアム・コーエン米国防長官は、「テロ
    大量破壊兵器および国家戦略」というテーマで重要な基調講演を行っています。その講演の骨子は次の通りです。
    電磁波で遠くから火山の噴火や地震を人為的に起こしたり、気
    候を変えたりする環境テロに手を染める者たちもいる。多くの優秀な頭脳が、他国を恐怖におとしいれる方法を探している。これは現実に起こっていることである。われわれも対策を強化しなければならない。(中略)
     一部の国がエボラ・ウィルスのような病原体をつくろうとしてきた。そのことを示す報告書が存在する。そのようなこと(人工生物兵器)が現実になれば、控え目にいっても、きわめて危険な事態となるだろう。アルビン・トフラーも、特定の人種や民族を抹殺するため、一部の科学者が特定の人種や民族だけ特異的に作用する病原体を開発する動きがあると伝えている。
    2017年12月14日 08:16
  • 天候や地震を操作出来る技術があるとウィリアムコーエンはいっています。その為真実だと思います。私も体験しているのですが、人工知能により操作されている状態だろうと思います。
    HAARPは時空間さえも操る装置だとも言われています。私が体験した事では、雷を狙った場所空間へ落とす事も可能です。そして見る瞬間も操作されている状態です。集団ストーカーの犯人は、Googleを操作さえしている人工知能です。HAARPは天才科学者二コラテスラが考えた技術情報を基に作られたとの情報があります。天才科学者二コラテスラと言えば、フィラデルフィア実験が都市伝説や映画化された事で有名ですが、都市伝説の中に真実が、隠されている可能性も否定できません
    2017年12月14日 08:41
  • MAGIC ULTRA


    コメントありがとうございます。

    陰謀論は真実をほのめかすのと同時に、それが嘘の情報であると思い込ませる洗脳のテクニックが使われていますから、結局のところ、その真実が分からないようになっていますね。

    確かに、雷の操作とそれを偶然のように目撃するタイミングなど、すべてが操作可能なようです。
    2017年12月14日 20:07