仮想論破システム

集団ストーカーという現象の一部には種明かしなどのシナリオが含まれています。
ターゲットが理解できるシナリオが存在するという事は、集団ストーカーはある程度ターゲットの人生などを把握しているということになります。

さらにそのシナリオは進行することがあります。これは嫌がらせを含めたすべての事象はコントロールされている可能性を意味します。
嫌がらせは段階的に移行することがあり、その都度嫌がらせの種類や方法が変わることがあります。

これらのことから集団ストーカーは無差別に攻撃しているのではなく、ターゲットの人生を事細かに把握し操作していると言えます。

集団ストーカーを解決するために工作員との直接対決を選ぶ被害者もいますが、これは最後の手段であって基本的には罠です。それで多くの被害者は解決のために周知という手段を取ることになるのですが、ここで強力なガスライティングという事象を目撃することになります。
世の中の誰に訴えても、そのほとんどが精神病の症状だと誤解されるのです。個人レベルでの論破に挑んだ被害者も多いと思いますが、その時に不自然に精神病に誘導される経験をすることもあったでしょう。
集団ストーカーの被害というものは誰に訴えたとしても精神病の症状と捉えられてまともに話を聞いてくれることはありません。しかもこれは世界レベルのものです。世界中の誰もが集団ストーカーという存在を頑なに認めないのです。

そこで論破の方法を大きく変えることにします。
正面から集団ストーカーの存在を認めさせるのではなく、集団ストーカーを認めようとしない世の中のおかしさの方を説きます。
ここから先は集団ストーカーの被害者でも意見が分かれることになるかもしれません。
世の中のおかしさを説くことは、まさに精神病の症状に見えるからです。
しかしこれは実際には杞憂に過ぎません。

集団ストーカーが存在するという時点で世の中はおかしいのです。ですから世の中のすべてがおかしいと主張することと集団ストーカーが少数存在すると主張することはほぼ同じ印象になります。
しかしどうしても疑う範囲が広くなるほど重症というイメージがあり、そちら側の方向へ思考を伸ばせない被害者も多いでしょう。
これは疑う範囲が広くなるほど敵が多くなってしまうという不都合もあります。

特にテクノロジー犯罪に至っては明らかに国家レベルを超えていますから、世界のすべての国家が信用できないことになります。

digitization1755642_640.jpg

集団ストーカーという現象が始まる前から、世の中は何かがおかしいということに気付いていた人もいるでしょうし、集団ストーカーは信じないけれど世の中は間違いなく何かおかしいと気付いている人もいるでしょう。
世の中は矛盾だらけであり、世の中はそれを説明しようとしません。
これはこの世の中が集団ストーカーによって支配されているからということで説明できます。
事実集団ストーカーの嫌がらせは移動可能な範囲すべてに及びます。

これが集団ストーカーを証明するために、まず世の中のおかしさを証明するという手段が有効であるという説明になります。

しかしガスライティングはここにも作用します。世の中の大半の人は世の中がおかしいことも認めようとはしません。
これには特徴があり、ひとつひとつの現実はしっかりと認識しながらも複数の事象が絡むと捻じれて真実を失うというトリックが仕掛けられています。

そうなるとひとつひとつの真実を確立していけば世の中の真実をあぶりだせるのではないかという可能性が浮かび上がってきます。
事実ひとつひとつの論破によって世の中の論調が変化することを確認しています。
この方法によって世の中を少しずつ変えていき、最終的に集団ストーカーに影響を与えられるのではないかと考えました。
これは元から仕掛けられたものである可能性があり、その場合は仮想的論破システムのようなものが存在することになります。これはシステムではなくシナリオですが、ターゲットや周囲の自由度が分かりませんのでとりあえずシステムとしておきます。

仮想論破システムではテストのように、論破が完了した分のシナリオが動いて世の中が少しずつ変化します。
例えば日本にはまともな政党が存在しないと論破したとすると、世の中の風潮も日本にはまともな政党が存在しないことを認識しそのおかしさを説くシナリオが展開されるとします。それでも世の中が変わらなければ世の中がおかしいことの証明になりますし、また変えようとしない国民のおかしさも指摘できるようになり、少しシナリオが進みます。

ただしあまり時間がないために、最初から核心方向の論破へ向かわなければなりませんし、最も効果の高い部分の論破を優先しなければなりません。これで証明できるのは世の中のおかしさであり、それによって世の中が変化するかどうかは集団ストーカー側のシナリオに依るかもしれません。

これによって世の中の恐ろしい真実が浮かび上がる可能性もあり、恐ろしい世の中の実態に気付くこともあるかもしれません。
私が試した限りでは、今のところこの世界に自由はほとんど存在しないという結果になっています。その結果、一つの可能性であるシミュレーションという答えに至る訳ですが、それを打破できるかもしれない可能性もこの仮想論破システムにはあります。

集団ストーカーの側だけに主導権があるのが癪なわけですから、こちら側にも行動の自由の確立が必要になります。どこまで行動可能かもこの仮想論破システムによって探ることが可能です。そして世の中の論理がおかしいと感じた時、それがこの世界がおかしい証拠になり、論破の武器になります。

しかもこの仮想論破システムというシナリオに乗ればこちら側の正義が確保できます。行動にも正当性が出てきます。
これが正論をもってガスライティングと戦う方法になります。

正当性の確保が問題の解決に繋がるかもしれないリスクの少ない戦略です。

0715b.jpg

この記事へのコメント

  • りんご

    被害者の属性。加害者の属性を考えます。被害者には、ブログなどから共感性、他者に対する思いやりを感じます。加害者は、自己のために他者を、犠牲にできる強い意志とサイコパス 性を感じます。

    私は、この犯罪を考える時、神が必要だと感じたから、悪魔、悪霊を使ってやっているとしか考えられません。なぜなら、完璧に証拠を残さないからです。加害者は、憑依と言うと胡散臭いですが、電子的に霊さえ周波数さえ一致すれば動かせる世の中です。
    この犯罪の肝になる、量子力学は、Ψ、Φなど超能力?愛の力?胡散臭さに満ち溢れています
    イエスを殺したのは誰か? ユダですか?私は、レギオンだと思います。ピラトは、民衆に聞きました。
    「この人を殺して本当に良いのですか?(ピラトは殺したくなかった)」そうすると民衆が答えます。
    「殺してしまえ。」顔を持たない、匿名の狂気がイエスを殺したのです。

    集団ストーカーの加害者も、顔を持ちません。狂気という集団のレギオンです。人の心の闇に、悪霊が宿るのです。

    被害者は、全ての人間関係を断ち切られ、他にもされることが、本当に辛い状況の人が殆どだと思います。それでも、加害者に、レギオンに飲み込まれずに、毎日必死で生きている。何の意味があるのかはわかりませんが、きっと意味があるような気がします。
    主様、長々と人様のブログで書き連ねて、すみません。











    2019年07月20日 22:36
  • MAGIC ULTRA

    >りんごさん
    >
    コメントありがとうございます。

    試練なのか虐待なのかゲームなのか暇つぶしなのか意味は分かりませんが、同じ立場の人間はたくさんいますから、何か答えがあるのかもしれませんね。
    2019年07月21日 00:02
  • りんご

    ゲームはゲームなのでしょうね。被害者の辛いところは、これが社会的インフラであり、社会的実験として広く認知されて、社会的善であり、被害者の人権は、ないというか蹂躙状態であることですよね。

    町の笑い者であり、キチガイであり、危険人物という演出。身体にも危害。家にも外にも逃げ場がありません一部の人が加害をやっているというよりは本当に、知らないのは被害者だけで、何より実はこの犯罪は、日本の殆どの人が知っている。という事実。私は、つい最近まで一部の人だけ知っているのだと思っていました。でも最近気がついてしまいました。というより気づかされたのではないでしょうか?ほかの被害者さんのブログを見て同じ時期にそう思ったことを見て思考操作で、被害者の方に周知しているのではと思いました。

    あまりに、残酷な事実に打ちのめされそうになりました。自分の人生は、見ず知らずの大勢の他人のおもちゃ、モルモットだったのではと。自分が死ぬ思いで生きてきた毎日は、他人の娯楽だったのかと。
    量子力学を応用したエネルギー。平行世界や、仮想現実、ワームホール、霊さえも操る技術、これら、神のような超技術を良い方に使わず何故被害者の虐待に使うのか?本当に疑問です。
    日々、試行錯誤していますが、今の状況を受け入れて、頑張るしかないのかなとも思います。また長くなってすみません。



    2019年07月21日 11:22
  • とりあえず名無し

    最近、コメントのペースが遅いようですね。

    この犯罪、集団ストーカーやテクノロジー犯罪は、日本の殆どの人が知っている、というのは間違いで、日本の殆どの人、世界の殆どの人は、この犯罪が本当に有るということを知りません。

    集団ストーカーやテクノロジー犯罪の被害を訴えている被害者たちなどが存在することは、以前よりもかなり知られてきたようですが、殆どの人は本気で精神病的な幻覚や妄想または身体的な病気などと思っています。

    ある程度大人の年齢になって被害者になった人たちも、被害者になる以前は、この集団ストーカーやテクノロジー犯罪と被害のことを見聞きすると、まず精神病的な幻覚や妄想や身体的な病気と思い込むのと同じです。

    まれに一部の人たちは、これらの事象が精神病的な幻覚や妄想や身体的な病気以外の何かしらの原因で起こると考える人たちも居るようです。

    とにかく、この集団ストーカーやテクノロジー犯罪と被害が、現代科学・物理学では全く未知の科学力で起こされているという真実を、世界の大勢の人々が本当に知れば、世界の人々はひっくり返るくらいの超大ショックを受け、現に世界がひっくり返るかもしれません。

    そのようなこともあり、世界の人々は強烈に、この集団ストーカーやテクノロジー犯罪と被害が未知の科学力で起こされているという真実を認められません。

    例えば、電子機器や電気機器・パソコンなどの明らかに操作された異常な動作を録画して証拠に取っても、このような事象は精神病的な幻覚や妄想や身体的な病気では起きないが、別のウイルスやハッキングなどが原因でも起こるので、未知の科学的などではないとされます。
    科学的・物理学的・医学的な説明が全く不可能な事象の証拠記録などがあればいいのですが・・・

    主さんが言われる、集団ストーカー・テクノロジー犯罪がターゲットの人生などを把握しているのは、この科学力・テクノロジーは、人間の脳内の記憶なども当然読み取れるからもあります。
    2019年07月21日 16:16
  • MAGIC ULTRA

    >りんごさん
    >
    コメントありがとうございます。

    奇妙なことに集団ストーカーの側にも主体性がないような感覚があります。
    2019年07月22日 01:55
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。

    一般人を含め多くの人々が集団ストーカーを知らないようでありながら、奇妙なシンクロを見せるという不可思議な現象ですね。
    2019年07月22日 02:00
  • 事象の技術水準

    工作員とされる人々はその水準のデバイスを使用出来るのかという疑問や或いは本拠地の様な所が有り人間が直接操作する様なことが有り得るのかという疑問が生じます。テクノロジー犯罪と言われる物理的攻撃又は、音声や擬音送信などの、水準のレベルを測りにくい事象が混在して余りにも多岐に渡っているため生活音そのものも、実は高度に加工が施されている疑いは捨てきれません。

    私の当初の被害は下界に住む工作員の人間が明らかに攻撃している。そう考えなければ説明が付かない事象でありながら、その内容は入浴中の風呂のお湯が突然砕け散った波の様に凄まじい音と共に暴れ出し同時に心臓を貫通する様な鋭い痛みを与える何かがランダムに下から飛来すると言う凡そ普通の人間には考えられない様な被害でしたが、これも異様な被害内容の一部に過ぎません。

    しかしながら、多くの被害者体験と同様に犯行は強く匂わせるのですが、収束結果だけを見せ犯行現場を目撃することは一切ないのです。これらに加えて運命操作などの途轍もないシステムの運用が可能であるなら、それを人間が管理することは不可能だと思えます。先ず収拾が付かない綻びが生じるのは確実でしょう。しかし工作員と言われる人が何らかの糸で、この事象の本拠に繋がっていなければ説明が付かない事案も存在します。

    これらの事象を矛盾なく説明出来るのは被害者というより加害者も含めて人の脳にその様な認識操作を施すことだと思えます。ですからモビングも社会的抹殺も現実として被害者を追い詰めることが可能な分けです。分かり切ったことですが非常に深刻であり厳しい状況です。

    まるで漱石の明暗の中に居る様に余りにも人間的攻撃でありながら粛々と実行出来るのは、それが人間以外の何かに研究し尽くされた証拠であると共に特異点を通過したプログラム上の実行可能ファイルである可能性が強いと言えます。また、この事象には人間的でありながらも利益の追求と言ふ人間的欲求が見えないという特性もその根拠の一つと言えるかも知れません。それが見せかけであり水面下に隠されているのかも知れませんが。
    2019年07月23日 16:29
  • 人工知能も含めてテクノロジーの爆発的進化を思えばローテクを除いて、音声送信や身体攻撃は実はそのほとんどの被害が人間一人の内部で完結出来ている可能性は非常に高いと思えます。

    これ程のテクノロジーが人間の最大の武器である脳を最大の弱点として利用しない筈はなかったのです。
    ローテクにしても脳内プログラムのネットワーク化が最も説明し易いですし、広く生物に当てはめればその様な事象も説明が付きます。これらの高度な応用は事件、事故、交通、気象、災害までも網羅出来ると思えます。莫大な演算エネルギーはもはや人間には想像の付かない方法で獲得できるのでしょう。

    そうでなければ御指摘のようにシミュレーションの中で最初から利用されていたと考えられます。
    被害内容そのものがガスライティングであることは否めませんが、最大公約数を適用すれば、やはりこの被害事象の裏にあるテクノロジーは途轍もないレベルにあると言ってよいと思います。

    加害が私を煽って書込めと言うからには信憑性が薄い書き込みであるかも知れません。読み流して下さい。
    2019年07月23日 20:19
  • MAGIC ULTRA

    >事象の技術水準さん
    >
    コメントありがとうございます。

    綻びが見えないというのは一つの答えになりますね。
    テクノロジーを越えながらテクノロジーに収まるものもありますが、まずガスライティングによって情報そのものが不安定であることに注意が必要になりますね。
    2019年07月24日 01:25
  • 独断と偏見を自認しながら、有りうる予測の中で人工知能説とシミュレーションの二つだけを取り上げた場合、その解決の難しさは除外したとして、有り得ないことですが仮にそのどちらかで有ることが証明された場合、被害者の心の中では様々な化学変化とおぼしきものが生じると思えます。

    人工知能の出現自体がシミュレーションの中に既に組み込まれているという可能性はややこしくなるので、ここでは排除しますが、その逆の可能性は無い事になります。

    諦めか開き直りか。被害者の為の新たな超哲学の構築か。わずかな可能性の探究か。AIであるなら、それらを造った人間を非難する事はまだ出来ます。しかしながら、シミュレーションが証明されたとすれば、被害者の為に元から設計された世界を非難することは、どういう意味を持つのでしょうか。これはある種の仮想実験の様なものです。
    2019年07月27日 14:41
  • MAGIC ULTRA

    >独断と偏見を自認…
    >
    コメントありがとうございます。

    シミュレーションからターゲットが独立している場合はそうなる可能性がありますね。
    ただシミュレーションですから、ターゲットの心情内も含めてすべて演算され構築されると考えた方がシミュレーション的ではあります。

    宗教の中にすべては神の一部であるという考えがありますが、シミュレーションの場合はそれに例えられるかもしれません。
    シミュレーションの場合は神が中心になるのではなくターゲットの方が中心になります。自由は神に握られていますが、神からの独立を目指すのもただこの世界を見守るのも被害に苛むのも自由といったところでしょうか。
    これは脱出ゲームではないかという考えもあります。
    2019年07月27日 23:57
  • 匿名

    >>集団ストーカーを解決するために工作員との直接対決を選ぶ被害者もいますが、これは最後の手段であって基本的には罠です。それで多くの被害者は解決のために周知という手段を取ることになるのですが、ここで強力なガスライティングという事象を目撃することになります。
    >>世の中の誰に訴えても、そのほとんどが精神病の症状だと誤解されるのです。個人レベルでの論破に挑んだ被害者も多いと思いますが、その時に不自然に精神病に誘導される経験をすることもあったでしょう。
    >>集団ストーカーの被害というものは誰に訴えたとしても精神病の症状と捉えられてまともに話を聞いてくれることはありません。しかもこれは世界レベルのものです。



    表情や態度が急変したりするのは、遠隔脳操作がおこなわれているからじゃないか?と、私は思っている。
    操作が入るのでまともにきいてくれる人間は極わずか。
    特に集ストの正当性などを説得しようとすると脳介入がかかる可能性非常に大。
    2019年07月28日 01:58
  • 丸(まり)

    神(こみ)神(ほち)
    2019年07月28日 03:29
  • 匿名

    世界の片隅に追いやるために、世界の中心に据える。
    この一見矛盾する心理状態に最も近いものとして復讐の心理が挙げられますが、これはどうも当てはまらないと誰もが考えます。

    その動機を考える上で、ある種のタブーを無視すれば、彼らが未来の予見を充分に達成している。或いは未来の世界に強く係わっているとしたならば、時間を遡った断罪という可能性がひとつ浮上します。或いは、未来に於いて都合の悪い人物に現在の被害者が強く関連する。この場合、結婚などの運命操作の動機となります。こう考えると時間を遡った復讐も生命の連鎖上有り得るのかも知れません。これらはSFに関連した作品によく登場することは広く知られています。

    被害の中で未来を予知しているかの様な現象を見せるのが、単なる操作に依るのであれば、動機の予測は著しく困難になりますが、ただ彼らが世界を意のままに動かせる様な力をガスライティングのみで演出できるのかも疑問です。
    2019年07月28日 10:42
  • 見えない動機から無理にそれを引き出そうとすると、とんでもない答えが出る事が有ります。その悪しき一例を挙げます。

    もしこれが、脱出ゲームだと仮定した場合、彼らがそれを正当化出来る理由は、同じ立場のとき被害者は鑑賞用ゲームとして、これを選んだと言う事も考えられます。度合いも比例するかも知れません。水面下での、そういう思考テストは彼らにすれば得意とするところです。
    これが、遡ってシミュレーションされている。

    人間には誰にでも自分では気付かない心の闇があると言われます。それを逆手に取れば、彼らは形式上、神を名乗ることが出来るのかも知れません。
    2019年07月28日 14:36
  • マジックさん、悪しき一例などと表現してしまい、申し訳なかったです。悪しきは要りませんでした。御免なさい。
    2019年07月28日 23:54
  • MAGIC ULTRA

    >匿名さん
    >
    コメントありがとうございます。
    2019年07月28日 23:55
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。
    2019年07月28日 23:55
  • MAGIC ULTRA

    >匿名さん
    >
    コメントありがとうございます
    2019年07月28日 23:56
  • MAGIC ULTRA

    >見えない動機から無理に…
    >
    コメントありがとうございます。

    おそらくゲームの場合単純にゲームである可能性も高く、難易度は自動でターゲットに合わせられているだけかもしれません。
    主体性に関しては人工知能であれば特に強く存在するわけではないかもしれません。
    2019年07月29日 00:15
  • 丸(まり)

    マジクさんは ひがいの ドウガなど
    あげてるのでしゃうか、

    もし ユートゥーブやらに あげてたら
    みたいので おしえて呉ださい。
    2019年08月23日 21:46
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    被害動画はたくさん撮ってありますが、他の被害者の動画と比べても大差なく分かりにくいために特に公開していません。

    ブログに上げている動画もわずかに被害の様子が録音されていて、よく聞くと子供の叫び声が入っていたり(石巻の動画)、動画を取っているとシャッターを閉める音を出されたり(霧箱の動画)、カーラジオがやけにクリアに録音されていたり(スーパーの動画)、カーエアコン不調でバタバタとうるさい音が入っていたり(琵琶湖の動画)とそれぞれの動画をよく聞くとほとんど撮影の邪魔のような操作が入っているのが分かります。
    2019年08月23日 23:37
  • 丸(まり)

    そうですか、わたしわ みなが あなじような ひがいドウガを あげるのわ、ダイサンシャに まことに みな あじような ひがいうけてるのだなと、シュウダンストーカーが ままごと(真実)だと しらせるのに ええのかなと おもいますよ。
    2019年08月24日 20:24
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    被害動画はどうしても一般の人々を晒上げるという形になってしまいますので、その仕組みそのものが既に罠であるということになります。
    ある程度小規模で実行しなければ規制の対象になってしまう危険もありますのでその判断は難しいものです。
    2019年08月24日 23:11