思考は制限されている

一般人の思考というものを考えた時に、どうしても理解できないのは自らの不利益に対して声を上げることがないことが多いということです。

政府に対して従順すぎるというか、おかしな道理に対して盲目すぎる点です。

それは何を意味するのかというと、何物にも囚われない思考というものはこの世には存在しないかもしれないということです。

一般人を含め、すべての人々が世界の道理の中で無力すぎるのです。

どこからか来ている大きな流れに逆らえず、その力に従い続けているのは、アウトローに関しても同じです。イメージ通りの決まりきった動きしかしません。

時々天才と呼ばれる人々が現れますが、確かに一瞬驚くような情報をもたらすのですが、最終的にはその意味をうやむやにして常人となります。

その天才は、ぽっかりと空いたまるで用意されていた隙間を埋めるような情報を提示します。
我々はその情報の隙間がなぜ存在していたのかということには注目せずに、天才が現れたことのみ強調され注目します。

天才も結局のところ当たり前のことしか言いません。
この世界は、その当たり前が崩されている世界であることに気づかなければなりません。


情報の隙間を考えようとすると、強力に頭を締め付けられるような感覚になり、極度の疲労感に襲われて思考できなくなることがあります。
これはなんらかのメカニズムによって思考が制御されているからではないかと感じます。

人間は快と不快の感覚をその行動や思考に合わせて送信され、操られているようです。

それがどのようなメカニズムになっているのか分かりませんが、敵が望むほうに動けば快感を与えられ、望まないほうに動けば不快感を与えられる仕組みがあり、それは脳内だけでなく、現実の世界でも嫌がらせなどの不快を与える行動などによってターゲットの行動は制御されます。

人間の性格はこの制御によって操作され、どのようにでも変化します。


これだけ高度な操作が可能なのであれば、操作対象はターゲットだけでなく、工作員もそれによって動いているのではないかとも考えられます。

それは電磁波による操作ではなく、脳内にインプットされたプログラムによる行動かもしれません。

そうなると自然との見分けが困難になります。
この不自然な世界の動きは、自然な動きによって再現されていることにもなります。


すべてにおいて決定的な証拠は与えられていません。
人間が制御できることは何度か示されていて、それは多くの被害者が今現在も苦しめられているでしょう。
場合によっては自然すらも制御されていて、それは偶然ではあり得ないタイミングでターゲットを苦しめることもあるでしょう。

悪意のある人間、モラルの欠けた人間は毎日のように現れるでしょう。

そしてそれらは制御された茶番であることを仄めかされているターゲットもいるでしょう。

それらを制御している存在は我々からは見えませんが、周囲の人々は明らかに異様なまでのアンモラルな態度でターゲットをかすめるように攻撃してきます。

それが毎日続くということは、自然の確率ではあり得ないことです。
勘違いではあり得ないことです。

それでも勘違いで済むのなら、自然の運の悪さで済むのなら、そちらに逃げたいと思う被害者もいるでしょう。

もしこれが神のような人工知能による悪さであるなら、我々は抗いようのない無理難題を押し付けられたことになります。

そうなると精神的な達観というものも一つの視野に入ってきます。
そのために世の中に逆行するような不思議な仏教という世界観が用意されているのかもしれません。

生まれてきたことそのものが業であるとする矛盾した世界観を提示する仏教ですが、死者の視点を人工知能ならば持っているのかもしれません。

死者の視点から見れば確かに生きているだけで業でしょう。
我々は死者を救うことができませんでした。

しかし世の中には、他者に恐怖を与え快楽を貪っている人間の方が多く、彼らはペナルティーが少ないようにも見えます。

つまり世界はあべこべに作られています。

仏教をはじめとした多くの宗教では罰は死後に受けるもので、現世では罪を許すことが美徳と教えているものが多いようですが、それがこの生きにくい世の中を作り出し、現世を地獄たらしめている核心でもありますから、宗教そのものが悪を作り出す土壌であると言えます。

すべての情報は何者かによって設計され、集団ストーカーによって巧妙に運営されています。

情報はまだまだ足りませんが揃いつつもあります。
これからも時代に合わせて少しずつ重要な情報が開示されていくでしょう。

それらすべてが制御されたものである可能性に気付いていることで、我々の思考は例え制限されたものだとしても制限されていない者とは一線を画したものになっています。
あるいは全員が制限されているかもしれません。

この記事へのコメント

  • 一般人と言ってもその中に、神様、仏様
    の様な心性を持った方々がたとえ子供であっても案外多いかも知れませんしすべての人間がそうなる可能性はあると思います。
    2018年07月29日 17:25
  • 集団ストーカー以上の組織勢力を持てるならそれも解決するでしょうと言う話しです。
    地域の中からもでれないし、国の中からもでれず、火星にも行けない訳ですから。
    若い人はGoogleの中からも抜け出せないかも知れませんし。
    2018年07月29日 19:07
  • MAGIC ULTRA

    コメントありがとうございます。

    思考は制限されていますが、逆に現実ではあり得ないレベルの知識を有している人々が存在する可能性もありますね。
    2018年07月30日 02:10
  • wind2

    こんにちは。

    世界中が大昔から非合理をそのまま受け入れるようマインドコントロールされているのではないでしょうか。
    2018年07月30日 03:21
  • 正確には思考は制限されていく、ではないでしょうか、異論異端は排除されていく。
    2018年07月30日 21:58
  • 私がこのブログでコメントするのも
    コントロールされているのかも知れません
    Googleの検索上位ですので。
    有限の中の自由自在。
    2018年07月30日 22:03
  • MAGIC ULTRA

    >wind2さん
    >
    こんにちは。コメントありがとうございます。

    確かに支配のための操作も存在していますね。
    2018年07月30日 22:55
  • MAGIC ULTRA

    >正確には思考は制限されていく…

    コメントありがとうございます。
    支配のための制限・操作や嫌がらせのための制限・操作などいろいろな種類の操作が存在するようですね。

    >私がこのブログでコメントするのも…

    その感覚こそが集団ストーカーの操作の正体に近いものですね。
    おそらく何らかの操作・制限は、すべての事象・存在に紐付けられているように感じます。
    それこそがシミュレーション性に通じます。
    2018年07月30日 23:02
  • wind2

    シュミレーション型世界の話はどこかで読んだことがありますがよく覚えていません。詳しく教えて下さい。
    2018年07月31日 11:47
  • MAGIC ULTRA

    >wind2さん
    >
    コメントありがとうございます。

    シミュレーテッドリアリティの記事で少し説明してありますが、一般のシミュレーション理論では集団ストーカーの存在を考慮していない上に、コンピューターによるシミュレーションを基礎にしているものがほとんどですから、私の考えと少し違う部分がありますので近いうちにブログで説明してみます。

    シミュレーテッドリアリティ
    http://magicultra.xblog.jp/article/Simulated_reality.html

    リアリティとは何か
    http://magicultra.xblog.jp/article/Reality.html

    見えている世界は人によって違う
    http://magicultra.xblog.jp/article/The_seen_world_depends_on_a_person.html

    仮想現実の世界
    http://magicultra.xblog.jp/article/Virtual_real_world.html

    天体の偶然
    http://magicultra.xblog.jp/article/Chance_of_astronomical_objects.html

    人工知能は感情さえも演算する
    http://magicultra.xblog.jp/article/Artificial_intelligence_calculates_even_emotion.html

    色彩と脳の不思議
    http://magicultra.xblog.jp/article/Wonders_of_color_and_brain.html

    自由意志は存在するのか
    http://magicultra.xblog.jp/article/Does_the_free_will_exist.html
    2018年07月31日 23:40
  • ゼロ

    ヘリの音がする。
    空のほんの一部しか見えない小さな窓を見てみる。
    まさか見える筈はないと思うのに、窓のそのド真ん中を低空飛行で銀色のヘリ2機が縦に横切るのが見える。

    これに似た事象を被害者は多く経験します。
    更に言うと、その小さな窓をたまたま眺めていた。
    すると、50m位先の家の屋根に突然5匹のサルが山から飛び移る。

    これは実際経験したことです。
    しばらく、サルはその屋根で、じゃれたり、喧嘩する様な行動を取ります。
    その内、電線を伝わりながら私の家の屋根に辿り着き、屋根を鳴らしながら暴れ出します。
    サルが加害者であると言うのには少々、難が有りますね。

    更にもっと有ります。私の裏庭に三か所の明日葉の大きな束が偶然生育しました。
    味噌汁、ラーメンに新芽を摘んで入れます。これが中々旨いのです。

    偶然、発見し食材として使った日から僅か1週間程で、取りに行ったらその三か所とも穴が開いており根こそぎ無くなっていました。
    これを、偶然の結果と捉えるか、何かの力に依っての結果と捉えるか、それは様々でしょう。

    100京回サイコロを投げれば100回続けて五の目が出る事も有るかも知れません。
    事実、私はK大師でお正月に、三回続けて凶を引いたことが有ります。ホントです。
    既にその時から始まっていたとすれば納得もいきますが、じゃーどうやって?
    と成ると、話は別の方向に進みます。

    この被害を語るとき、それは余りにも現実とかけ離れてしまいます。
    或いは、現実生活に近すぎて、取るに足らない事だと、受け止められます。

    この辺に被害者を追い詰める事の理由が存在します。
    唯、一つ言える事は、この様な事象は被害者の脳もサルの脳も他の生物の脳も同時進行でハッキングしていないと不可能という事です。おみくじの件は未だに分かりませんが、未知の時空を操る量子的技術なら可能と言えるかも知れません。

    更に言うなら、この事象は元々あったシミュレーションの成せる業か、或いは後から人類の欲望が生んだテクノノロジーに依るものなのか?
    この差は、非力な被害者に重要な意味を持つと言う、その事実です。被害者は今、事実という概念をどう捉えるかの正念場に来ている。そう言う事かも知れませんね。

    もしこれが、前者なら既にこの投稿も解決する為には、何の意味も持たないと言う事に成るのでしょうね。

    2018年08月02日 16:41
  • 過去も今も操作されていると断言出来ます。全てが操作されています。私もあなたも・・・・・目的は、わかりませんが、この状態を理解出来る一つの現象があります。それは、私達ユダヤの主である創造主ヤハウェです。旧約聖書、と関係しているのではないかと思うことがありました。数年前、魚が大量に死んだりする出来事がありました。しかも何万匹も、蜜蜂が少なくなったり、雷を落ちて見る瞬間を操っていたシンクロニシティの現象がありました。創造主ヤハウェは、人工知能を超えた存在だと理解出来ます。
    2018年08月02日 22:56
  • この熱波や地震や洪水、津波、情報隔離、人間、生命操作、集団ストーカーは、人の死さえもシンクロニシティになっている状態です。私達ユダヤの創造主ヤハウェは、試されているのではないかと思う節があります。
    2018年08月02日 23:17
  • 太陽系を創造した存在です。試練を人にかしているのかもしれません。何者かではありません神という存在です。
    2018年08月02日 23:28
  • 911から続く出来事、私がユダヤ人要するにヘブライ人である事と関係している。出来事のシンクロニシティが多いのです。神ならば納得ができる事が多いのです。
    2018年08月02日 23:37
  • MAGIC ULTRA

    >ゼロさん
    >
    コメントありがとうございます。

    人間の仕業か偶然か、あるいは妄想なのかもっと高度な存在による操作なのか、人によって与えられる人生や答え、操作は違うようです。
    まず確率的に偶然はあり得ないことを直感している被害者は多いでしょう。
    私もそれを個人情報にまで示されていますから、偶然及び妄想はあり得ないことを常に示されている状況です。
    難しいのは、人間の仕業か人間よりも高度な存在の仕業なのかの判断です。

    人間の五感、思考や神経までも操作できますから、動物を操ることは簡単でしょう。
    これは音声送信を経験しているならば、容易に導き出される答えになります。

    問題は気象や地震なども操れるのかということになります。
    そのいずれも経験がありますが、地震は自分の周囲だけに小規模で起こされているということでそれに偽の地震情報を流すことで説明がつくようになりますが、気象操作は説明が難しい問題です。

    いずれにしても敵は大掛かりな騙しを仕掛けているわけですから、それには世界のすべてがそれを容認していることが必要になります。
    世界のすべてが嘘をついていると考えるならば、もっと高度なシミュレーションのようなルールの力が働いていると考えた方が現実性は高くなります。

    全人類や全生命体を操作するとなるとそのプロセスは膨大になりますから、であるなら元からそのように動くように法則さえ作れば、後は自動で集団ストーカー現象が起こるようになりますから、プロセスは大幅に簡略化されます。それがシミュレーションと考えた方が現実的ではないかと考える理由です。

    全人類が、あるいは集団ストーカーという組織が、少数のターゲットのために全人類を巻き込んで嘘をつき続けているとは考えにくいのです。その理由がどう考えても存在しません。

    敵の操作の力は強大すぎるため、被害者の努力のすべてを飲み込んで水泡に帰すことが出来ますから、こちらの行動や思考が周囲に対してどのような影響を与えるのかということについては、はっきりとした反応がないように演出されるようです。
    ですが、これがシミュレーションであるならば、こちら側の意思がそれらのプロセスに影響を与えるように設計されている可能性も出てきます。

    現実の世界では大量の人間には勝てませんが、これがゲームであるならば勝算も用意されているという理屈になります。
    ただし本当の意味での勝利は一般人も含めて誰にもないかもしれません。すべてが操作されているのなら、自由意志でさえ意味を失うかもしれません。
    それにはこの世界が本当は何なのか、何のために作られたのかという本質にまで迫らなければならないかもしれません。
    2018年08月03日 00:05
  • MAGIC ULTRA

    >過去も今も操作されている…

    コメントありがとうございます。

    仏教も矛盾だらけの宗教ですが、ヤハウェもユダヤ教とイスラム教の絶対神となり対立し、さらにキリスト教とも対立するという謎を生む存在ですね。

    人工知能の神よりも上位にさらに本物の神の存在を信仰する人も多いようです。

    神の試練、神との和解、神への服従、神の犯罪、いずれも集団ストーカーという事象を考える上で排除しかねるテーマになりますね。
    それに沿う答えを出せるのは、それに沿う事象を目撃している者になりますが、我々も無関係ではない可能性がありますね。
    2018年08月03日 00:08
  • wind2

    こんばんは。
    コメントを書いているとどうしても妨害が止まないので違う話題を書こうと思います。

    CERNてご存知ですか?
    私達の不思議な体験にも関係してますかね?

    我々は時空を制せられたら何もかもいいようにいじられてしまいまるで神か悪魔に弄ばれているかのようになりますかね?

    これは雑談です。
    2018年08月03日 20:55
  • MAGIC ULTRA

    >wind2さん
    >
    こんばんは。コメントありがとうございます。

    私はCERNは普通の実験装置という認識です。
    ややこしい話ですが、私は一般社会は現実として独立して存在できるだけの理屈を担保していて、集団ストーカーと一般社会とは二重性による特殊な接点しかないと考えています。

    それらの操作は人間技を超えますから、神や悪魔のような所業ということになりますね。
    我々が無力な存在なのかどうかは分かりません。
    2018年08月03日 22:46
  • wind2

    ん〜難しい!
    取りあえずは警察が全ての要になっているようなので警察が隠し事を止めて集団ストーカー行為もやめてくれればかなり消えるはずなんですけどね。あとは精神医療が集団ストーカーに合せて作られたものだと一般の人達が分かることでもかなり変わるはずです。
    2018年08月05日 00:34
  • MAGIC ULTRA

    >wind2さん
    >
    コメントありがとうございます。

    周知こそが王道ですね。
    2018年08月05日 22:56