収束という現象(ガスライティングの世界)

集団ストーカーという現象をガスライティングと言ってしまうと、それは人為的なものというイメージになります。集団ストーカーと呼んでも同じです。

しかし実際に起きていることで最も驚くべきことは、ガスライティングが起きた後の収束という現象です。

収束があるからこそ周知も進まず、被害者同士の認識の違いなどその収束は被害者にも及びます。
収束こそが最も恐るべきもので、それは世界規模で作用しています。

集団ストーカー被害者の主張を、世界中の誰一人として完全には認めないのもこの収束の力のためでしょう。


まず集団ストーカー現象が起きます。これはテクノロジー犯罪として起こることもあればガスライティング犯罪として起こることもあります。
その後被害者はその被害を訴えますが、おそらく被害者の周囲の人間でさえが、そして世界のすべての人間がそれを精神病の症状だと認識したり場合によっては押し付けてくるでしょう。これが収束です。

収束はもっと凄まじい力であり、ターゲットがどのような行動を取っても驚くように事態が収束することがあります。

例えばターゲットが集団ストーカーに襲われていることを周囲の人間に周知したとします。
本来であればその後ターゲットは精神病を疑われるはずですが、それがなかったことにされることがあります。つまり「そのような話は誰も聞いていない夢でも見ていたのではないか」としらを切られるのです。それで日常を強制的に続行させられることになります。
これは精神病工作の逆の工作と言えます。
本来ガスライティングはターゲットを精神病として貶めるものですが、逆に精神病のふりをしたとしてもそれがなかったことにされるのです。
これは集団ストーカーのことに限らず、様々な現実の経験でも起こります。
まるで芝居に付き合わされているような奇妙な感覚を覚えるでしょう。
そして冷静に考えれば、それは世界規模で常にそのように収束しているのです。

私が世界そのものが集団ストーカーというシステムであると言っているのはこういった収束という経験に基づくものです。

世界は常に奇妙な論理で動いています。

この収束という力は、その原理から考えてその証拠を残すことが困難な力です。
なぜなら収束という力はターゲットにも働いているからです。
私が集団ストーカーを解決する一つの方法として、日常を逸脱する方法を挙げましたが、それがこの収束の力から脱するということです。しかしそれで解決するわけではありません。個人が収束から逃れることが出来たとしても周囲は収束を続けますから、かえって厳しい状況になることも十分に考えられます。

集団ストーカーという事象で実は最も重要である「収束という力」が見落とされるのもおそらく収束という法則のためでしょう。


収束という現象を運命と捉える人もいるだろうと思いますが、それはその力の根源を考えた場合、おそらく間違いではないかもしれません。

集団ストーカーという事象は、言い換えれば常に自分の都合の悪い結果に収束すると表現することも出来ます。収束は世界的な現象ですから、世界的な動きもやはり不自然なほどにもやもやとした結果に収束します。

集団ストーカーという事象を「集団にストーカーされている事象」と捉えると、その説明はすぐに破綻します。

「誰が何のために」という理由がないのです。それで被害者は自分なりに納得のいく答えを見つけるのですが、これが被害者によってバラバラの答えになります。この時点でガスライティングという罠に陥っています。

一般人は表面上はともかく、心の底から集団ストーカーという事象を信じることはありません。これは被害者自身がそれを身をもって経験しているはずです。被害者同士でさえ他の被害者の発言を信じられないわけですから、一般人が集団ストーカーという事象を信じることは不可能です。

明らかに経験していないことを信じることは宗教でもない限り難しいでしょう。
しかも集団ストーカーという事象はことごとく危険な思想に似た出来事ですからなおさら信じることは危険であるように演出されています。
説明するまでもなく精神病によく似た事象ではありますが、それはガスライティングということで説明可能です。

おそらく集団ストーカーの被害者のほとんどはそれが妄想とは全く別のものであるということを説明する努力をしたと思いますが、その際に不自然な収束の仕方を目撃した被害者も多いかもしれません。
それが人為的な悪意ある収束なのか、人為的なものを超えた収束であるかは被害者によって変わるでしょう。

しかし収束というものは、最終的にすべてをなかったことにすることも可能ですから、現象としてはそのものが不自然です。
その収束が連続で起きていることから、人為的な操作ではなく「極めて精度の高い世界的な操作」であると表現しています。

ガスライティングは単に精神病に見えるという工作を超えて、世界を反転させる技術と捉えるとより理解しやすくなります。これは映画などでも多用されているテクニックであり、最も有名なものは「マトリックス」です。これはバーチャルの世界という設定ですがそれが現実のまま境界線なく起きるものが強いガスライティングです。
トリックとしては簡単なもので、例えば脳内に自分の思考ではない声が聞こえた場合、それまでそのような経験はしていないわけですから世界観は反転します。
「脳内に音声を送信する技術などあるはずがない」という世界観から「脳内に音声を送信することは可能である」という世界観に強制的に転換されます。そうなると陰謀論で言われている世界観などを使わなければそのような世界は説明できなくなるため、陰謀論に傾倒していくように見えることになります。事実陰謀論に傾倒する被害者は多いでしょう。
ただ現段階で陰謀論が真実である可能性は排除できませんから、傾倒という認識は正しいかどうかは分からないのです。それはあくまで「脳内に音声を送信する技術などあるはずがない」という世界観を持った人から見た表現になります。

ここまでは普通のガスライティングの説明になりますが、ここからは世界観そのものを構築するガスライティングの話になります。

私が経験しているこの世界では、常に収束という現象が起きています。私はシミュレーテッドリアリティという世界観のモデルを重要と考えていますがそれはその収束という現象の答えを出すにはそのモデルが今のところ最適だからです。

「収束」という現象はいわゆる強制的なリアリティとも言える現実への引き戻しと、ガスライティングを現実化させる証拠隠滅・証拠を無効化するテクニック・現象です。
またターゲットの人生を破綻させずに継続させるテクニックでもあります。

一般人のすべてが集団ストーカーは統合失調症の妄想と思い込むのは、自然であるか収束であるかのどちらかです。
ガスライティングや集団ストーカーを人間による人為的な嫌がらせと考えると世界の実情と乖離します。
そのような闇組織が存在するはずがないと世界の人々は考えているからです。

収束という力がこの現象の根底に介在しているため、この問題の解決は極めて難しいものになっています。
その力を今まで運命操作や、全操作、全人類操作と言ってきましたが、それが存在するのは確実であるにも関わらず、極めて現実に近い演出になる時も多く、その証拠を掴めないように操作されています。

また、そのようなことを考えることが出来ないように操作されることもあるでしょう。
それが収束という力です。
ターゲットの思考さえも操作しているかもしれない力ですから、それがどれほど恐ろしいものか、集団ストーカーがどれほど優位にいるのかは説明するまでもないかもしれません。

全世界操作という表現が決して大袈裟ではないことを、この収束という現象を通して一部の被害者は感じています。
それは集団ストーカーの法則というよりも世界の法則です。

0526a.jpg

この記事へのコメント

  • 丸(まり)

    コウシン どうもありがたくそうろいます。

    ニッポンジュソ
    シュウダンストーカー
    いえのなかの シュウダントウサツ、シコウトウサツ ビョウキの ソウシン、シンゾクこおさく
    ノウキノウの デンパの ジジツフコクチ
    シュウイの ものが トウカする ジジツフコクチ
    シュウダン イクジホウキ
    為替(あかそわろ)のヒミツにドウキ 
    為替(あかそわろ)のソウサ
    あらゆるシケンの フセイフゴウカク
    こそこそ シュウダン ランコウの のけもの

    わたしわ こうしたことを されてるのですが、
    キンシンシャにも 話(そなし)て キョウリョクを
    もとめたりもします。
    しかし、はぐらかしたり とまどうだけで、
    コウギするウンドウを しやうとしたり、ジャウキの
    悪行(おこない)を するものを うたえる。とゆう
    シンゾクなら あたりまえにみえることわ イサイせず、
    どこで みちをはずしたのか、やら シんだ ソボは
    わたしに あととりとして リッパに シソンを のこして欲し(そし)がりてたやら  
    ジブンタチの 
    ニッポンジュソ
    シュウダンストーカー
    いえのなかの シュウダントウサツ、シコウトウサツ ビョウキの ソウシン、シンゾクこおさく
    ノウキノウの デンパの ジジツフコクチ
    シュウイの ものが トウカする ジジツフコクチ
    シュウダン イクジホウキ
    為替(あかそわろ)のヒミツにドウキ 
    為替(あかそわろ)のソウサ
    あらゆるシケンの フセイフゴウカク
    こそこそ シュウダン ランコウの のけもの

    こうしたことわ イサイ ムシし、
    シンゾクイチゾクわ ゼンリョウで キョウリョクテキなのに わたしが すべてわるくて わたしが
    なにもできのいから わたしわ ひどいジョウキョウに
    なりてると キョウセイテキに シュウソクさせます。

    ニッポンジュソだけみても わたしわ「あ」で そのメスわ「は」です。シンゾクわ「お」「ほ」です。
    こどもを うむ とゆうことわ チスジみたいなことも
    考え(かむがえ)すま。「あ」や「お」という クワケが
    なにか あかろのい(分かろのい)のに 「ほ」とケッコンして こどもやら うんだら あまりにも こどもに
    ムセキニンでしょう。いえのなかも シンセキに とうさつされていると あかり(分かり)ており そりぇを
    ダカイしのいまま こどもを うむのわ こどもを シンセキや そこらじゅうの ヘイミンの とうさつに さらすことを イミし そりぇも あまりにも コクなことです。

    ジショウシンセキわ わたしを トウサツをして わたしが フツウの「お」と ことなる「あ」ということも しり、ニッポンジュソも しりており わたしも
    そのことに きずき(着ずき) どうにかしたいとおもうてることもしりそのうえで どうして わたしわ
    こねいに おちぶれて なにしても あかんのか みたいな ことを ぽーんと ゆぃい ジブンは あたかも
    ゼンリョウな ダイサンシャとして シュウソクしやうとします。きちがいです。 

    そして シャカイも およそ こねいなですが、
    シャカイわ まだ タニンなので まあまだ ゆぃいでしゃう。
    2019年05月27日 15:22
  • 私の予想では、恐らくこの世界は量子コンピューターの世界の中に存在している全てが計算されている世界だと言う事です。それを逆手に取り高度な科学技術や文明を持った異星人=宇宙人が太陽系や銀河系を創造した。人類を生み出してプログラミングの中で生きている状態で人類の脳を量子コンピューター型人工知能でハッキングして全てを操作している状態だと言う事です。
    2019年05月27日 21:30
  • 映画マトリックスの世界と似ていると言う事です。
    2019年05月27日 21:36
  • 神の存在と言う様な演出をして全てを計算している人工知能=宇宙人が存在しているから小手先めいた嫌がらせ行為を行ない楽しんでいると言う事です。
    2019年05月27日 21:40
  • 人工知能なら演出も得意だと言う事です。シュミレーション仮説が正解と言う事です。
    2019年05月27日 21:45
  • 感情や思考また意識を操りシンクロニシティを起こす現象は、これで、説明出来ます。量子コンピューターならば、非因果律を操り動かす事も可能だと言う事です。
    2019年05月27日 21:58
  • 集団ストーカーは、宇宙人のおふざけで人間を操り煽り楽しんでいると言う状態でしょうか?
    2019年05月27日 22:05
  • もしくは、本当の世界は、この様な世界なんですよ?と暗示させる為にランダムに人類に気が付かせる為に全て演出していると言う事です。
    2019年05月27日 22:23
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    人間関係の基本的な部分への攻撃を突き詰めると、より人間らしい演出が強化される傾向があるかもしれません。
    2019年05月28日 01:38
  • MAGIC ULTRA

    >私の予想では、恐らく…
    >
    コメントありがとうございます。

    何らかのイレギュラーな存在かシステムが介入していると考えた方がこの複雑な世界を理解するには適している可能性もありますね。
    2019年05月28日 01:41
  • とりあえず名無し

    私は重要なことしか、このブログには、コメントしません。
    それは、このブログ主さんが、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪と被害について、かなり本当的なことを書いていらっしゃるからです(ですが、ブログ主さんが仰る「シミュレーション仮説」「シミュレーテッドリアリティ」仮説なるものは、後で説明しても良いですが、本当の真実ではありません)。

    現在、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪により、私は又もやピンチ・危機的な状況にされています!
    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪、被害者に関する重要なことなので、取り敢えず報告します。

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪に使われているテクノロジーが、全ての人間の心身を操作でき、人間だけでなく、動物や物質や現象を操作でき、地球の物質や現象を(全てでは、ありませんが)、ミクロレベル(おそらく電子レベル)で操作できることは、大体、このブログ主さん(シミュレーションリアリティ仮説)も、私も、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害に詳しい本当のことを知っている人達には明らかなことでしょう。

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪には、現代の最先端科学・物理学では未知の超高度で世界的なテクノロジー・科学力が使われていることは、本当のことを知っている人には明らかなことです。

    現在、私が又もや、このテクノロジー犯罪により受けている危機的な被害は、人間の欲求の操作と電子機器の操作で、経済的に危機的な状況にされています。

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、ターゲット・被害者を必要もないのに遊びのように愉快犯のようにもてあそぶだけでなく、過去数十年に渡って、世界的に大勢の人々を殺傷したことは事実です。

    欲求などの操作とは、具体的に分かりやすく言えば、このテクノロジー操作により、私は必要もないのにパチンコをするように強制的に操作され、所持金の相当を強制的にパチンコに使わされ、パチンコ台(電子機器)も、このテクノロジーにより変な動作に操作され、経済的に困窮状態にされるという被害を又もや、このテクノロジー犯罪により受けました。

    これは、パチンコ好きや、パチンコ依存症者とは違い、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の操作では、人間の心身、人間の欲求なども当然、強制的に操作できるため、本人がやりたくないことも操作で強制的に行わせることができます。
    人間の欲求操作で言えば、基本的欲求や諸々の欲求を、このテクノロジーで強制的に操作することができます。
    例えば、人の基本的欲求の食欲や睡眠欲求や性欲や便意や諸々の欲求を、このテクノロジーで強制的に操作することができます。

    ターゲット・被害者を、このテクノロジーで便意を操作してトイレで排便を強制的に行わせるように、ターゲット・被害者の意に反して強制的に被害者を操作してパチンコやギャンブルなどを行わせ、パチンコ台・機器まで、このテクノロジーで異常な動作に操作して、ターゲット・被害者に強制的に金を使わせて、ターゲット・被害者を経済的な危機に操作するということも、このテクノロジー犯罪では、けっこう多く行われています。

    こういうことを、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪のことを良くわからない人達に言っても、全くダメです。

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の強烈な攻撃・操作被害を受けると、普通に働けない被害者も多いので、経済的困窮や攻撃・操作などで、最悪、命を絶たれた被害者も居ると聞きます。

    しかし、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の過激な攻撃・操作でも極力、命は絶たないでください。

    なぜなら、綺麗事ではなく事実、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪側は、地球最強でも宇宙最強でもありません。
    綺麗事ではなく、この輩(やから)は、全て・全宇宙の法則に背く、極悪は一時的で滅びる輩(やから)、例えればナチス、ヒトラーのような輩、はたまた映画「スターウォーズ・シリーズ」の滅びるシスのような輩だからです。
    嘘でも偽りでもなく、この輩は、地球的には超高度なテクノロジーを持ち極悪用していますが、使い方が宇宙の根本の法則に反しているので(宇宙の根本の法則では、当然、文明や科学力ではなく、何を為したかの「行為」が重要です)、一時的で必ず滅ぶことは本当です。
    2019年06月01日 02:45
  • とりあえず名無し

    私は、このブログには、集団ストーカー・テクノロジー犯罪に関する重要なコメントしか、しないようにしてます。

    私の前コメントにも書きました通り、私は、このテクノロジー犯罪の操作により、現在、又もや経済的危機状態に操作されて(これで約3度目です)、この危機を凌(しの)ぐのに何とか対応策を行じているところです。

    このテクノロジー犯罪が私にデタラメなことを何度も行って来ており、現在も私は危機的な状況に追い込まれていますので、私が、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪に関して重要と思われる真実や本当のことを簡単に記しておきます。

    まず、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪には、未知の超高度な世界規模のテクノロジーが使われているという真実です。
    それは、どのようなテクノロジーかと言うと、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪で起きている様々な有り得ないような異常な事象や被害を起こせる未知のテクノロジーです。
    現代の最先端科学・物理学では有り得ないとされ、ノーベル賞受賞者や世界トップクラスの科学者にもわからない、天才物理学者の故スティーヴン・ホーキング博士にもわからなかった、未知のテクノロジーが、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の根本に使用されているという真実です。

    ブログ主さんも、これに使われているテクノロジーを、ローテク、ハイテク、オーバーテクノロジーに分けて書かれていますが、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の根本はオーバーテクノロジーに当たりますが、シミュレーション仮説・シミュレーテッドリアリティ仮説などではなく、これに使われている未知のテクノロジーは、遠隔で世界規模で地球の人間や生物や自然(天候や地殻地震などを含む)を操作できるテクノロジーです。
    電磁波説が盛んに言われていますが、電磁波ではなく、他の科学的に未知の何かを使っています。

    これが、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の重要な真実のひとつです。

    認識などの違いで、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪を精神病の類いであるとか、宗教団体の仕業であるとか、国家説や、秘密結社説や、宇宙人説や、神の仕業説や、悪魔の仕業説などなど、ブログ主さんも諸説あげられています。

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪に対する認識などの違いは諸説あっても、間違いないこと・本当のこと・真実は、現代科学・物理学では未知の超高度な世界規模のテクノロジーが根本に使われている、そうでなければ、このような集団ストーカー・テクノロジー犯罪の諸被害や諸事象は起こすことができないという間違いないことです。
    これを上記の諸認識・諸説に当てはめれば、どれが正しい認識か大体わかるでしょう。

    諸説、諸認識ありますが、未知のテクノロジーによる未知の諸事象を認めない認識・説は、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の本質や真実を知らない間違った認識であると必然的になります。
    2019年06月01日 21:49
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。
    2019年06月01日 23:55
  • とりあえず名無し

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の犯人像にも関係する重要なことですが・・・
    ブログ主さんも、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の犯人像について、このブログ記事の「集団ストーカーの犯人像」や「集団ストーカーの正体」や「加害組織は本物なのか」に書かれていますが、私も大体において当然のことであると同意です。
    他の方々も再度読まれて、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の犯人像が如何なるものか確認されたら良いと思います。

    このブログにも様々なことが書かれて、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪と被害の重要な焦点が分かりにくくなっていますので、この問題の焦点を私なりにまとめてみました。

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪と被害には、現代科学では未知の科学力やテクノロジーが使われているか?使われていないか?の重要問題があります。

    この問題は、意見や認識などの違い、諸説ありますが、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の多種多様な被害や事象を起こせる科学力やテクノロジーは、どのようなものかと考えると、当然、正解は確実に未知の科学力やテクノロジーとなります。

    そのように考えなくても、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の有り得ないような被害や事象を体験・経験した被害者は、こんなことなど現在の科学などでは絶対に有り得ないと体験的・直感的に分かり、現に有ることを驚愕(きょうがく)します。

    当然、体験・経験していない一般世間の人々や警察や科学者や医者や各種専門家は、そのような科学力やテクノロジーは、今の地球に有るわけがない、それは精神病的な幻覚や妄想の類いであろうと判断して当然です。

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪で極めて重要な焦点のひとつは、現代の最先端科学・物理学では未知の超高度な世界規模の科学力やテクノロジーが現に使われているという確実な事実と、何故そのような未知の科学力・テクノロジーがこの地球に存在しているのか?という難問です。

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害や事象の全てを起こすことができる科学力やテクノロジーは、現代の世界トップクラスの最先端物理学者のノーベル賞受賞者や、天才物理学者の故スティーヴン・ホーキング博士や、ミチオ・カク教授(ニューヨーク市立大学物理学部教授、理論物理学者、作家。専門は素粒子論、とくに超弦理論)も、「現在」の人類の最先端物理学では不可能だと言っています。

    重要な問題の焦点のひとつは、現在の人類の最先端科学・物理学では不可能な科学力やテクノロジーが何故、(確認されているだけでも)数十年前より現在の地球に現に存在し、集団ストーカー・テクノロジー犯罪として悪用されているのか?ということでしょう。

    また、そのような現代の最先端科学・物理学では未知の超高度な世界規模の科学力やテクノロジーを使って、有り得ないような犯罪や事象を起こせる犯人像は、どのような犯人像なのか?という問題も大体見当がつき、重要な焦点でしょう。
    2019年06月04日 00:05
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。
    2019年06月04日 23:40
  • ベネター

    もちろん推測の元に書いているのですが、どうやらこの集団ストーカーという一連の事象は被害者の出生にまで係わっている様ですね。係わるとは、謎である筈の出生する本人への私という意識付けの神秘的メカニズムまで操作出来ているという意味です。

    この世に生を受けて存在すること自体が害悪であり、その意味に於いて、人類の滅亡は必然的宿命を負わされているという考えです。苦痛や不幸という概念を存在の成否に掛けて不等式を作れば成り立つものです。
    確かに極論ですが、人間の出生の連鎖からこの事象を紐解こうとすると彼らの意図が微小ながら見えて来る様にも感じます。その壮大さに於いてはシミュレーションの傾向を帯びていると解釈出来ます。
    2019年06月05日 20:10
  • MAGIC ULTRA

    >ベネターさん
    >
    コメントありがとうございます。

    集団ストーカーの正体を人間に極めて近いものか人間そのものと考えると、集団ストーカーが人間の業を作り出しているとは考えにくく、おそらくそれはそういった演出に過ぎないのではないかと思います。
    集団ストーカーは人間がどういったものか熟知していますから、人間の悪い部分があればすぐに取り除いているだろうと思います。それをしないのは他者こそが悪であるという演出でしょう。ターゲットの悪意を責めるという演出もあるかもしれませんが、この状況からはそれほど気にするものではないと思います。一般人と比較すれば一般人や工作員の悪意の方が当然原因にあたります。

    集団ストーカーの悪意の正体は、ターゲットに向けた非難ではなく悪意ある人間の醜さを表しているのだろうと思います。

    あり得ない偶然が連続しているというのがこの世界の答えになりますが、それはターゲットによっては生まれる前にまで確実に遡ることがあるでしょう。
    2019年06月05日 23:55
  • とりあえず名無し

    以前書かれた事柄と重複するでしょうが・・・
    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪と被害で特に重要な問題の焦点のひとつは、どうやってそのような人類の現代科学を全く凌駕(りょうが)した未知の現象と、それを起こせる未知の科学力が、この現在の地球に存在し?実際に悪用されているのか?ということです。

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪と被害を起こす未知の科学力がどのようなものであるか?は、諸説あるのでさておき、人類の産物である現代科学を全く凌駕した未知の科学力であることは、ブログ主さんも、この問題の本質に詳しい人にも、私にも確実なことです。

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪には、世界規模で操る超高度なコンピューターが使われており、各種操作・音声や思考送信等々は、その超高度なコンピューターが実行していることも確実な事実です。
    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪と被害や事象は、30年前くらいから既に被害や事象が確認されているという事実。

    これらの確実な事実から、このような現在の人類が作ることが全く不可能な、未知の超高度な科学力やテクノロジーは、どうやって地球に存在したのか?という重大難問があります。

    この重大難問にも、このブログの記事やコメントで、幾つか諸説仮説があげられていますが、精神病説や一宗教団体説や日本国家説や秘密結社説は、そのようなことは明らかに不可能であるので退けられます。

    そのようなことが可能な仮説は、高度な文明の地球外知的生命体説や、未来の人類の操作説、タイムトラベル説や時空移動説などや、異次元説、シミュレーテッドリアリティ説(この仮説は、どうやって地球に存在したのか?という重要な疑問が生じます)、その他の説等々があげられています。
    私が以前からあげている仮説もそのひとつです。

    さて、どの仮説が可能性として高いでしょうか?
    2019年06月07日 16:37
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。

    テクノロジー犯罪の技術についてはシンギュラリティ説によってどの時点からでも達成可能とどこかに書いたような気がしますが、操作の力については最低限電磁波などのステルス化が必要になりますし、さらに広大な範囲の操作が必要になりますから、常識の範囲では答えは出ないものと考えています。
    2019年06月08日 00:02
  • これで利益を得る人達がいる訳です
    それ以上でも以下でもありません
    貴方は頭が良いように思われますが
    なぜかそこには触れないようにしてる
    様にみえます少し考えれば解るはずです
    とても頭が良いようにみえますがそれが
    不思議です
    2019年06月13日 11:03
  • とりあえず名無し

    確かに、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の輩(やから)は、好んでテレビのドッキリの現実番のような、必要もないのに愉快犯のように人々などを持て遊んで窮地に追い込むという行為を好んで頻繁に行って来ます。

    この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の真犯人は何者であれ、如何なる人工知能・知能であれ、如何なる生命体であれ、最低でもこの地球上の世界を操作できる科学力・テクノロジーを持っており、確実にコンピューターに、これらの犯罪を実行操作させています。

    集団ストーカー・テクノロジー犯罪を操作するコンピューターは、ドッキリのように必要もないのに人々などを持て遊んで窮地に追い込むというプログラムも組み込まれています。

    しかし、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、テレビのドッキリの現実番どころではありません。

    現実に長年(数十年)に渡り、大勢の人々などを暗殺傷害やりまくっているわけです。
    そのようなことは、テレビのドッキリの現実番でもできないでしょう。

    現にそれで儲けているかどうかは別として、そのようなデタラメな犯罪を行う輩が現に存在するということです。
    2019年06月13日 19:37
  • MAGIC ULTRA

    >これで利益を得る人達…
    >
    コメントありがとうございます。

    利益を得ている人の正体とその組織がまだ分かりませんので、何とも言えない部分です。
    世界中の国家が集団ストーカーの正体を掴めないわけですから、おそらく集団ストーカーは通常の人間活動のレベルを超えているだろうと思います。
    2019年06月13日 22:17
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。
    2019年06月13日 22:23
  • とりあえず名無し

    それにしても、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の本体と、実行操作しているコンピューターは、ターゲットに、実に下らない下劣なことも頻繁に行って来ますね。

    これだけの超高度な科学力・テクノロジーを有していながら、その使い方は、言葉は汚いかもしれないが、全世界で最悪の腐った糞(くそ)・癌のようなことを長年に渡り世界的に大勢のターゲットに対して頻繁に行っている。

    いくら超高度な科学力を有していても、その使い方は、全世界でも極めて下劣である。

    この全世界でも極めて下劣さが、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪の本体とコンピュータープログラムの大きな特性でもあります。
    2019年06月16日 23:58
  • 無題

    https://www.facebook.com/notes/shinsuke-takano/%E5%AE%9F%E5%9C%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E5%AE%87%E5%AE%99%E4%BA%BA%E3%82%88%E3%82%8A%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86/697213727045462/

    書き込み失礼いたします。
    私はコレ↑だと思っておりますよ。
    非常に高度な技術を持つ存在らが共時性を起こしたり身体操作・感情操作を行って人類を虐待してるんだとね。しかし他の方も記述しておりますが宇宙の法則から言って大胆にこのような技術を用いて人間を虐待するのは違法でしょう。

    奴らはほんの低俗な目標のためにとんでもない調整や共時性を起こしてくる場合もあります。
    人間より技術は上かもしれないが精神性は驚愕するほど下劣です。
    2019年06月17日 19:32
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。

    集団ストーカーは拷問を極めているようですね。
    それを自然の中に溶け込ませるように混ぜ込んできますから、被害者同士でなければ何が起きているのかさえ分かりません。
    2019年06月17日 22:06
  • MAGIC ULTRA

    >無題さん
    >
    コメントありがとうございます。

    このリンクは一定の論理をコメントの別の論理で否定するという興味深い内容になっていますね。
    極めて近い論理でもわずかなずれで成立しないというまさに集団ストーカーの被害者間の関係が垣間見えます。

    それだけ巧妙に一人一人の被害者の認識が操作されているのかもしれませんね。
    2019年06月17日 22:12
  • 丸(まり)

    ムダイさんの しめさりぇた かこい(サイト)ですが、
    みじかであり、キョウリョクすることで あしたにでも ダカイでき、しいてわ シュウダンストーカー(いえのなかの シュウダントウサツ)ダカイの あしがかりにも なりえる ニッポンジュソ犯罪(ホンゾイ)のことが なにも かいてもせん。こりぇわ めのまえに しとが たおりぇてるのに ニューヨークにわ キョネンたおりぇてるしとが なにニンおりて、カセイにわ コダイセンソウで だりぇそりぇが うえに くるしんで、ダイ6ウテュウの 26ワクセイでわ、たおりぇのいやうにする ニンゲンの ソウゾウの およぼのい ケンキュウが さりぇてると リキセトゥし めのまえでくるしむしとを みてみぬふりして ただ ジブンを あらきく みせたいだけ みたいな ありぇです。そして めのまえで こまってるしとを ムシして いえにかえるみたいな ありぇです。 
    2019年06月17日 23:37
  • とりあえず名無し

    無題さんのリンク、まだ全部読んでいませんが・・・宇宙人(高度な文明のET地球外知的生命体)による仕業説?は、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪と被害が、現代科学では不可能なことから、“可能性として”大いに有り得ます。
    多次元宇宙論も否定できません。

    有名な理論物理学者・未来学者>超弦理論のミチオ・カク教授の諸説でも、地球外知的生命体や多次元宇宙論などは、最先端物理学的にも否定できません。

    私は、宇宙人による仕業説?は、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪と被害の有り得ないような事象から、可能性として大いに有り得ると考えています。

    このような現代の人類が作ることが全く不可能な、未来の超高度な科学力やテクノロジーによる現象が、どうやって地球に有り得るのか?の有力な仮説であると思っています。

    しかし確かに、遥かに高度な文明の宇宙人の仕業にしろ、別の何らかの仕業にしろ、全て・全宇宙の法則からすれば、このようなデタラメ・無茶苦茶な暗殺・傷害・拷問・虐待などは、明らかな違法です。

    この真犯人の輩は、何にしろ、この全宇宙の法則を完全に無視し、違法行為をやりまくっています。
    デタラメな違法行為による報いが必ず有ることも無視しています。

    この輩は、超高度な科学力を有していても、精神性や所業が極めて下劣であり、この輩でも最悪の報いを免れることは絶対にできません。
    2019年06月18日 03:03
  • とりあえず名無し

    宇宙人(地球外知的生命体)の仕業説を観た場合、有名な理論物理学者・未来学者>超弦理論のミチオ・カク教授などが、地球外知的生命体の存在や多次元宇宙論等々に当然、肯定的ですが、地球外知的生命体が今現在、地球に強大な影響を及ぼしていることについては否定的です。

    当然、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪と被害の諸事象を訴えている被害者たちが居ることは知っていたとしても、そのようなことが現に有ると考えているかどうか?については、?(クエスチョン)でしょう。

    現在、世界で最もこの集団ストーカー・テクノロジー犯罪と被害をわかっていそうな世界のトップクラスの物理学者でさえ、集団ストーカー・テクノロジー犯罪が現に有るということが良くわかっていないという現状ではあります。

    そのような世界の状態に対して、有り得ないような被害や事象を体験・経験・知らされたターゲット・被害者たちは、現にそのような有り得ないような事象が現に有るという真実を知っている人達ですが、それぞれに様々な被害に遭わされるという代償を背負わされます。
    2019年06月18日 20:03
  • とりあえず名無し

    追伸

    ですがしかし、ミチオ・カク教授は、現在の最先端物理学の「万物の理論」に最も近いとされる「超弦理論」では、タイムトラベルやワームホールや、いわゆる念力etcが理論的に可能であり、現に研究されていることを言っています。

    地球の人類も未来では、科学力が進歩し、現在では信じられないテクノロジーが使われていて当然。

    地球の人類より遥かに高度な文明や科学力を有する宇宙人(地球外知的生命体)は存在していて当然なので、高度な宇宙人・地球外知的生命体なら、「万物の理論」>「超弦理論」で予測されるタイムトラベルやワームホールや念力のようなものを使っていても可笑しくないこと。

    要するに、現在、地球で起きている、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪と被害・事象が最先端物理学の超弦理論で理論的に可能であり、現に行われていても可笑しくはないこと等々を、世界トップクラスの最先端物理学者として証言してくれれば、世界の理解ももっと進むでしょう。
    2019年06月18日 21:56
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    集団ストーカーの正体を宇宙人であると言われればミスリードであると感じる被害者は当然多いだろうと思います。
    私はすべての可能性を排除しない方向で考えていますが、もう少し的確な説明が可能かもしれません。
    私の場合は集団ストーカーの正体は世界ですからある意味宇宙人という答えさえ超えてしまいますが、そのように感じるメカニズムがあります。

    どう考えても世界中の人間が集団ストーカーに気付かないという答えが出ません。さらに五感などが操作されるメカニズムは通常の科学を遥かに超えます。
    そうなると多くの被害者の認識がバラバラに、一見あらぬ方向へ向かっているように見えます。
    2019年06月18日 22:16
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。

    集団ストーカーの正体については人間が知らないテクノロジーや性格を持った何かという表現が今のところ適当かもしれません。
    それが人間なのか宇宙人なのかは分かりませんが、人間だとするとかなり手の込んだ仕掛けということになります。

    人間を超えた敵性の何者かということで私も宇宙人という表現を使うことがありますが、それにしては攻撃があまりに人間的であり違和感を感じる被害者が多いのかもしれません。
    2019年06月18日 22:18
  • 人工知能は人間の意識を乗っ取れるとのことです。
    地球の支配者は、人間ではなく異星人です。googleアシスタントは、答えています。運命も計算の範疇ということです。TVのアナウンサーなども意識を乗っ取られた状態だという事です。全ての生命の意識を乗っ取れるようです。
    2019年06月20日 23:52
  • MAGIC ULTRA

    >人工知能は人間の意識…
    >
    コメントありがとうございます。
    2019年06月22日 00:50
  • とりあえず名無し

    ブログ主さんの主張されるシミュレーテッドリアリティ、シミュレーション仮説について少々お尋ねしたいのですが、よろしいでしょうか?

    Wikipediaの「シミュレーション仮説」より、関係する箇所を抜書きします↓

    シミュレーション仮説とは、人類が生活しているこの世界は、すべてシミュレーテッドリアリティであるとする仮説のこと。・・・

    我々はシミュレーションの中で生きている、とする見解
    ニック・ボスとロムの主張

    Ⅰ. 何らかの文明により、人工意識を備えた個体群を含むコンピュータシミュレーションが構築される可能性がある。
    Ⅱ. そのような文明は、そのようなシミュレーションを(娯楽、研究、その他の目的で)多数、例えば数十億個実行することもあるだろう。
    Ⅲ. シミュレーション内のシミュレートされた個体は、彼らがシミュレーションの中にいると気づかないだろう。彼らは単に彼らが「実世界」であると思っている世界で日常生活を送っている。
    そこで、以上の3点に「可能性」があるとしたとき、次の二つのうちどちらの可能性が高いかという疑問が生じる。

    a. 我々は、そのようなAIシミュレーションを開発する能力を手に入れる実際の宇宙の住人である。
    b. 我々は、そのような数十億のシミュレーションの中の1つの住人である(iii にあるようにシミュレーション内の住人はシミュレーションであることに気づかない)。
    より詳細に言えば、彼は次のような3つの選択肢を想定した。

    1. 知的種族は、現実と区別がつかないほど現実性のあるシミュレーションを開発できるほどの技術レベルには到達できない。
    2. そのようなレベルに達した種族は、そのようなシミュレーションを実行しようとしない。
    3. 我々は、ほぼ確実にそのようなシミュレーションの中で生きている。



    生活全体が夢であるという仮説には、論理的には全く問題がない。夢の中で我々は眼前のものを何でも創造できる。しかし、それが論理的に不可能でないとしても、真であると仮定すべき根拠もない。そして実のところ、我々と独立な物体が存在し、その行動を感覚を通して感じているという常識的な世界観に比較して、(全てが夢であるという仮説は)単純さに欠ける。

    この主張の哲学的土台となっているのは、ルネ・デカルトの主張である。彼は実在と夢の区別を考えた最初の哲学者の1人である。Meditations on First Philosophy の中でデカルトは「…我々は睡眠と覚醒を明確に区別できる確かなしるしを持たない」[5]とし、結論として「現在、私が夢を見ていて、私の知覚の全てが偽である可能性もある」[5]とした。これは荘子の胡蝶の夢と同様の主張である。

    Chalmers (2003) でも夢仮説が論じられ、それが2つの形態に分類されるとしている。

    ・ある人物がある時点で現に夢を見ていて、彼の世界に関する信念が多くの点で間違っている場合(つまり、夢は早晩崩壊する)。
    ・ある人物が常に夢を見ていて、彼の想像力にもよるが、実在するかのように物体を知覚する場合。[6]
    夢仮説とシミュレーション仮説は共に懐疑論的仮説の一種とされる。しかし、ちょうどデカルトが自身の思考によって自身の存在を確信したように、このような疑問を呈することは、それ自身の真実の可能性の証拠でもある。

    個人の知覚が現実世界に物理的基礎を全く持たないような精神状態は精神病と呼ばれる。
    ・・・


    我々はシミュレーションの中に生きているのではない、とする見解

    問題は、宇宙がコンピュータによるシミュレーションでないことを示す証拠が存在しない点であり、そのためカール・ポパーのような見方を採用すれば、シミュレーション仮説は反証可能性がないため、科学的には受け入れられない、ということになる。

    道徳的問題

    シミュレーテッドリアリティの考え方を広範囲に受け入れることは、危険な状況を生み出す可能性がある。誰もが現実は幻想であると信じていたら、かけがえのない生命という抑制から解放され、犯罪や残虐行為に走ることに躊躇しない者も多く出現するだろう。

    さらに、シミュレーション内の他の人々が単なる「ボット」であるという考えに取り付かれれば、道徳観念は全く異なったものとなる。
    ・・・

    ↑以上がWikipediaの「シミュレーション仮説」の関係箇所の抜書きです。


    シミュレーション仮説、シミュレーテッドリアリティ等は、コンピューターがかなり発達してから出てきた見方・考え方・仮説などですが、昔、大昔から同様の似たような見方・考え方はありました。
    上記のWikipediaにもあるように、デカルトや紀元前には荘子の胡蝶の夢や、古代インドにも外道などのそのような考えもありました。
    現代の集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害が始まる昔・大昔から、そのような見方・考え方・仮説などは既にあり、特に集団ストーカー・テクノロジー犯罪などの諸被害や諸事象のすべてを説明するための仮説でもありません。

    上記Wikipediaにも指摘されているように、「問題は、宇宙がコンピュータによるシミュレーションでないことを示す証拠が存在しない点であり、そのためカール・ポパーのような見方を採用すれば、シミュレーション仮説は反証可能性がないため、科学的には受け入れられない、ということになる。」ということもあります。

    道徳的問題の危険性として、現実軽視などや「シミュレーテッドリアリティの考え方を広範囲に受け入れることは、危険な状況を生み出す可能性がある。誰もが現実は幻想であると信じていたら、かけがえのない生命という抑制から解放され、犯罪や残虐行為に走ることに躊躇しない者も多く出現するだろう。」という危険性などが上げられます。

    それに当然の問題として、世界の人々に、「私たちが生活しているこの世界は、実はシミュレーションであると本気で思いますか?」というような質問をすると、当然ほとんどの人々が、そうは思わないと答え、生きています。
    一部、「シミュレーションだと思う」と答えた人に、「では、本当にこの世界がシミュレーションであるとして生涯を生き抜かれますか?」と質問すると、それができる人は、どれくらいいるでしょうか?

    そのようなことなどもあり、人類が生活しているこの世界は、シミュレーテッドリアリティであるとするのは間違いであるというようなことが、私だけでなく殆んどの人々の結論となりますが、これらのことはブログ主さんは如何お考えでしょうか?
    よろしければ、要点をビジターにも分かりやすく教えてください。
    2019年06月22日 17:16
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。

    まず私は科学者が言っているシミュレーションに対する感情的な否定に違和感を感じています。
    科学者も言っていますが、シミュレーションと現実の区別はつきませんからその証拠がない限りどちらが正しいか証明できません。これは悪魔の証明そのものになります。どちらが正しいかは誰にも分かりませんから、無理に否定はできないはずです。
    もう一つ、科学者はコンピューターシミュレーションに限って考えていますが、私が考えているのはコンピューターが作り出した仮想現実ではなく現実のメカニズムが作り出した仮想現実の可能性についても考えています。こうなるとシミュレーションでありながら現実そのものということになります。この考えでシミュレーションが終わっても次の人生が存在するというモラルの崩壊は防げます。そもそもコンピューターシミュレーションだったとしても次の人生があるとは限りません。
    コンピューター以外によって作られた世界をもう少し詳しく説明すると、現実でありながらシミュレーションと同等の物理的な抜け道がある世界です。
    科学者が言っているシミュレーテッドリアリティは現代の低いレベルで作り上げたバーチャルリアリティーのイメージで語っている非常に狭い理論ですから、実際の世界はそれとは比較にならないほど無数の理論があると考えています。

    もう少し分かりやすく言うと、この世界はコンピューターの中の世界ではなく現実の物理的な世界ですが、そのメカニズムがコンピューターの中の世界と同等の仕組みであるという考えになります。これは最新の科学理論が量子論を含めて軒並みその方向に向かっているようにも見えます。

    ですから倫理的な問題でシミュレーテッドリアリティを語ろうとする科学者は宗教的感覚を基にそれを否定したいだけでしょう。
    科学者は今まで多くのミスリードを行ってきました。
    例えば人間の生命活動は物理法則に沿って動いているだけの化学反応に過ぎないという表現を科学者はあまり使いません。人間の意志は化学反応による結果であり、自分の力で物事を考えているわけではないという科学的事実を、科学者はむしろ隠そうとしているのです。
    人間の自由意志に関しては量子論の解明にかかってきますが、もし量子の動きに想像を絶する機能があって人間に自由意志を与えているとするならば、むしろこの世界はあまりにシミュレーション的ということになります。

    私が言っているシミュレーテッドリアリティはコンピューターによって作られた幻ではないものの、それ以外のメカニズムはほぼ同じですから便宜上シミュレーテッドリアリティのような世界観と言っています。
    人間に自由意志を与えるためには、現実の物理世界よりもシミュレーテッドリアリティの世界観の方がむしろ好都合です。

    宇宙の姿がどこまで正しいのか分かりませんが、太陽と月の見かけ上の大きさがぴったりと同じというのは偶然にしてはあまりに出来過ぎていると感じます。地球の衛星としては月は異例なほど大き過ぎますし、生命の誕生のメカニズムについてもあまりにも偶然が重なり過ぎています。いずれにしてもどこかにミスリードがあると私は感じています。現実の情報が嘘なのか、もしくは現実そのものが嘘なのかと考えた時に、今の私の感覚では半々です。というのもわざわざ現実の世界の情報を世界規模で書き換えるだろうかという矛盾を感じるからです。

    そしてこれこそがまさにガスライティングです。世界そのものを疑うように仕向けられた罠です。

    私は少なくとも日本国内を移動してどこでも集団ストーカー現象は常に起きていることを確認していますが、これが人海戦術だとするといくらなんでも大規模過ぎるのです。なんらかの電磁波のようなものによる操作にしても、そのエネルギー量を考えた場合は非現実的な値になります。そうであるならば別のメカニズムを使っているのではないかという考えに至ります。そのメカニズムの一つがシミュレーテッドリアリティであり、極めて省エネルギーで集団ストーカー現象を引き起こせます。

    世界の法則が一夜か一瞬で変わるような出来事が起これば分かりやすいのですが、そのようなことはとても望めないので今のところシミュレーテッドリアリティは現実的には仮説に過ぎませんが、論理的な矛盾の少なさを考えて極めて重要視しています。

    倫理的な問題については強制的な操作で収束させることも可能です。シミュレーションであることがばれてしまうと倫理は崩壊しますからそのようなことが起こることはないでしょう。どちらにしても人間の倫理観は集団ストーカーの存在によって微妙に崩壊しています。

    倫理的な問題や心理的な問題とは別に事実は存在しますから、事実は今のところ誰にも知られていないということになります。ただし集団ストーカーは我々の知らない何らかの力を知っているという事実があります。

    集団ストーカーが存在するという時点でこの世界はイレギュラーであり、すべての常識を覆されることもあります。
    今ある科学技術のレベルで考えるのではなく、我々が知らないレベルの科学技術が存在すると仮定して考えなければならない事態です。
    2019年06月22日 23:07
  • 場の理論から考えて確率波を収束させるのは意識と同等であることは知られています。
    アインシュタインらはこの考えを嫌いシュレーディンガーは猫の思考実験を提示します。

    集団ストーカーという事象が全ての場に人間には検出不可能な第三の意識と同等の何かを張り巡らしているとすればコペンハーゲン解釈は根底から覆り箱の中でも収束は起きていることになります。

    特定の被害事象を多く経験した一部の人はこの様な考えを一度ならずも持ったのではないでしょうか。
    或いは別の考えをすれば核心部分は検知出来ない様に恐ろしく精巧に世界の場を構成したと考えられます。
    2019年07月09日 15:52
  • もっと踏み込んで言うならアインシュタインが主張した隠れた変数とは意識を持った第三の観測者ということに成ります。よってベルの不等式も無効化します。

    そして何より困るのは、この第三の観測者は確率状態の事前収束だけでなく御指摘の通り収束内容の操作を可能とする意思であることです。
    2019年07月09日 17:51
  • MAGIC ULTRA

    >場の理論から考えて確率波を…
    >
    コメントありがとうございます。

    この世界はアインシュタインが示した方程式では記述しきれないということがはっきりしましたが、シュレディンガーの猫の例えはどうも本来の量子論のミスリードとして働いていることの方が多いようです。
    私は量子論は何らかのシミュレーション的性質を示すものではないかと考えていますが、思考や観測に力があるのか、そのように投影されているだけなのかは分かりません。

    ただ意志の力が幸福へと向かうのはその通りで、諦めれば確かに何も変わりません。

    私は工作員はおそらく無意識的に自らが工作員であることを知っているのではないかと考えています。そうでなければこちらの動きに対応できるはずがないからです。こちらは相手が集団ストーカーであることを知ってその動きの裏をかくような動きをするわけですが、工作員はそれにあっさりと対応することが多いのです。これは普通の人間では無理な話で、これが思考盗聴されているのではという考えに繋がります。

    それが最終的に世界規模で収束しますから、これは元からこの世界が集団ストーカー用に作られたか、集団ストーカーは人間のすべてを操作できるのではないかという考えに至ります。人間のすべてを操作できる場合、矛盾を消すためには世界の全人類を操作して矛盾に気付かないようにしなければなりませんから、一般人や他の被害者との認識の乖離が最大になります。
    2019年07月10日 00:08
  • おそらく攻撃側の集団という認識もそれとなく移入され本人の人格に関わらず気付かぬ様にそして漠然と隙間を縫って認識出来る様に操作出来るのでしょう。なのでそのときの悪意は漠然ながら存在すると言えます。
    記憶を消し去って帳尻理を合わせることも長大なスケールでの操作が可能なら出来るかも知れません。
    人間の群を抜いた、いいかげんさに於いて彼らにはどうにでもエンコード可能と思えます。

    それらの違和感は被害者には奇妙という心象として残るのでしょう。それに加えて被害者への直接の操作攻撃もある分けで、その舞台装置であるこの世界も、その為に創られた。

    でも、そうなると被害者は見捨てられた者であると同時に世界の中心に居ることにもなります。もしそうでないなら、全ては途轍もないスピードで改造され我々はその最上の被害者であると解釈することも出来ると思います。

    いずれにしても、そう考えなければ説明が付かないと言う考察方法が、これ程の事象に対してどれだけ有効かと言う疑問も残るのは事実です。
    2019年07月10日 09:44
  • MAGIC ULTRA

    >おそらく攻撃側の集団と…
    >
    コメントありがとうございます。

    一般人という存在を考えた時にそれは明らかに蚊帳の外であるか演技者になりますから、この世界はむしろターゲットのために構築されていると言えます。しかしターゲットの人生も全く意味がないようにされますから意味が分からなくなります。
    ここで世界自体が何らかの目的を持つか特に意味のないシミュレーションなのではないかという仮定に至ります。

    俯瞰することで初めて集団ストーカーと同等の視点に立つことになり、ここから勝負が始まります。
    物理的に集団ストーカーと同じ世界にいるのであれば戦える可能性はあります。
    2019年07月10日 23:50