テクノロジー犯罪とは何か

テクノロジー犯罪は、ガスライティング犯罪の一種です。

ローテク、通常テクノロジー、オーバーテクノロジーの3種類が存在します。
いずれも世間に認知されていませんので、ガスライティング効果があります。

ガスライティングのみの被害者と、それにテクノロジー犯罪が加わった被害者がいます。
テクノロジー犯罪の被害者は、通常のガスライティング被害者と、被害状況に相違点があります。

テクノロジー犯罪系の被害者は、被害を電磁波と結びつけるのが特徴です。
そのため電磁波犯罪と呼んではいますが、実際は電磁波の症状とはかなり異なります。
通常のガスライティング被害者の場合、大抵加害者は人間のみであり、電磁波犯罪という要素はありません。
しかし、いずれの被害者も、隠されたテクノロジーは間違いなく使われているでしょう。

集団ストーカーは、ガスライティング犯罪のほとんどを、なんらかのテクノロジーによって行っています。
それがどういったテクノロジーなのかが分かっていませんので、とりあえず電磁波犯罪と呼んでいます。

電磁波であれば観測可能ですが、観測に成功したという被害者は少ないようです。
観測に成功したとしても、それがどのように作用したのか立証するのが困難です。
とても実験や実証が出来るレベルの事柄ではありません。
現在の科学力で解明できない力なので、電磁波ではない可能性の方が高いのです。

電磁波というのはイメージであり、実際はどういったテクノロジーなのか分かっていません。
電磁波という言葉を使わなければその現象を表現できませんし、一般の人に説明することが出来ません。
しかし、電磁波と表現することで、逆に一般の人に怪しまれてしまっているのも事実です。

テクノロジー犯罪は主に、思考送信、思考盗聴、記憶操作、人体操作、体の特定の部位の痛み・痺れ・痒み・炎症・痙攣、疑似感覚、五感の錯覚などの種類があります。

もっとも被害者が多いのは思考送信、次いで体の炎症などの痛み、その次が思考盗聴です。
ほとんどの被害者が、テクノロジー犯罪のすべての事象を経験しています。

そうは言っても、一般の人々には全く理解できない事柄でしょう。

そんな技術があるはずがないのですから。

実際には存在している技術をないと思わせる、それがガスライティングです。
ガスライティングは、被害者と一般人の両方に作用して効果を発揮します。

信じるか、信じないか、答えはいずれかしかありません。
それを信じることで世の中の謎のほとんどが解けるようになりますが、これは自ら体験しないと決して信じることは出来ないと思います。
1万人を超えているという全国の被害者、彼らの存在こそが真実であり証拠です。
奇妙な映像などの証拠がある被害者の言葉を聞かずに、証拠も心もない否定の言葉に惑わされてはなりません。

これは神による犯罪と言った方が分かりやすいでしょう。
まだ種明かしを受けていないみなさんの場合は、死んだ後に種を明かされるかも知れません。
そのぐらいのレベルの事象です。

統合失調症という安直な答えに逃げてはなりません。
集団ストーカー現象は、統合失調症の範囲を遥かに超えています。
そんな超能力のような奇妙な病気の存在の方が非科学的です。
科学はまだ、集団ストーカー被害者が体験している異常な確率の変化を説明できていません。
科学では国家群の奇妙な動きを説明できません。

集団ストーカー現象は、何者かによって隠されたなんらかのテクノロジーによって行われているのです。

この記事へのコメント

  • 信じていいものは何一つ無いという現実を思い知らされた被害者に未来は有るのか?

    多分、人間生活に於いて、偶然の中の面白さや、幸せを感じる。或いは幸せの機会を掴む。その様なの漠然とした概念は消失したと言っていいでしょう。
    100%の可能性が10%に縮小されてしまったと言っていいでしょう。

    つまり偶然という概念は、制御可能だったという事実です。

    それも非常に恣意的な10%です。あって無いようなものです。
    人間は混沌という自然確率を、その創造主を否定するかの様に謳歌することによって人生を享受して来たのです。

    動物が本能に従ってその生涯を閉じるに反して、人間のそれは突然変異的に発生した偶然という事象を利用し得た、たった一つの存在でした。
    その偶然を如何様にも変容出来る、テクノロジーがあったならば、その文明は少なくともその時点で終焉を迎えるのです。

    これは神学論争でもなく、哲学論争でもないのです。

    つまり、最も人類が必要としていた偶然という因果律が制御されているという事実に対して被害者がどの様な答えを出すかと言う事です。
    それをビデオに撮って訴えても意味は無いという事実を彼らは被害者に提示したのです。

    いつの日か、この事実に気付かないで、相手にとって不足はないと言ったのは、どこの誰でしょう。
    そんなレベルではないのです。
    2018年07月22日 19:58
  • MAGIC ULTRA

    コメントありがとうございます。

    破壊された世界観を再構築するのは大変な作業になりますね。

    被害者同士の情報の共有はさらなる新しい情報の構築に繋がっているようです。
    2018年07月23日 23:56

この記事へのトラックバック