統合失調症とは何か

統合失調症は、以前は精神分裂病と呼ばれていました。
狐憑きと呼ばれていた時代もありました。

精神分裂病のイメージは、突然笑い出す、突然怒り出す、突然暴れ出す、突然泣き出す、訳の分からないことを口走る、不気味な絵を描く、などでした。

その患者への対応はひどいもので、鉄格子の隔離病棟に閉じ込められることもよくありました。

錯乱状態になる病気というイメージですが、実際はそういった症状はごくわずかで、認知システムの軽い混乱程度の症状がほとんどです。
差別と偏見の代表のような病気でした。

この現状を変えるために、2002年、統合失調症と新たに名前を変えられ、マスコミにより周知されました。

精神分裂病が、脳機能がダメージを受けているというイメージだったのに対し、統合失調症には、余分な脳機能が働いてしまっているイメージが加わりました。

100人に1人の確率で発病するとも言われており、それほど珍しい病気ではありません。
発病は遺伝的な要因との発表もありましたが、決定的な証拠がなく、原因はまだ分かっていません。
世界中の多くの精神科医が研究を続けていますが、未だにその解明には至らず、謎の病気のままです。

陽性症状と陰性症状があると言われていますが、特徴があるのは陽性症状の幻覚、幻聴、妄想です。

集団ストーカー被害者の場合は、統合失調症の幻覚、幻聴、妄想の部分のみが当てはまり、それ以外の症状はほとんどありません。妄想の部分は仄めかしやアンカリングで説明がつきますので、被害者の場合は妄想ではありません。
被害者本人が、妄想なのかどうかの検証を繰り返して、周囲の確率の異常を発見しています。
被害者にはアンカリングの記憶がはっきりありますので、統合失調症ではない証拠を、本人だけが知っています。
アンカリングを見ていない周囲の人には、統合失調症のように見えることになります。
アンカリングは現実では起こりえない頻度に調整され、被害者のみに確信を持たせるまで行われます。

妄想形態は、ほとんどの人が一致しており、集団ストーカー被害者の被害内容とも酷似しています。
つまり、不自然に、決まりきった特定の妄想を、多くの人が同時に持つようになります。
この部分が、病気というよりは洗脳なのではないかと言われる所以です。

この統合失調症の症状自体に不自然な部分があり、作られた病気である可能性を指摘されています。
神経伝達物質の分泌に異常を与えることで、この病気は作り出せるという未確認の情報もあります。

統合失調症の症状の疑問点に、思い込みがあります。
そもそも思い込みは病気なのかという疑問です。思い込みや勘違いは誰にでもあるはずです。
みなさんが信じていた常識が、実は間違いだったということもあるでしょう。それが思い込みです。思い込みの答えは真実のみで証明できるので、真実が分かっていないのですから、どれが思い込みかはまだ誰も知らないのです。

よって、統合失調症の人が言っていることが真実である可能性もあります。そうなると、どちらが統合失調症なのかという話になります。

このトリックが「集団ストーカー」です。

統合失調症を奇異の目で見るのではなく、真実の目で見ることが必要です。

しかし、みなさんが持っている真実の目は、真実とは違う、人々を苦しめる力となる歪んだ悪魔の目である可能性があるのです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック