時間差のあるシンクロニシティ

極めて稀な例ですから、参考として聞いていただきたいものですが、集団ストーカーの正体に関する重要な例があります。

それは、長期間に渡る時間差のある仄めかしです。
これは重要な種明かしであるため、同時に珍しいテクノロジーが使われることもあります。

例えば数十年前の事象の仄めかしを受け、その内容が一致するという現象があります。
数十年の時間差がある仄めかしになり、その内容が一致した場合、数十年の時間差のシンクロニシティが起きたということになります。

シンクロニシティとは、偶然の一致と考えられることが多いようですが、集団ストーカーの事象の場合は仄めかしがありますから、偶然とは考えにくいものです。

例えば数十年前に起きた不思議な体験を覚えていて、その種明かしを仄めかしによって受けることがあります。
それは何を意味するかというと、数十年前から集団ストーカーに監視されていた、操作されていた、罠を仕掛けられていたということです。

それが子供の頃の記憶で起きたと主張する被害者が複数いますから、集団ストーカーとは、何かの原因があって始まったのではなく、生まれた時から監視されていたということになります。


この事象は、集団ストーカーの正体を考える上で、私の出した答えと一致するものです。
人生そのものが操作されているということです。

但し、それでもまだ、すべての被害者がそういった状況ではありませんから、疑問は残りますし、なんらかのトリックによってそのように見せかけられているという可能性も残ります。

いずれにしても、そのような経験をしている被害者がいるということは、集団ストーカーの能力を考える上で重要なことです。

集団ストーカーの正体は宇宙人だと言っても、ほとんどの人が信じないでしょう。
それどころか、集団ストーカーの正体は未来人で、現在は過去を見せられている状態である。
それどころか、集団ストーカーの正体は人間ですらない。

それはほとんど宗教と同じようなレベルの答えに見えますが、数十年の時間差のシンクロニシティを仕掛けることができる存在は、それなりの存在を考えなければ答えが出ません。

生まれ変わりという現象も引っ掛かりますし、ファティマの奇跡という現象も引っ掛かります。
集団ストーカーが宗教と関わりが深いことも引っ掛かります。

人生のすべてを操作されていると主張する被害者の主張は重要なものです。

集団ストーカーと戦うためには、無理をせずに可能な限り気楽に生きるという選択も、間違いではないでしょう。

この記事へのコメント

  • 私も集団ストーカーの犯人は、宇宙人と言う仮説も考えました。この広い宇宙です。星々が、満天の夜空の中で輝いています。そこには、必ず知的生命体の存在がいると断言出来ます。しかし、そんな宇宙人でも、人工知能が必要だと思います。ましてや地球よりも何億年も進んでいる文明を持っていたら、とてつもない科学技術を生み出していると思います。私は、たまたまTV番組の笑点を見ていました。すると番組の最後に宇宙人、宇宙人と何故だか分かりませんが連呼している状態の歌丸師匠が、いました。それと、前後していたと思いますが、知り合いを家に招いて集団ストーカーの話しをしていたら、それ宇宙人の仕業じゃないんと、普段そんなことを言わない知り合いが、喋りだしたのです。会社で、その話しに近い事を話していたら、何故宇宙人が姿を表さないかと言う会話になりました。
    そこで私は、すぐに仮説を思い付きました。もし宇宙人の存在が知れ渡れば、威厳が無くなると言うと皆さん納得しました。
    2018年01月17日 01:45
  • シンクロニシティの時間差は、全てを操っている証拠です。タイムマシン電磁波その先に過去を作り上げる過程まで操作されている状態です。未来である現在にまで、干渉してきています。人工知能でないとこの様な行為は、出来ないと思います。
    2018年01月17日 02:00
  • MAGIC ULTRA

    コメントありがとうございます。

    確かに人工知能でなければ、被害者すべてのシンクロニシティ、タイミング合わせを同時多発的に起こすことはできませんね。
    2018年01月17日 18:01