共時性(シンクロニシティ)とは何か

集団ストーカーの種明かしの一つとして、共時性があります。
共時性は嫌がらせとして使われます。

偶然の一致が頻繁に起こる。あまりにもタイミングよく事態が展開する。これが共時性です。

共時性は偶然起こった事象を特別なものとして捉えがちな心理を表す言葉ですが、集団ストーカーはこの共時性を利用して嫌がらせを行います。

仕事や睡眠、集中が必要なタイミングなどに合わせて邪魔をされて嫌な思いをする。
面白いテレビ、本、映画などを見ていて、盛り上がった瞬間を狙ってノイズキャンペーンなどの嫌がらせを受けて気分が台無しにされる。
自分が移動するタイミングで人が邪魔をする。電車が遅れる。自分が通る道だけ渋滞している。
自分が券売機に行こうと思った瞬間に長蛇の列になる。空いている列に並びなおすと、その列が動かなくなる。券売機にたどり着いた途端に取り扱い停止になる。
レジに並ぼうと思ってレジに向かうと、なぜか長蛇の列になっている。
急いでいる時に限って窓口が混んでいる。
最近テレビで特定の芸能人を見なくなったと考えていると、数日後にその芸能人がテレビに登場する。
会話をしている内容がその場で起こる。
割り込みしてくる車のナンバーが、大抵カルトナンバーである。

共時性は1カ月に1度のペースで起きたとしても、その確率は異常であり説明が困難ですが、集団ストーカーの被害者の場合は、次々と、多ければ数えきれないほどそれが起こります。1日で数百回もざらです。

集団ストーカーの嫌がらせは偶然を装うものですが、そのタイミングと頻度があり得ないレベルで、被害者が被害に気付くまで、嫌がるまで行われ、被害者が気づいたり怒りが爆発する前にぴたりと止まります。

共時性は仄めかしなどを使ったダブルバインドを利用して作り出されています。

必然の流れの中に嫌がらせのアンカリングを撃ち込まれている状況です。

偶然か偶然ではないのかの判断基準は、常識を使うのではなく、確率で計算しなければなりませんが、確率さえ操作されます。
例えば起こり得ないことを全員に経験させることにより、非常識を常識に変えることが可能です。

通常考えにくい偶然が、一日に何百回も起きるわけですから、計算するまでもないでしょう。
そんな偶然はあり得ません。
それは共時性を利用し、共時性により隠された犯罪です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック