共時性(シンクロニシティ)とは何か

集団ストーカーの種明かしの一つとして、共時性があります。
共時性は嫌がらせとして使われます。

偶然の一致が頻繁に起こる。あまりにもタイミングよく事態が展開する。これが共時性です。

共時性は偶然起こった事象を特別なものとして捉えがちな心理を表す言葉ですが、集団ストーカーはこの共時性を利用して嫌がらせを行います。

仕事や睡眠、集中が必要なタイミングなどに合わせて邪魔をされて嫌な思いをする。
面白いテレビ、本、映画などを見ていて、盛り上がった瞬間を狙ってノイズキャンペーンなどの嫌がらせを受けて気分が台無しにされる。
自分が移動するタイミングで人が邪魔をする。電車が遅れる。自分が通る道だけ渋滞している。
自分が券売機に行こうと思った瞬間に長蛇の列になる。空いている列に並びなおすと、その列が動かなくなる。券売機にたどり着いた途端に取り扱い停止になる。
レジに並ぼうと思ってレジに向かうと、なぜか長蛇の列になっている。
急いでいる時に限って窓口が混んでいる。
最近テレビで特定の芸能人を見なくなったと考えていると、数日後にその芸能人がテレビに登場する。
会話をしている内容がその場で起こる。
割り込みしてくる車のナンバーが、大抵カルトナンバーである。

共時性は1カ月に1度のペースで起きたとしても、その確率は異常であり説明が困難ですが、集団ストーカーの被害者の場合は、次々と、多ければ数えきれないほどそれが起こります。1日で数百回もざらです。

集団ストーカーの嫌がらせは偶然を装うものですが、そのタイミングと頻度があり得ないレベルで、被害者が被害に気付くまで、嫌がるまで行われ、被害者が気づいたり怒りが爆発する前にぴたりと止まります。

共時性は仄めかしなどを使ったダブルバインドを利用して作り出されています。

必然の流れの中に嫌がらせのアンカリングを撃ち込まれている状況です。

偶然か偶然ではないのかの判断基準は、常識を使うのではなく、確率で計算しなければなりませんが、確率さえ操作されます。
例えば起こり得ないことを全員に経験させることにより、非常識を常識に変えることが可能です。

通常考えにくい偶然が、一日に何百回も起きるわけですから、計算するまでもないでしょう。
そんな偶然はあり得ません。
それは共時性を利用し、共時性により隠された犯罪です。


この記事へのコメント

  • バーボン

    この犯罪が公けになれば、今まで否定して来た世間は大変なことに成るでしょう。と言う被害者の人がおられますが、それは違うと思います。
    それに付随して、よく言われることに、米国では既に、この犯罪が広く認知されています。日本は余りに遅れています。という様な主張をされる方がいますが、だとしたら、実際米国でこの犯罪が解決されたのでしょうか?或いは解決に急速に向かっているのでしょうか?甚だ疑問です。最近では某ツイッターで素粒子物理学者のF博士がアルミの帽子を被ってY.Tに出て必死に訴えておられます。確かにS盗聴はありますが、ma事件で加害者と言われる人達は、どうしてS盗聴して、危険を避けなっかたのでしょう?余りに矛盾しています。私もこの犯罪を早く、過去の笑い話として語れる日が来るのを切望していますし周知活動も決して無駄ではないと思います。日々苦しい中で、活動している方々には、頭が下がる思いです。それは微塵も否定するものでは有りません。この犯罪の特徴として広義の意味でのシンクロが頻出します。その理由は分かりませんが、私は現SEIKENが倒れた場合、それに伴いこの犯罪の解決に向かう大きなシンクロが起きると思います。理由は分かりませんが、おかしいものは、おかしいと主張する意識の問題だと思います。多くのガスライティング等は、実行者の外の次元の力で遂行されているということに気付かなければ、この問題の本質は見えて来ない様な気がします。
    2018年04月05日 16:36
  • MAGIC ULTRA

    >バーボンさん
    >
    コメントありがとうございます。

    確かに不思議なことばかりですね。
    被害者でさえが、例えば陰謀論など、何かを信じているんですよね。
    被害者が本質を捉えたとしても、被害者同士の情報のやり取りの段階で、操作されて言葉を変えられているのかもしれないと感じることもあります。

    さすがに被害者でさえが、ことごとく論理の崩壊を起こすというのは少し考えにくい状況です。
    被害者はパラダイムシフトを起こされ、個人のみの世界観が書き換えられた状態ですから、もう一度パラダイムシフトが起きれば、集団ストーカーの被害から逃れることも可能かもしれません。
    いずれにしても、この世界が奇妙な世界であることは確定的ですから、世界の真実を我々は知っているとは言えます。
    その種明かしは意図的なものですから、これはゲームのようなもので、ひょっとしたら解答が用意されているのではないかと感じることもあります。
    2018年04月07日 11:45

この記事へのトラックバック