監視カメラ盗難

戦いは今の場所に引っ越してきた1年前から続いていましたが、ここに引っ越してきた理由は睡眠妨害の騒音などを避けるためでしたが、引っ越してから今日まで毎日、一日たりともまともに睡眠がとれず、毎日確実に騒音による睡眠妨害で夜中に数回起こされ続けていました。

睡眠妨害が無かった日がどのくらい前だったか思い出せませんが、確実に安心して眠れた日は集団ストーカーという被害が始まってから1度もありませんでした。

嫌がらせの中で最も頭に来るのは自動車による幅寄せなどの煽り運転の嫌がらせと睡眠妨害の2つです。
自動車による挑発は命に直結しますから激怒するのは当然ですが、睡眠妨害も徐々に健康被害などにつながり、とにかく次の日に意識がはっきりしないことで何事にも力を出しにくくなるなど、様々な弊害を作ります。

また、少しでも体力を確保するためにあえて力を出さなかったり出来るだけ休み続けるなど睡眠に代わる休息が必要となり、まともに人生が送れなくなります。睡眠妨害に備えるために極力体力を温存しようとするわけですから起きている時も何も出来なくなるのです。そうしなければより深刻な健康被害に繋がってしまいます。今でも残っていますが自律神経がおかしくなり体温調節が出来なくなって苦労しました。

睡眠妨害はわざと挑発的に行われます。
私の場合は隣の家のドタンドタンという足音と、改造車のマフラーの騒音の二つが一日も休むことなく交互に行われています。
隣家の足音がここまで響くという時点でおかしいのですが、静かにしようと思えばできるのです。全く足音を立てずに何か家事をしている時も頻繁にあるのです。ところが私が眠りにつくと家が揺れるほどの衝撃音の足音を立て始めます。これは私が眠りに落ちる瞬間に何度も行われるため、怒りで眠ることが出来なくなります。ようやく眠りにつくのが午前3時近くなってからですが、午前4時前後に今度は改造車の騒音で起こされます。私の部屋は防音材、吸音材、防音シートなどを床、天井、壁に3重に張り巡らせた上に、自作の防音ベッドで頭付近を覆うようにさらに防音材で囲っていますが、足音の衝撃音と改造車のマフラーの音だけは音圧が高すぎてほとんど防げません。おそらく1メートル厚のコンクリートでも完全には防げないでしょう。衝撃音や改造マフラーの音はそれほどまでに悪質なのですが、世間では全く取り締まろうとはしません。

足音の方はこちらも騒音でやり返して自粛させますが、また私が寝ているタイミングで何度もそれを実行するのです。普通に考えれば相手は頭がおかしいかわざと嫌がらせをしているとしか思えませんが、思えば私の人生はずっと周囲がそのようなおかしな人間であふれていました。とにかく学習能力と他人への気遣いが極端に低いのです。モラルもひどいものです。

車の改造車の方は何とか飛び起きてすぐに家を飛び出して追いかけるのですが、着替えにわずかながら時間が取られるのとどのみち人間の足ではとても自動車には追い付きません。私も自動車がありますがそれを使っても間に合わないでしょうし、それならばそのまま自分の足で走って追いかけた方がまだ捉えられる可能性は高いのです。しかし何度も挑戦しましたがとても無理だったので、寝ないで玄関先で待機して待ち伏せしましたが、その日に限っては来ないのです。

それで防犯カメラを使用することにしました。

bouhan_camera_dorobou.png

この防犯カメラは20年以上前から使用しているもので、古いものですが今まで集団ストーカー対策に大変役に立ちました。何度も集団ストーカーの証拠を撮影することに成功し、また自らの潔白を証明する証拠にもなりました。
おそらく発売時期は30年くらい前のカメラなので画素数は低く20万画素程度だと思いますが、ビデオには比較的はっきりと写り、赤外線で夜間でもはっきり写り音声も記録できるので様々な証拠になりました。

これで車のナンバーを撮影すれば簡単に捕まえられるはずでしたが、このカメラの性能では夜間に車のナンバーまでははっきりと映りませんでした。そもそも最新式のカメラでも夜間に車のナンバーを撮影するのは至難の業のようです。
このあたりも科学技術のわざとらしさを感じます。それさえ撮影できれば犯罪は激減するにもかかわらず、科学技術的にはそんなことは本来簡単にできるはずなのに、わざとフレームレートの低い規格のカメラしか流通しないようにして、わざと車のナンバーを簡単には撮影できないようにしているのです。当然犯罪を行いやすくするためです。世界ぐるみでわざと犯罪可能な世の中にしているのです。

私はせめて車種だけでも特定しようとして車の後ろ側を撮る角度に監視カメラを調整、さらにナンバーが写るというドライブレコーダーを購入してこれを監視カメラの反対の方向に向けて背中合わせに取り付けました。
結果としてはドライブレコーダーは全く役には立ちませんでした。目の前を走る車のナンバーであれば夜間でも撮影できるかもしれませんが、家から少し離れた道路を走る車のナンバーは夜間には全く写りませんでした。

0131.jpg

そして去年の年末のことだったと思いますが、私が出張のために夜中に家を出たその日の朝方に防犯カメラを盗まれました。

それから数日後に家に帰ってきて寝ていると、いつものように夜中に改造車が通り過ぎて起こされました。私は飛び起きて監視カメラの映像を見てみると真っ黒で何も映っていないのです。最初はテレビが壊れているのか配線が外れているのかビデオが壊れているのか分かりませんでしたが、いろいろと調べてみるとなんと監視カメラそのものが無くなっていました。

ビデオで撮影されている最後の場面を見ると、私が出張に出たその日の朝に、ガタガタとカメラの映像が揺れてその直後に配線を切断されて映像が途切れました。監視カメラに写らないカメラの後方からの犯行だったので犯人は写っていません。しかし反対側にはドライブレコーダーが取り付けてあり、そちらの方には写っているはずでしたがそちらはSDカードに記録するタイプのもので、ドライブレコーダーごと盗まれているので見ることが出来ません。こちら側の事情をことごとく知っていないとこのような犯行は出来ないはずですが、私が監視カメラで改造車の撮影をしていることを知っているのはそれを相談した警察だけです。

その時点で私が考えた犯人像は、まずは隣家の住人、隣家の住人であれば私が出張に出て家にいないことを知っているでしょう。そして監視カメラが盗まれた早朝6時15分のその時間はいつも隣家が目を覚ましてドタバタと騒音を出して私を起こす時間とぴったり一致します。
もう一つは騒音を出している改造車のドライバーが警察からその情報を聞いて注意されたことに逆上して監視カメラを破壊したという可能性も思いつきました。これは後からそれらしい結果が徐々に分かっていくことになります。
もう一つは私の家の前を散歩で通る老人などが監視カメラを嫌って持ち去ったというものですが、正直敵は集団ストーカーでしょうから現実的にそのように考えるのはバカバカしいのですが、一応現実的に考えておかないと警察に説明できません。

次の日に私は警察に通報して一部始終を説明しましたが現在まで犯人は捕まっていません。

0131b.jpg

警察には保険に入っていますかと聞かれましたが、保険に入っていればいくらか保険が出るということでしょうが、警察が保険を進めるのは職務怠慢のように感じます。こちらとしては治安さえよくなれば保険は必要なくなるわけですから。しかしこれからはある程度高額の防犯設備を整えていかなければならないので保険も必要になってくるでしょう。

SDカードに記録されているためカメラそのものも盗まれた上に、家の中のビデオで記録しているカメラ側には全く写らないというかなり高度な犯罪の知識がなければできないプロのような犯行ですが、私側の落ち度としては監視カメラのケーブルが露出していたために高枝切狭のようなものでケーブルを切断されてしまったことと、監視カメラを背中合わせに配置するのではなく相互に向かい合わせで撮影できるような配置でセッティングしていればどちらかで撮影できたということが挙げられます。

監視カメラは互いを撮影できるように2台必要、ケーブルを切断されないようにケーブルを露出させない方法が必要、破壊に強い監視カメラはやはり最近流行りのドーム型カメラであることなどが分かりました。

監視カメラは日本製のものでもカメラ4台位と録画機など2,3万円程で一式揃いますが、新しいカメラは出来るだけ新しいものにしたいのと効果が無かった時のために拡張性の高いものを考え、中国製のものを注文しました。ただ中国通販の嫌がらせもひどく新しいスマホを注文した時は届くまでに半年かかり型遅れになった頃にようやく届きました。

集団ストーカーとの戦いは人生の時間を失いますが、集団ストーカーと戦った時間は蓄積されていきます。
これは一つの答えであり、我々に用意されたレールは我々が思い込んでいたものとは違うということです。



この記事へのコメント

  • テク犯被害者

    MAGIC ULTRA様へ

    以前、コメントさせて頂いたテク犯被害者ですが、
    MAGIC ULTRA様に、聞きたい事・質問したい事が
    あれば、また質問させてもらっても宜しいでしょうか?

    私の、上階の住人の子供も、毎日のように足音を立てて
    キチガイのように暴れます・・・。
    2021年02月01日 08:46
  • MAGIC ULTRA

    >テク犯被害者さん
    >
    コメントありがとうございます。質問等あればお答えしますよ。
    2021年02月01日 22:27
  • テク犯被害者

    MAGIC ULTRA様へ

    さっそく2つほど質問させて頂きたいのですが、
    自分を含めて、
    テクノロジー犯罪被害者と呼ばれる人達の多くが、
    耳鳴り(正確には耳の中から何かしらのノイズ音)が
    鳴り続ける被害を訴えていますが、
    MAGIC ULTRA様も、耳鳴りでお悩みになった経験は
    ございませんでしょうか?

    またMAGIC ULTRA様がおっしゃる<思考送信>
    といった技術は主にどのような被害が起こるのか?
    宜しければ、教えて頂けると幸いです。
    2021年02月03日 17:44
  • MAGIC ULTRA

    >テク犯被害者さん
    >
    コメントありがとうございます。

    私は耳鳴りは特にありません。あったとしても自然に起こる範疇のものです。

    思考送信は音声のない音声送信のようなもので直接脳内に声が流れます。音声だけではなく、見たことのない映像が脳内に浮かび上がるなど五感すべてが脳内外で操作されます。
    2021年02月03日 23:18
  • テク犯被害者

    MAGIC ULTRA様へ

    お返事ありがとうございます。
    また何かあれば質問させて頂きます。
    2021年02月05日 00:55