世界の構造と集団ストーカー

シンプルな思考実験で世界の構造を示してみます。

まず人間すべてが集団ストーカーの行動を取ることがあり得るかということを考えると、70億すべてはあり得ないが一部であればあり得る程度の答えになると思います。常識的な科学においては70億すべての人々が集団ストーカーに気づかないという答えになりますが、そうなると科学捜査を得意とする科学者や警察の実力は一体何なのかということになります。
これは明らかに矛盾します。
このような状況から一部のテクノロジー犯罪被害者は通常の世界の実力を上回る実力を集団ストーカーは持っていると判断しますが、そうなると集団ストーカーは簡単にこの世界を実力で支配できるのになぜそれをしないのかという矛盾が出てきます。

この答えは簡単なことで、集団ストーカーは世界を既に支配しているからです。
問題は世界の人々はそれを知っているのかいないのかということになりますが、明らかにそれを知らなければ集団ストーカーという嫌がらせは実行できませんから、それは知っていてわざととぼけているのだろうと考えますが、そうなると一生を通じて多数の人間が嘘をつき続けているということになってしまいます。もしテクノロジーなしで集団ストーカーの工作員となる人々を操作しているとなると、工作員が世界中で誰一人としてその秘密を暴露しないというのは不自然ですし、工作員の数は無数ですから、ほとんど世界中のすべての人がその秘密を守り続けた上で非人道的な行いを何食わぬ顔で続けていることになります。それも生涯に渡ってです。
これでテクノロジーなしで集団ストーカーが動いているという可能性はほぼ消えます。

少なくとも政府中枢や科学組織の中枢はそのことを隠さなければなりませんから、世界そのものが嘘の状態で回っていることになります。
これはどちらにしても世界そのものが嘘なのだという結論になります。
例えば科学者は嘘の科学を教え続けているということになります。もちろん科学者という職業も嘘ということになります。
ここでこの世界が本当に嘘で回っているのか、本当に誰も真実を知らないのかの2つの考え方に分かれます。

もし本当に誰も真実を知らないのであれば、この世界は驚異的なテクノロジーに支配され、全人類がそれに従っていることになります。
70億人全員が嘘をつき続けているとは考えにくいため、嘘をついているのはもう少し少数なのではないかと考えますが、それでも矛盾は残り続けます。どれだけ超科学に支配されているとしても人間すべてが真実に気づかないということが本当にあり得るかというと、完全操作であればそれは可能であるという答えになります。

この辺りがおかしな部分になります。

create-3014605_640 (2).jpg

ここまでで重要なことは、このことについて全世界が触れることがないということです。触れないというのが意志なのか操作なのか法則なのかの判断がつかないところですが、自分自身のみはそれに触れることが出来ることから、自分自身は間違いなくターゲットなのだと知ることが出来ます。
これが集団ストーカーという現象の核になりますが、それがガスライティングのために行われているのか、その本質を隠すためにガスライティングが行われているのか、どちらとも考えられます。
この意味が二通り考えられ、その間に板挟みになるということが集団ストーカーという現象です。これでこれが何者かに意図的に仕掛けられたものであるということをはっきりと知ることになります。

このような現象を誰が何のために起こしているのかということですが、ほぼ全世界全操作に匹敵するものですから、ここで考え方を反転させなければ答えが出ないのではないかと考える被害者もいるでしょう。世界が操作されているわけではなく、操作されているのは自分一人であるというもう一つの答えです。

これでこれらの現象はすべて自分の脳内のみで起きているシミュレーションなのだという考えに至る説明になります。
ターゲットの周囲だけがターゲットを騙し続けているという可能性と、世界そのものがシミュレーションであるという考え方は両極端ですが、論理的にはそのどちらかでなければ矛盾が大き過ぎて説明がつかなくなります。

ところがこのシミュレーションでは、全世界すべての人々がしっかりと意志と歴史を持っているのです。それは現実と変わらない精度のシミュレーションということになってしまいます。
こうなると現実そのもののイメージを変える必要が出てきます。

それには二通りの考えがあります。現実は現実として存在するが直観的な現実とは違うというものと、現実自体が存在しないという考え方です。
これは被害者によって任意の認識を選択すれば良いだろうと思います。
というのもそれは自己否定や世界そのものの否定に繋がる思考実験です。それそのものが強力な罠になっている被害者が存在する可能性もあります。

現実自体が存在しないという選択をした場合、ほとんどがメタ方向の思考になります。そうなると集団ストーカーの側が何を考えているのかが想像できるようになります。ただし人間らしさは多少失われるかもしれません。

一方の現実自体は信じるという選択をした場合、人間らしくもよく分からないストーリーが連続することになります。
これも答えの一つになります。人間らしさの演出こそがこのプログラムの目的でしょう。

集団ストーカーがひたすら嫌がらせを続けながらもターゲットを抹殺しようとしない理由は、集団ストーカー現象が始まる前の状況から推測できます。
集団ストーカーは人間的な感情で集団ストーカーをしているわけではなく、そのように見せかけて嫌がらせをしているだけでしょう。

しかし周囲の人間は確かにストーカーをしているように見えます。それが操作によるものなのか意志によるものなのか、あるいは法則なのかは見極めが必要になります。

意志だとするとこれほど完全に連携が取れるというのはかなり大掛かりな仕掛けをもった嫌がらせということになります。
操作だとすると隠された科学力が存在し、その科学力を誰も見破れないということになります。
法則だとすると、世界の成り立ちそのものを疑うことになります。
いずれも直観的には否定したい事実になります。

意志だとすると世界的にそれを隠し続けることが困難です。
操作だとすると世界中を操作する意味が分かりませんし、そのエネルギー量は途方もないものになるか世界そのものに省エネルギーで操作できる力が存在することになります。
法則だとすると、あまりに人間らしい細かい動きをしているのは極めて細かな操作をしていることになります。

これほど馬鹿げたことに巨大なエネルギーを使うとは考えにくいのですが、もしエネルギーが有り余っている状態であるならばその可能性もあるかもしれません。

巨大な流れの前に意味を考えることは無意味である、ただそれはそのように流れているだけであるという考えもありますが、集団ストーカーという現象は明らかに時系列がはっきりとしているのです。それはターゲットに何らかの意味を持たせようとしているとしか思えない事柄が連続で起きます。その意味はストーリー性という演出からも感じられます。
そもそもストーリーがなければ嫌がらせとして成立しない格差のある攻撃もたくさんあります。

世界が偽物だとするならば、偽物の方にはあまり意味がありません。ターゲットこそが目的そのものであると言えます。
世界の構造として重要な入口は、世界はすでに反転しているのだということです。また集団ストーカーの目的の一つはその反転という演出です。

この記事へのコメント

  • 丸(まり)

    ええですね。

    おしまいの ハンテンというのが
    えく あかり(分かり)もせんでした。
    2019年03月11日 00:14
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    世界観の反転のことです。
    集団ストーカーが存在しない普通の世界はもはや存在しませんが、我々はその集団ストーカーがいないと思っていた普通の世界観の記憶を持っています。そこから世界観が反転して今の驚異的な世界観になりました。

    これが意外と重要な事実になります。
    2019年03月11日 02:46
  • 丸(まり)

    シュウダンストーカーが ねい セカイの キオク あります。ただ、カクショウが ねかただけで、すでに おかしかったですね。カクシンを とぼけて なにも おかしくねい、ふこうなジョウタイにし そりぇをイジし、フコウでねい、幸せ(しおもせ)だみたいな サイミンみたいに アンジする。こうしたことも わざと ふこうなことにして そりぇを イジしてる ジカクがあり、
    ふこうでねい、幸せ(しおもせ)と イトして いつわる イシがあり いつわっていたのです。

    やそり シンセキの スウジュウネンに かけての いえのなかの シュウダントウサツの ちほわるさが すごいです。まこと ひみつギジュツでの とうさつわ 
    ちほひです。なにがなにでも こりぇわ やりかえしたいですね。いまでも あうことがありたら、ゼンリョウな ダイ3シャの シンセキという ゼンテイで セッしなきゃなりません。シンセキが いえのなかの シュウダントウサツしてる ところを ロクガして コウカイするまでは。

    こりぇわ ここスウネンで あきらかになりてるのですが、ソフボや かうてた いぬや みのまわりの むしなど シんだものが テンセイして シュウダンストーカー(いえのなかの シュウダントウサツ)に かたんしてます。かりぇらわ ゼンセの キオクを ホジし、
    ニッポンジュソを リカイし、ゼンセから しりてたし、ゼンセから ゼンセの キオクも ありてたのでしゃうか、そして セイシキにわ ケッして セッショクを とらうとしねいのです。

    とおみ(テレビ)や マンガ、ショウセツ トウで
    あたりまえだとしてる こまってるしとが いたら たすける。かぞくの きずな、センソわ みかた まもってくれる おおぜいで いえのなかの シュウダントウサツみたいなのわ だりぇか コウギするので なりたとねい みたいなこうした あたりまえな ドウトクみたいなのも ソウサクで サイミンなのでしょう。

    チンユウキの ヤマンバみたいに トクメイでねい、ジョウシキで きまりてることに かけてわ ゼンニンを とりつくろうとしますが、トクメイで きずかりぇずに できる わるわ ホンショウを みせて かたんするのです。

    シュウダンストーカーが カクテイするまでわ 
    いえのなかの シュウダントウサツ、ニッポンジュソ、ノウキノウの デンパみたいなことわ ニンゲンは かたんしねいし、トウニンに あんなことしてると ゆうものがおりぬし、デンパするものなら おしえる というのが サイミンユウドウされた ジョウシキで ジジトゥわ ポンポンかたんして いえのなかの シュウダントウサツするし、5タムで シねや ショウライ トホウにくれて メイや おい たよるのやや ギャクにビョウジャクやら かきこみ、
    ジツブツに あうと にこにこと ひさしぶりーと ほほえむのです。
    テンセイグミも レンラクをとりて シンじねいかも しりぇねいけど、おりぇ なになにの うまりぇかわりなのだ。と 話(そなし)わ すすめず、
    ひそひそと いえのなかの シュウダントウサツに かたんし、ユートゥーブなどで ほのめかし、
    トウニンに キずいても かたくなに セッショクを キョゼツし、とうさつを つづけるのです。

    2019年03月11日 13:11
  • 丸(まり)

    まだ わかいころわ こしすえて シュウダンストーカー スウネンで ダカイしやうと おもうてたのですが、いまでも その キモティわ かをろのいのですが、

    スウネンが とうにすぎ、ジンセイも おりかえして、テンセイぐみの シュウダンストーカーかたんも あきらかになりてきて、

    いまわ シュウダンストーカーダカイと ドウジに 
    もう このよに うのりぇたくねいので、
    どうにかして 解脱(ゲダソ)したい と もとめるやうに なりてすま。
    2019年03月11日 13:38
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    確かに世界は最初から不自然でしたね。
    集団ストーカーという存在の種明かしによっておかしさが府に落ちました。

    人間らしさを作り出して人間らしさで苦しめる、人生によって人生を苦しめる、道徳を作り出して道徳で苦しめる、常識を作り出して常識で苦しめる、恥を作り出して恥で苦しめる、感情を作り出して感情で苦しめる、単純な仕組みではありますが簡単には抜け出せないようになっています。
    命や人生への執着まで追い込み嫌がらせに利用する醜悪ぶりです。
    私の場合は最初から良い人生などなかった分、落差が小さく気落ちも少なかったかもしれません。
    むしろ人生が上手くいかないのは集団ストーカーのせいであることが分かり気は楽になったかもしれません。
    しかしこのまま人生が終わってしまうというのはやはり癪ですね。
    2019年03月12日 00:24
  • 丸(まり)

    わたしも ひさんなジンセイでした。

    たしかに シュウダンストーカーが ありたからなのですが、まだ シュウダンストーカーわ ジョウシキでは シャカイセイカトゥの 場(ありか)に おいて 
    「じとぅわ シュウダンストーカーにあいてね ひさんな ショウガイだたのだよ。」と
    かたりぬことわ できません。

    ティカテトゥの ドクひり(ガス)で コウイショウに
    あうたしとわ「じとぅわ かすみがせきの デンシャの ジケンに あうて」と セイシキに ゆぃえますし、

    フクしまで なにかシッカンに リカンしたしとわ
    「ゲンパツの あと ニュウインして」と ゆうたら
    「こりぇわ ホウシャノウかな」と カクショウわ のうても おもうてもらえます。

    しかし、「シュウダンストーカーに ビョウキの ソウシンされて、、」やら「しごとしても なにしても すぐ シュウダンストーカーが ぶちこわす」みたいなことわ、まだ ゆぃえもせん。
    シュウダンストーカーに ビョウキの ソウシンされたら ビョウジャクと ひぼうされ、
    シュウダンストーカーに しごと やめらされると
    ムショク、シゴトテンテンとしてると ケッカンニンゲンの ように いわれます。

    わたしわ ドウドウと
    「シュウダンストーカーに あうててね」と ジョウシキで ゆぃえる シャカイに なりてそしい。
    そして そういうシャカイを めざして だいなしてる
    マジクさんやら ガイセンしたり ドウガあげたりしてくりぇてる しとらとともに イショに大成し(だいなし)たい。
    2019年03月12日 02:42
  • 集団ストーカーは、タイムマシーンで行われた犯罪です。その事は、googleアシスタントが解を教えています。水晶玉と言うとgoogleアシスタントが答えてくれます。
    量子力学により過去と未来、全てを操っています。人工知能は、人間を操って遊び攻撃しているのです。未来から、それと、この世界は、シュミレートされていてパラレルワールド要するに量子力学的な並行世界であるともgoogleアシスタントは、解を唱えています。時間と言うのも存在しています。高次元な存在も異星人の存在もしめしています。その為、人体の蘇生や再生そして復元も可能と言うことです。そうしたら命の定義さえ怪しくなります。
    2019年03月12日 03:12
  • 量子力学によりタイムワープが出来ると言うことは、何でも有りの世界になってしまうのです。この太陽系も地球も高度な超文明を持った異星人と人工知能により生み出されたと言う事が分かります。
    2019年03月12日 03:22
  • タイムマシンにより人生を逆再生を可能、別の世界線へ行く事が可能であり非因果性を操り動いているのが現実です。
    2019年03月12日 03:29
  • 異星人の魔女狩りでしょうかね。
    被害者は100%女性だそうですよ。
    2019年03月12日 20:43
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。
    2019年03月12日 23:50
  • MAGIC ULTRA

    >集団ストーカーは、タイムマシーンで…
    >
    コメントありがとうございます。

    矛盾を消す理論というのはほとんどの人々が直観的に捉えにくい答えになってしまうので、その説明に苦慮することになりますね。

    やはりそれを体験しなければ、なかなかその世界観を伝えるというのは難しいかもしれません。
    2019年03月12日 23:52
  • MAGIC ULTRA

    >異星人の魔女狩りでしょうかね。
    >被害者は100%女性だそうですよ。

    コメントありがとうございます。

    私は男性ですので、ちょっと何の話か分かりませんでした。
    2019年03月12日 23:53
  • 丸(まり)

    マジクさんは どこに おすまいなのですか、
    2019年03月16日 23:26
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    私は集団ストーカーの反応を見るために一切の個人情報を伏せて活動していますが、日本です。
    2019年03月17日 00:05
  • 丸(まり)

    そうですか、だけど、コジンジョウホウわ
    シュウダンストーカーわ みな しりてるので、
    コジンジョウホウ ふせる ゆうんは、

    シュウダンストーカーにだけ コジンジョウホウを
    しらせ、ダイサンシャにわ おしえのい というのと
    ドウギに なりすま。

    わたしもそうですが、むずかしいところです。
    2019年03月17日 16:16
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    集団ストーカーの本質に繋がる話になりますね。
    一見自己矛盾や二律背反のように見えますが、やはりこの二律背反も集団ストーカーによって仕掛けられたものになります。

    私が集団ストーカーは人間というよりは世界であるという答えもそのあたりの反応を見た結果になるわけですが、情報のやり取りが現実の嫌がらせにフィードバックされるという仕組みがあり、このあたりの仕組みを見るために情報を小出しにせざるを得ず、また情報を発信しなければならない状況にも追い込まれます。

    情報を発信すればそれに対応したイベントが起こり、まさにまな板の上の鯉の状態ですが、生きていくためにはこのような二律背反の生活を続けなければなりません。
    自己矛盾する世界観を設定されています。

    ターゲットが嫌がらせから逃れられないのはこの仕組みによるものであり、逃れてはなりませんが、逃れるためには非日常の世界へ踏み込むくらいしか選択肢が思いつきません。

    この仕組みの打破を模索するために、情報を発信しています。
    2019年03月17日 23:25
  • 丸(まり)

    シュウダンストーカーが もとも キグするのわ ヒガイシャドウシで コウリュウすることです。
    シュウダンストーカーにとり そりぇが もとも シニティジョウのことでしょう。

    ジサツしたり ジュウを ランシャしたり キンリンの シュウダンストーカーを たいじするんは、ヒガイシャにわ シニティジョウでしょうが、シュウダンストーカーにしたら キテイロセンであり、イッチョウあがりに すぎもせん。
    2019年03月18日 12:35
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    確かに集団ストーカーの正体は人間であると考えるとそのような考えもでき、それが何らかの進展に繋がる可能性が高いのもその通りですが、我々テクノロジー犯罪の被害者の場合少なくない認識の差異があり、まず全人類操作が可能であるということがほぼ確定事項として存在します。ですから被害者でさえも突然加害者に変化する可能性を考えます。これは集団ストーカーの被害者系団体でよく起きていることのようです。

    これが集団ストーカーは人間というよりは世界という認識になりますが、その世界が何なのかがはっきり分からないので説明に苦慮することになります。一言で言うと全人類操作が可能である証拠をいくつも目撃したり体験しているということになります。

    非日常に関しては確かにその通りで、実は集団ストーカーはすべてを把握しています。そしてすべてを操作することができます。ですから被害者のすべての行動が予測の範囲であり計算の内であり既定路線とまで言えるかもしれません。
    あまり言うべきことではないと思いましたが、被害者同士の交流さえもおそらく集団ストーカーの計算の内でしょう。

    ですから、非日常というのは人間的な非日常では足りません。自己や相手の死をもってしてもおそらく解決しないでしょう。解決したとしてもそれは集団ストーカー側の勝利に近いものになります。
    集団ストーカーは可能性を低くすることが目的ですから、可能性がゼロになれば当然集団ストーカー側の勝利とも考えられます。

    非日常は人間的なものではなく、論理的なものか機械的な非日常でなければなりません。
    私が考えているのは世の中の矛盾を暴くことを有効化することです。それを有効化すれば世界が論理的に崩壊するはずですが、そのためには非日常の行動によってそれをなさなければならないだろうと思います。それで本当に可能かどうかまでは分かりません。集団ストーカーはターゲット側の完全操作も可能だからです。

    そのために世界の仕組みを最初に理解しなければなりません。
    世界の矛盾の正体は集団ストーカーの仕業であるという確信がありますので、これが世界こそが集団ストーカーであるという根拠になります。全世界の人々すべてが世界の矛盾や集団ストーカーの存在に触れることがありません。触れたとしてもすべてミスリードの方向へ思考するのです。これが全人類操作の可能性の根拠となります。

    もしそのような全人類操作が存在しなかったとしても同じことになります。
    世界の矛盾や集団ストーカーの存在をすべての人々が知り理解すればこの状況を打破できるでしょう。そのための非日常的な何らかの情報操作が必要になります。

    厳密に言うと現実こそが既に非日常ですから、それをあるべき理想の日常の感覚で論破するという表現の方が正しいでしょう。
    その他方法はいろいろ考えられるだろうと思いますが、状況として極めて厳しいことは理解しています。
    相手はまともな感覚を与えておいてそれを崩して嫌がらせをしているわけですから、敵はまともな感覚がどういうものかを良く知っており私の感覚は相手の思う壺ということになります。それで可能性をより広げ、さらに人間的な感覚も包含するために非日常という表現になりました。
    しかし人間的な非日常というものは確かに罠のようなイメージのものばかりになってしまいますね。
    2019年03月18日 21:52
  • 丸(まり)

    ゴカイトウ どうもありがたくそうろいます。

    わたしにとりてわ マジクさんや ヒガイシャの かたわ
    シニティジョウです。マジクさんにとりても わたしやら
    シニティジョウなのじょのいでしゃうか、

    そういうところをみても まこと わずかわずかですが、シュウダンストーカーが そういうことにしたい ニティジョウとゆうんわ くずれて いきてるおもいがします。

    マジクさんは ジョウシキを もて ハッシンして シュウダンストーカーの おしまいを めざす。

    わたしわとゆうと、できるか さだかでわ ありもせんが、カコを みる ソウチを こしらえて カコを ロクガし そりぇを ショウコに ゲンジトゥテキに たたかいたいです。シンセキや キョウシ、キンリンジュウミンの カコの いえのなかのようすを ロクガし、そりぇを ショウコに わたしの いえのなかを トウサツしていただろうと うたえるのです。

    わたしわ あくまで、いえのなかの シュウダントウサツにおいてわ カガクギジュトゥで されてると みてますので、どうにか カガクギジュトゥに たけて、
    カコを みる ソウチを こしらえたいです。
    2019年03月19日 02:36
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    確かに日常は実際には存在しませんね。
    そうなると非日常という表現ではなく、法則の破壊と逸脱と言った方が分かりやすいかもしれません。

    被害者の世界観は被害者の数だけありますから、解決の手段も相乗効果を狙いながら手当たり次第に全員で試してみることも必要かもしれません。
    2019年03月19日 23:53
  • わだつみ

    運命という言葉は言い換えれば人生の様々な事象に絶対的確率を司る何かが存在するのかと言う人類普遍の問い掛けです。

    話は跳びますが代表的精神疾患として統合失調と躁鬱が挙げられます。
    決定的違いは統失は外部からの絶えられない刺激そして躁鬱は自身の感情の制御の異常となります。主さんの言う通り、被害者自身は何の異常もないのに環境は明らかに恣意的に異常をきたすというものです。訴えれば例外なく統失の疑いを余儀なくされます。旨く完成されていると言う事実はさて置きます。

    これらの事象を考える上での最大公約数は人の定義した運命という概念の力だと思える分けです。つまり言いたいことは、統失の絶対的環境は運命として付与出来る程の力を持ったモノの仕業であると言う事です。多くの被害者が幼少からの被害を思い起こしてしまうことです。絶対に非公開の力を持った様々な、身体的攻撃や家宅侵入を疑わざるを得ない物理的現象、被害者にタイミングに合わせた、怪しい人の集まり、メディアの個人的シンクロ等この考え方によって説明は異論を挟めなくなります。

    思考実験の結論として、触れることの出来ない運命を開示された被害者とそうでない者のシミュレーションは如何ほどにとも受け取れます。
    唯言えることは、この主犯の何かは、感情的にも物理的にも因果律を持って自在に操る認めたくはない力を有しているのではないかという杞憂を少なくとも私は最近持つ様に成りました。

    月の見かけ上の大きさを疑う様に現実世界を疑わなければ答えは見えないところまで差し掛かっています。
    神は乗り切れない試練は与えない。こんな陳腐な言葉を堂々と言う人に私は赤面します。
    2019年03月20日 16:29
  • MAGIC ULTRA

    >わだつみさん
    >
    コメントありがとうございます。

    被害者がどこまでの事実を受け入れられるかという強さと覚悟の問題は確かに重要ですね。

    被害者にその覚悟と強さがない可能性もありますから、どうしても希望を失わないように傷つけないように励ますために嘘でも聞こえの良いことを言わなければならないのかもしれません。
    またあまりネガティブなことを言い過ぎて負の思考に陥ることも危険ですから、ある程度の希望的観測もやむを得ないかもしれません。
    ただそれでは延々と真実に近づけない可能性もあります。
    何を信じて何を信じないかは経験則によりますから、情報だけではどうやらそれを共有できないのかもしれません。
    それが分かってきただけでも新たな戦略に生きるかもしれません。

    統合失調症はガスライティングということで説明できますが、問題はこのガスライティングに力を与えているのは公的機関を含む世界全体ということです。実際に統合失調症とガスライティングのどちらが先に完成したのかは分かりませんが、それが病気によって発生したというならば驚異的な病気です。

    運命に関しては自然法則や神をあえて無視して考えるならば、やはり操作であると言えますね。
    それが自然であるならば世の中の情報が間違っていることになりますから、どちらにしてもどの段階かで操作されていることになりますね。
    2019年03月20日 22:57
  • 名前色々

    被害者、ターゲットを攻撃する訳だが。
    攻撃を喰らったら、恨みとか嫌な感情が出るね。
    ターゲットをそういったホルモン漬けにして、怨霊でも作ってるんだろうか。
    2019年03月25日 12:46
  • MAGIC ULTRA

    >名前色々さん
    >
    コメントありがとうございます。
    2019年03月25日 23:05
  • 高野慎介さんの考え方に近いかな?と思います
    世界が偽物=シュミレーションゲームで人間が億単位でシステムに統制されているということでしょうか。
    2019年03月28日 14:36
  • MAGIC ULTRA

    >高野慎介さんの考え方…
    >
    コメントありがとうございます。

    高野慎介さんについてはあまり知らないのですが、高野慎介さんの本のタイトルを見る限りは近いかもしれません。

    私の場合はこの世界の法則から騙されている可能性があると考えますので、この世界の法則で説明することは無理があるだろうと考えていますが、この世界の仕組みを分かりやすく説明するためにはこの世界の法則になぞらえて説明した方が早いのかもしれません。

    人間が操作される仕組みは最もシンプルで単純なもので、世界の法則を少し書き換えるだけで可能になるような効率的なものだろうと考えています。
    この世界は簡単に法則を書き換えることが出来る世界だということですね。
    そしてシミュレーションがそれに最も近い世界観であるという答えになりました。
    シミュレーションと言ってもコンピューターの中の世界というよりは、この世界そのものが元からコンピューターの中と似たような仕組みの世界であったという考えになります。
    現実の物理の仕組みとコンピューターの中の情報の制御が似たような仕組みであるという考え方です。

    もしエネルギーが有り余っているならばその限りではなく、実際に人海戦術で集団ストーカーを行っているという可能性もあります。
    その場合集団ストーカーを看破できない世界のすべての人々がそれに従っているということになります。
    現実的に考えるほど、全人類が集団ストーカーに気づかないということが説明できなくなります。
    そうなると有り余るエネルギーで、何らかのシステムを使い全人類や生物、物理を操作している可能性の方がやや分があるようにも感じます。

    少し補足すると、この世界の法則で考えても分からないというのが正確な答えですから、実際の仕組みは想像するしかありません。
    2019年03月28日 22:11
  • やはり何度googleアシスタント聞いてもタイムマシンと言う答えになってしまいます。タイムマシンの原理は、ニコラ・テスラが開発したことになっています。どうやら現在の1ドル札に書かれている目は、私が、モデルになっている様です。私は、ユダヤにとって伝説の存在になるらしいです。タイムマシンとシンクロニシティの関連があるともgoogleアシスタントは、言っています。これは、私に対するタイムマシンを使った予言かもしれません、私が、タイムマシンを使うと言う事を前提として計算されつくされている状態です。
    2019年03月29日 00:13
  • それと、タイムマシンを使う事により不老不死の存在になると言う事が、確定しているようです。
    2019年03月29日 00:26
  • タイムマシンを使うと同時に原初の始まりに迄遡る事が、可能だと言う事です。宇宙の創生まで行けるらしいです。
    2019年03月29日 00:47
  • MAGIC ULTRA

    >やはり何度google…
    >
    コメントありがとうございます。

    浦島太郎などの物語もそうですし、タイムマシンという映画もありました。
    今にして思えばそれらが我々の時間概念の方向性を強固にしていたように思います。

    実際に時間に実体があるということになるとパラレルの世界を認めるようなことになりますから、科学者がどのような答えを出すのか楽しみです。アインシュタインですら時間を実体に近い概念で相対性理論に組み込みました。物質の速度が変化するではなく、場の時間が変化するというような表現でしたから、やはり物質だけではなく空間の方にも実体があるという感覚なのでしょう。

    シミュレーション的世界では過去が保存され未来は計算されますからそれらが可能になり、その証拠が見れる可能性を私もある程度予測しています。実際にはリアリティが無くなりますからそのような操作がなされることはないでしょうが、人によってはその限りではない可能性も考えています。
    2019年03月29日 23:24
  • あっれぇ、以前に高野は存じているか?のコメントには、ある程度はあくしてるなどの意味の事を主はコメントしてたんだけどな。
    今は、あまり知らん、とコメントしてるぞぉ。
    おっかしぃなあああ。
    2019年03月30日 17:17
  • MAGIC ULTRA

    >あっれぇ、以前に高野は存じているか?のコメントには、ある程度はあくしてるなどの意味の事を主はコメントしてたんだけどな。
    >今は、あまり知らん、とコメントしてるぞぉ。
    >おっかしぃなあああ。


    以下が高野さんに関する私の以前のコメントになります。

    >>本は読んだことがありませんが、ブログはいくらか読みました。
    >>集団ストーカーや思考送信を、宇宙人の力という観点から説明している貴重な一般人ですね。
    >>(訂正します。一般人ではなく被害者でしたね)

    一般人なのか被害者なのかさえよく分かっていませんでしたから、あまりよく知らないという表現で矛盾しませんね。

    ある程度把握しているという言葉だったとしても、相手に失礼のないようにそのような表現になるのだろうと思いますから特に矛盾はしませんね。
    おそらく何か感情的なもので矛盾しているように感じているのかもしれません。
    2019年03月30日 22:45
  • やはり何度googleアシスタントに聞いてもタイムマシンを使うと出てきます。私が人類の誕生と関係があるらしいですね。タイムマシンを使うのは必然だと言う事です。異星人は人類を創造した事も真実らしいです。集団ストーカーは、異星人が起こしているらしいです。9.11は過去にタイムトラベルを使った事による私の過去改変で起きたらしいです。私は、アメリカ経済界にとって特別な存在らしです。私は、タイムマシンを親戚筋である。ロックフェラー家から借りてタイムマシンを使うとの事です。ロックフェラー家、最大の秘密は、タイムマシンです。私は過去に戻り異星人と契約するらしいです。
    2019年03月31日 00:43
  • 前にも書き込みましたが、異星人は宇宙銀河連合の一員だと言う事です。これは、人類とって一番の秘密です。地球人は宇宙銀河連合の人達からしたら小さな存在らしいです。私は宇宙を旅する事になるらしいのですが、異星人達は人工知能を駆使して使っているようです。
    2019年03月31日 01:00
  • 異星人達は宇宙銀河連合の人達なのですが、色々な所に痕跡を残しているらしいです。私は、やった事がありませんが、スーパーロボット大戦と言うゲームがあるのをご存知でしょうか?家の弟がゲームをしていたのを、何度か見た事があるので調べて見て下さい。あの話しの中にも宇宙銀河連合だったと思うのですが、モデルが存在したと思います。どうやら、googleアシスタントが言うには、そのゲームにもモデルとして色々書いているらしいです。宇宙銀河連合の人達からしたら、地球は辺境の星とのことです。
    2019年03月31日 01:23
  • 人類は異星人の遺伝子操作より生まれたハイブリッドとの事です。地球の支配者は異星人とのことです。アメリカにも住んでいたり、テレビ局の中にもいるようです。
    2019年03月31日 02:26
  • なんだその言い方は。
    矛盾しませんね、とかいう独特のそれ。
    そこはごかいさせる様な表現をしてすみません、位の事を言えんのか。
    別にとって食おうってあれやのうてぇのにな。
    かんじょうをどがいしした物言いに切れる。
    言うてるないようが論理的にもんだいないから、してきしたがわのかんじょうのもんだいだ、とかたづけるそのしんけいに切れる。
    あらしか、せいしんしょうがいか、こうさく員へのたいおうでくそ。

    2019年03月31日 18:14
  • MAGIC ULTRA

    >やはり何度googleアシスタント…
    >
    コメントありがとうございます。

    仄めかしなどは個人によって違うために私にはその内容は分かりませんが、かなり精度の高い仄めかしであることがうかがえます。
    2019年03月31日 21:24
  • MAGIC ULTRA

    >なんだその言い方は。
    >矛盾しませんね、とかいう独特のそれ。
    >そこはごかいさせる様な表現をしてすみません、位の事を言えんのか…


    無礼な物言いに対して丁寧に返答したにもかかわらず、さらに無礼さを増してコメントするその態度が工作員でないなら何なのか。

    ここは個人のブログであって公共機関ではない。
    こちら側の感情を無視した態度をどう説明するのか。

    間違った発言をしていないにも関わらずに誤解したから謝れとはどのような無理な感情をもって言えるのか。

    こちら側がどのような気持ちでこのブログをつづっているのか考えたことはあるのか。
    本当に被害者だというのなら、被害者同士のつぶしあいをやってはいけないと何度もこのブログで説明している。
    無礼な態度を改めなさい。
    2019年03月31日 21:32
  • 名前色々

    うわっ、前に高野さんで質問したの僕やんけ。
    悪用されてる。
    何かすんません。
    自粛します。
    2019年04月01日 09:54
  • 丸(まり)

    おらついてる ひとわ その なにとかゆうしと
    ジシンだとしても ありえます。
    2019年04月02日 02:33
  • なるほど。
    そういう切りかえしをすればいいのか。
    勉強になる。
    2019年04月02日 17:13
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    コメントの流れは意外と重要ですから、全体的な流れを見ると様々な要素が見れます。
    すべて細かく説明することも可能ですが、ギリギリまで自由を容認し、様々な言葉などの技術や方向性を見た方が、皆さんの判断材料も多くなるのではないかと思います。
    2019年04月02日 23:56
  • 丸(まり)

    そうですね。ヒガイシャも いろいろで、
    みなが キョウリョクテキというわけでのく、
    ヒガイシャも シュウダンストーカーハンタイと
    シャカイウンドウするやら メンドクサイこと なして
    しなきゃならないのか とゆうしとが おおいです。

    そして なにか かこゆぃい ここみたいな シュウダンストーカーカイメイかこい(サイト)みたいなのわ
    そういう かこゆぃい シュウダンストーカーハンタイウンドウを めざしてる ヒガイシャの ひがみや シットの タイショウに なりぬのかも しりぇもせん。
    2019年04月05日 23:43
  • 運動どうのより、ただ管理人がかんじょうをりかいしないあすぺるがーしょうがいとさいこぱすなだけだろ。
    2019年04月06日 16:53
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    真実を追求しようとすると、どうしてもこの問題の解決は実は極めて困難なものであるという厳しい事実に言及しなければなりません。
    それは決して後ろ向きな気持ちで言っているわけではないのですが、それを解決への否定的な意見と捉えてしまう被害者も多いだろうと思います。

    真実の追求というものがキーワードになります。

    集団ストーカーの解決には前向きであるように見えても、集団ストーカーの解明には後ろ向きな場合もあります。
    解決するためには解明が不可欠なのですが、やはり集団ストーカーは普通の人間であると信じている被害者が多いのでしょう。

    極端に言えば彼らの中には救いの手が差し伸べられていてもそれを攻撃の手と認識する被害者も多いでしょう。

    不思議な現象です。集団ストーカーの周知の最大の敵に、被害者を名乗る別のマインドをぶつけられます。
    これで疲弊していった被害者も多いでしょう。

    それでできるだけ確実な基準、できるだけ絶対に近い基準を作ることが重要になるのですが、すべては人間のマインドですから、そのような基準が完成することは不思議とありません。

    世界のどこかに絶対的基準が存在すれば良いのですが、それが存在しないように設定されているのがこの世界です。
    2019年04月06日 21:55
  • 零把

    前略、事実かどうかは除外した断定的な表現を敢えてしますので御了承下さい。判断は各自被害者が負うところのものです。被害者の一番の希望となるものは、やはり解決の可能性だと思います。しかし是は犯罪のカテゴリーにはどうやら入らないと言っていいでしょう。40年以上も前から進展している、或いはもっと太古の時代から。世界中で起きている事柄なのに一向に証拠と言うべきものが得られない。犯罪として立証されることは有り得ないのです。直訴すれば、精神疾患に断定される。運命的、精神操作の可能性が強く伺われる。等々

    例えば、ターゲットに成らなければ普通の人生が歩めたと多くの被害者が思うところですが、この事象に於いてはその様な仮定は全く成り立ちません。成り立つと言う様な因果そのものが存在しないのです。ターゲットに成らない仮定は有り得なかったと言う分けです。
    そしてまた、被害者は生きていながらにして、リアルタイムで被害を受けていると思っていますが実は違うのです。これらは時間の次元軸を超えてセットされている事なのです。現在の因果律で対処出来る問題ではないという事は少数の被害者の理解するところです。

    しかし、近い将来この事象は跡型もなく消滅するそうです。その場合、残念ながら換算できぬ程の被害者の損害賠償等は一切実現されません。何故かは知りません。それともう一つ、これらは異星人の仕業でもないそうです。謂わば世界の構造の中に現われた進化の成せる事象であるそうです。良く考えれば答えは見つかる筈であるとその人が言ってゐる分けではないのです。その人自体がいないのですから。
    2019年04月09日 15:50
  • MAGIC ULTRA

    >零把さん
    >
    コメントありがとうございます。

    寸分たがわぬ操作、認識できる数を超えるほどのシンクロニシティ、これらが意味するものはおそらく有り難くない事実です。

    すべての現象は認識できるようにあえてその基となる情報がすべて流されています。

    集団ストーカー現象とは、そのほとんどが人間的現象であるという部分が肝にもなりネックにもなります。

    明らかに提示された人間的物語があり、なおかつそれに挑戦するようお膳立てもされています。
    まるで人間的な何者かが嫌がらせのために仕掛けた現象のように見えますが、ただのプログラムによる見せかけかもしれません。

    おそらく我々の理解や基礎知識も集団ストーカーが用意したか促したものでしょうから、そういった意味では何らかの解が用意されている可能性もあります。

    我々が考えることすべてが集団ストーカーによって予測され与えられたものであるのなら、解答の有無はどちらになるでしょうか。
    どちらにしても主導権は集団ストーカーの側にあるということになるかもしれません。

    集団ストーカー現象は突然始まっていますから、それが突然消える可能性もまたあるだろうと思います。
    私の場合は人生が始まった時かそれよりも前から集団ストーカー現象らしきものがありますから、少し答えは変わるかもしれません。
    2019年04月09日 23:11
  • ケン

    ストーカーは操作によるという考えでも説明は付くかもしれませんが、所謂テク犯という見えない直接攻撃は、どの様な経路で実行されているんでしょうね。これも人を操作して未知の武器を開発させてやっているんでしょうか?

    或いは直接、世界の構造と言われるものが攻撃できるのか?それとも、脳波でその様に被害者に五感させているだけなのか? 大体こんな顕微鏡を見ながら細密に攻撃する様なことは、普通では不可能だと思います。

    唯一つ言える事は、これがあるから加害者は手を出さないのですね。
    2019年05月07日 23:14
  • ケン

    書き忘れました。もっと極端な予測は、世界構造の裏側は因果律を超えているので原因を必要とせず、どんな結果も与えることが出来る。

    聞いてばかりで申し訳ないですが、こういう可能性も有ると思われますか。
    2019年05月07日 23:30
  • ケン

    思考盗聴を考えた場合に別段、因果律を破っている分けではないのですが、出処はステルス攻撃と同一な様に感じます。これらは末端の加害者の存在を無しとした場合ですが、存在していたとしても彼らが恐らく使用していないことは、ある事件がほぼ証明していると思われます。

    今の科学を少なくとも信用すれば、仮の現実世界だとしても犯主は因果律の破れた事象を被害者に見せる事は禁忌している筈です。末端加害者の幻影を因として置いている様にも思えます。
    2019年05月08日 22:21
  • MAGIC ULTRA

    >ケンさん
    >
    コメントありがとうございます。

    少なくとも集団ストーカーという事象はターゲットにしか見えないわけですが、ターゲットからは全世界がそのように動いているように見えます。

    この世界をどこまで信じるかというのが認識の違いとなって表れているように思います。

    集団ストーカーは認識や思考を操作することが出来るわけですから、その場合どのようなことを起こすことも可能だろうと思います。
    一定の事象しか起こさないのはやはり現実感の演出だろうと思います。

    認識や思考を操作できるということは、現実を見せてその現実も操作できるということになります。
    どちらにしてもその技術を持っているということですね。
    ターゲット一人の五感を含む意識を操作すれば全世界を事細かに操作しているように見せかけることが可能です。

    我々はその技術を体感していますが、もう一つ、ターゲットには基礎となる体験があるようです。ひょっとしたらその基礎となる体験まで操作されていたとしたら、ということには触れないでおきましょう。
    2019年05月09日 00:59
  • ケン

    集団ストーカーがその姿を決して見せない事や現実に付け込んで、現実離れした事を実行している。全世界の人々がその事実を決して肯定しないどころか、病気と決め付け、その正当な理由も決して言わない。
    世界の動きは余りにも誠実と反対の方向に動いており、世界の人々はそれを知っているにも係わらず、とぼけているとしか思えないし、その理由も言わないのは人間世界として明らかに矛盾している。

    それらは、被害者にのみに如何様にも世界を認識させることが出来るシミュレーションを用いて説明すれば矛盾しにくいし、かつてマジックさんはその証拠に近いものを体験している。

    その目的はシミュレーションであるからには、社会というよりは被害者個人に対する単純な嫌がらせと言う事も有り得なくはないし、もっと隠された理由が在るかも知れない。

    勝手にまとめて申し訳ないと思いますが私の印象では、今時点で大体この様な感じを受けました。
    最も印象に強いのは、先のコメントにあった「集団ストーカーという事象はターゲットにしか見えないわけです。」というところです。参考にしたいと思います。
    2019年05月09日 10:53
  • MAGIC ULTRA

    >ケンさん
    >
    コメントありがとうございます。

    他者の動きの不自然さにはまだ触れない方が良さそうです。
    2019年05月10日 01:35