集団ストーカーによる社会操作

集団ストーカーのコントロールにはレベルがあります。
このレベルの違いをはっきりさせなければ、認識がすれ違い、混乱することになります。
意図的に、言葉の意味をずらして話し、混乱させるミスリードも盛んに行われています。

個人の思考を直接コントロールする思考操作。
個人の思考を情報によって操る情報操作。
個人の身体を直接操る感覚操作、思考操作。
個人の身体を間接的に操る情報操作、周囲の操作。

社会そのものを操る情報操作、物理操作、動物などの生命体操作。

そのなかで、人々に知られないように不都合を作り出す、不足の演出は集団ストーカーの主要攻撃です。
不足の演出は、満たされ過ぎている人物がメディアなどに登場することなどでも、その落差を利用して作り出されます。

集団ストーカーの事象では、直接、人間をコントロールすることが可能なことが分かっているために、それ以外のコントロールはすべて茶番のように思えますが、人々を真実から遠ざけるために、理解を困難にするために、それは何重にも重ねて行われています。

人の体を直接コントロールしながらも、社会的にそうするしかないような立場に追い込むことも可能であるということです。
コントロールのレベルは様々であり、それは被害者によって異なります。

真実としては、当然高度なコントロールの方が信じ難い現象ですが、真実に近づくことになります。

つまり、電磁波のようなもので人間の思考を操る被害状況こそが最も高度な集団ストーカー被害であり、最も真実、世界の真実に近いものであるということです。

当然、それ以下のコントロールに関しては、どこまででもコントロールのレベルは下げられます。
それがミスリードとなり、一般の人の場合、最もレベルを下げた状態のコントロールをされているということです。

具体的に言うと、最もレベルを下げた集団ストーカーのコントロール技術が、社会による人々のコントロールです。

正確に言えば、レベルの違いは演出の違いでしかなく、すべて集団ストーカーのコントロール下にあります。

それはわざと生きにくい社会を作り出すことで、人間をたやすく操れるようにして行われます。

世の中の不満のほとんどは、解決しようと思えば可能なものですが、社会はそのようには動きません。

その理由の説明を求めると、誰もが経済的な問題や人口の問題にすり替えようとしますが、うまくやろうと思えば、国によっては法律で強引にまとめようとしているところもあるわけですから、解決することは可能なはずです。

世の中が生きにくいと感じているのならば、それは集団ストーカーにより、作り出されたものです。

人間の性質は全員同じであり、求めるものも全員同じです。
それを意図的に欠落させ、奪い合うように競わせることで世の中は成り立っています。
法律をもって強引に、うまくまとめることは可能です。
一歩引いて、人間の性向をもとにコントロールすれば良いのです。

しかし、それとは逆の方に世の中が動いていることに、不審を感じている人々がいて、さらにはそのコントロールを直接身をもって体験している人々がいます。

不足や不満は社会によって意図的に作り出されているものがあるということを見抜かなければなりません。
それは幻ではなく、現実の嫌がらせです。

世の中の人々のほとんどがおかしいと言っているものが直らないことがおかしいのです。

集団ストーカーとは何なのかという答えを簡単に説明することは出来ませんが、言葉の雰囲気ではそれは誤解しか生まれません。

集団ストーカーとは、世界のすべてをコントロールしている何らかの力のことを言っています。
その力は意思を持っていて、被害者に直接語りかけてくる場合があります。
その内容は、世界を操っている証拠を示すような驚くべきもので、被害者の想像を遥かに超える内容ですから、妄想で現れるような類のものではありません。

事実、それはガスライティングという事象や、マスコミの変なニュースという形で現実化しています。

事実として、マスコミでは集団ストーカーのようなニュースが現れたり、火消しのようにごまかされたり、別の内容にすり替えられたり、奇妙な流れを作っています。

バカバカしいニュースが流され続ける理由を、誰も説明できません。

集団ストーカーとは、すべての情報を操り、人間に不都合な状況を作り出す嫌がらせです。
その力の根源は分かりませんが、世界が人々の意志とは逆の動きになることで、その存在を感じることができます。
集団ストーカーの被害者の場合は、直接周囲の状況をコントロールされている証拠を示されることによって、その存在を嫌がらせによって感じます。
テクノロジー犯罪の被害者に至っては、直接体にその嫌がらせを送信されます。

これは嫌がらせの種明かしのレベルの違いであり、通常のニュースやおかしな政治によってそれを示されることもあれば、直接周囲の状況を被害者に不利な状況にすることによってそれを示す場合や、直接思考に種明かしを送信することもあります。

集団ストーカーとは、うまく生きることができないように操作される嫌がらせです。
それは社会そのもののコントロールから始まり、最終的に思考のコントロールに至ります。

社会がうまく回らないのは誰のせいなのかという答えを出すことが出来ないのはなぜなのか。
それは悪い人間がいるからで、一定数の悪い人間が現れることは仕方がないと考えるのであれば、身の回りにその悪い人間はいるのか。
人々を苦しめる悪い人間の正体とは何なのか。

それは単に人間同士の戦いではないのです。

人間同士であれば、簡単に解決します。
これだけ同調圧力がある国で、悪い人間だけが堂々と出来るのはおかしな話です。
悪い人間を矯正して生きやすい世の中に変えることは造作もないことです。
それが出来ないのは、集団ストーカーという世界を支配する謎の力が存在しているからです。

どちらが嘘を言っているのか、世界の状況を見れば分かるはずです。

この記事へのコメント