テクノロジーの認識レベル

テクノロジー犯罪は、その技術レベルの認識に差異があり、主にローテク、ハイテク、オーバーテクノロジーに分けることが出来ます。

ローテクは、主に人間の技術による犯行であるという考え方です。
トリックや洗脳、暗示などのテクニックを使い、テクノロジー犯罪に見せかけるというものです。

ハイテクは、現行の流布されている科学技術で、この現象を説明しようとするものです。
電磁波や超音波によって脳波や感覚を操作する、薬品や化学物質によって感情や記憶を操作するという考え方です。

オーバーテクノロジーは、現在流布されていない、存在するはずがない科学技術によってテクノロジー犯罪は行われているという考え方です。
現在流布されている科学技術は嘘であるという主張も含みます。

代表的なものとして次のような考え方があります。

ローテクの場合
洗脳、暗示、薬品による攻撃、遠方からの狙撃による攻撃、物理的なトリックを使った攻撃。人海戦術。

ハイテクの場合
電磁波による攻撃、超音波による攻撃、放射線による攻撃、化学物質による攻撃、薬品による攻撃。

オーバーテクノロジーの場合
脳内の記憶配置、思考システムを操作できるデバイスやエネルギーによる攻撃。
世界の空間、時間を操作できる装置による攻撃。
宇宙そのものがホログラム装置による幻であり、すべてがバーチャルリアリティー装置による錯覚であるという考え方。


これらは受けた攻撃の種類や、仄めかされた物語の内容によって理解が変わります。

テクノロジー犯罪の被害者の中には、気象操作という極めて珍しい種類の現象を体験した被害者が複数存在します。
これは自分の行く先々で天候が変わる。珍しい気象現象を目撃する。自分が建物から出た途端に雨になり、建物に入った途端に止むなど、現行のテクノロジーでは説明出来ないものです。
被害を訴えている被害者が少数であるため、まだあまり重要視されていませんが、これが可能ということになると、テクノロジー犯罪の科学の範囲を大きく広げなくてはなりません。

現在天気はかなり細かく予測することが可能になってきているため、ぎりぎり現行のテクノロジーでもこういった操作は可能かもしれません。

電磁波や超音波などによって脳波などをコントロールする技術についてですが、現在それが成功したという情報はありません。この話はタブーなのか、科学的な技術書にも記載されていないようです。
アメリカで行われたMKウルトラ計画なども、それよりはかなり古い科学技術で行われているため、記憶の一部を消したり混乱させたりする程度であったようですが、真相は明かされていません。

科学という幻に囚われるなということでしょうか。

科学には、矛盾を強制的に消すという力があります。しかし情報が高度になればなるほど個人による検証が難しくなり、国家の陰謀に呑まれている感も出てきます。
下位の科学が真実であっても、上位の科学が真実とは限りません。

集団ストーカー現象は、永遠の乖離を作り出す嫌がらせです。
科学がどれだけ発展しても解明されても、謎は増え続けます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック