真実は一つではない可能性

集団ストーカーはすべてを逆転させる存在です。
この世の真実は一つだけと言うのは思い込みかもしれません。

被害者のブログでは、それぞれの立場を主張しています。
すると、おのずと自分の主張と違う主張を否定してしまいがちになります。

集団ストーカーの被害は人によって異なります。
集団ストーカーの犯人像も人によって異なります。

例えば、特定の宗教団体が集団ストーカーの正体であると考えている人は「宇宙人が集団ストーカーの正体などというのは馬鹿げている。宇宙人など存在するはずがない。そんなことを言っているから統合失調症だと言われるのだ。彼らは本当の統合失調症患者であり、我々とは違う」と主張します。
それに対して宇宙人が集団ストーカーの正体であると考えている人は「小さな宗教団体ごときにこのような芸当が出来るはずがない。この現象は宇宙人レベルでなければ成し得ない」と主張します。
また思考送信を受けていない被害者の場合は「電磁波犯罪など存在しない。彼らは集団ストーカーの被害者を統合失調症に見せかけようとする工作員である。集団ストーカーの正体は人間である」と主張します。

なぜ被害者によって主張が異なるのか、それは集団ストーカー現象のほとんどは被害者の脳内の操作によって行われているからです。
それは巧妙に現実とリンクさせて行われます。
現実での操作はすべて現実的なものです。幻覚を除けば、現実はそれほど大きく動きません。
現実の操作と同時に脳内の思考を操作することによって、考えられないような犯人像を多様に作り出しています。
思考送信が可能ということは、どのような犯人像でも作れるということです。

しかし、現実がひとつだけだと考えてしまうと、集団ストーカーの正体に迫り切れない可能性があります。
そのためにもうひとつの答え、被害者によって真実が異なる可能性にも触れておかなければなりません。

それは被害者が真実に到達できない説明にもなります。

真実は一つではない、これは言葉のレトリックではなく、本当に世界そのものが複数存在する可能性のことを言っています。

人によってそれぞれのパラレルワールドを持っており、その一部がこの世界で交錯しているようなイメージでしょうか。

被害者によって存在している世界が違うということは、被害者の数だけ真実があるということになります。

そうなると、創価犯人説も、宇宙人犯人説も、どちらも正しい真実ということになります。
ある被害者の世界では本当に集団ストーカーの正体は宗教団体であり、また別の被害者の世界では本当に宇宙人が集団ストーカーの正体であるということです。

さらには、集団ストーカーなど存在しないという答えさえも正解になる可能性があります。

人によっては、集団ストーカーの被害者は本当に統合失調症患者であり、被害者が受けている被害は妄想であるというのが真実となります。
この答えは矛盾してしまうように思えますが、集団ストーカーほどの高度なテクノロジーを持っていれば、そういった世界を作り出すことが可能なのかもしれません。それは集団ストーカーが自らの存在を消した世界です。

この世界の正体がバーチャルリアリティーであるならば、そういった多層次元のような答えも可能です。
意外に多くの科学者が、世界がホログラムやバーチャルリアリティーである可能性について説明しています。

集団ストーカーが存在するのですから、その答えもあり得るのです。

世界を作っているのは人間ではなく、おそらく集団ストーカーです。
人間が世界の真実を探れるはずがないのです。
集団ストーカーはすべてを操作できるわけですから、答えを変えることも自由自在です。

集団ストーカーと戦うためには、あらゆる可能性に対処できるように覚悟しておかなければなりません。
集団ストーカーは世界そのものをコントロールすることができるのです。
集団ストーカーは真実を変えてしまうという攻撃を得意としています。

すべてがコントロールされているのならば、集団ストーカーの問題は解決が不可能であるように思えますが、それでも生きているのですから、何か為すべきことはあるのでしょう。

当面は、集団ストーカーが仕掛けた言葉のレトリックと戦ってゆくことになります。
集団ストーカーと戦うためには世界そのものの理解も必要ですが、人間のコントロールを理解しなければ解決に向かいません。
世界の矛盾を暴き出すことにより、集団ストーカーの行動に制限を与えることが可能です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック