マインドゲームとは何か

マインドゲームは、ターゲットの記憶を混乱させたり、勘違いを誘発させる嫌がらせです。
わずかな違和感を感じさせて、集団ストーカーの存在を仄めかす悪戯のようなものも含まれます。

靴下やセーターなどが唐突に伸びている。
靴の中に小石のような尖ったものが入っている。
消したはずの電気や家電が点いている。
携帯電話やリモコンの反応が悪くなる。
ビデオで予約しておいたはずの番組が録画されていない。
テレビのリモコンがいつも置いてあるところに見当たらず、意外なところに置いてある。
醤油などの調味料が思っているほど減らなかったり、逆に増えていたりする。

被害者が普段使っている物に細工をする嫌がらせが多いようです。
その方法は様々です。

被害者の記憶の曖昧な部分に付け込むことが多いようですが、はっきりと記憶していることをあからさまに操作することもあります。
被害者の記憶の方を直接コントロールすることもあるようです。

また、物に細工をするだけでなく、ターゲットの感覚を惑わせます。

お気に入りの店の料理の味が変えられて、それほどおいしく感じない。
食べ物が傷んでいないのに、味がおかしい。
特定のタイミングで、いつも同じ特定の匂いがする。
特定のものから匂いがしたりしなかったりすることがある。
時計の時刻がずれていて電車に乗り遅れる。

電車やバスが時間よりも早く出発したり、時計の進む時間が速くなったり遅くなったりすることもあるようです。

知らない土地に行ったときに、道の角度を方向感覚を失うように調整しておいて、道に迷わせることも出来ます。
例えば碁盤の目のような道の作りの中に、微妙な斜めの道を加えることにより、ターゲットの進行方向を自覚させずに違う角度に変えて、方向感覚を混乱させることが可能です。
また、地図の向きを逆さに表示することで、方角を誤認させて道に迷わせることも出来ます。

このように時空が歪んだかのような錯覚を簡単に作り出せます。
この錯覚を利用すると、信じられないような現象を実現することが可能です。

メモやデータの書き換えも頻繁に行われます。
例えばブログなどでは、重要な項目が表示されなかったり消されていたり、何度チェックしてもその後、誤字脱字が頻繁に現れたりすることがあります。これは本人には分からず、見ている人のみに現れることもあるでしょう。
記録しておいた重要な証拠写真や動画などが消されたり書き変えられたりします。

マインドゲームとは違いますが、重要なデータに限って検索順位が上がらないことも多いようです。
インターネットに関しては、その情報がどこから来てどこへ行っているのか分かりません。
なので、特に集団ストーカー関連の情報が、正確に被害者に届いているとは限りません。
届いていたとしても、それぞれ被害状況が違うために、他の被害者の現象を信じない被害者の方も多いようです。
すべて現実に起きている被害だと思われます。

集団ストーカーは、世の中のすべての事象をコントロール出来ます。
統合失調症の幻覚症状も、その真実は、集団ストーカーの思考送信による犯罪だと思われます。
思考送信は気付かないだけで、一般のみなさんも普通に体験しているはずです。

思考送信を使えば強制的に勘違いを作り出したり、記憶を書き換えることすら可能であるため、マインドゲームを回避することは出来ません。

但し、ほとんどのマインドゲームは物の位置をずらしたり、物の大きさを変えたりする他愛のない嫌がらせに過ぎません。
自分の部屋で起きる場合は、監視カメラを自分の部屋に取り付けることで対処することができます。

注意しなければならないのは、それらの犯行は部屋に侵入した何者かによって行われているとは限らないことです。
集団ストーカーはそのレベルではありません。
すべてを遠隔操作によって達成することが可能な存在です。
例えば、被害者を無意識の状態でコントロールして物を動かし、その後記憶を消すことでも達成可能です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック