ほのめかしというメカニズム

仄めかしはその内容ばかりが注目されますが、そのメカニズムを解明しようとすると、あり得ないような事実が浮かび上がってきます。

仄めかしとは、例えば通行人など自分に関係のない人間が自分しか知らないはずの情報をそれとなく仄めかしてくる嫌がらせです。
最終的には言葉だけでなく、すべての要素が仄めかしのように見えてきます。

仄めかしというものは、例えば他人が自分の悪口を言っているように聞こえる被害妄想などと同じメカニズムが使われています。
集団ストーカーの被害者の場合は、それは意図的に構築された嫌がらせになります。
多くの場合、それが嫌がらせであることを示す確認の仄めかしなども同時に付加されます。

それが偶然ではないことをはっきりと感じることが出来るのはその巧妙なメカニズムのためです。

細かく説明すると、仄めかしのメカニズムは細かい段階に分かれ、その手法は決まっているわけではなくその都度様々なテクニックが使われます。

基本的な流れとしては、まず最初に土台作りが行われます。仄めかされる要素を作られます。
その後その仄めかしが嫌であると感じるように嫌悪感情が付加されます。それはアンカリングなどが使われることもあります。
更に前置きが与えられることもあり、予兆や嫌な予感として感じることがあります。
仄めかしにはそれが仄めかしであると気づくようにわざとらしさやインパクトなどが付加されます。
仄めかしの後にそれが仄めかしであったことに気付かせるためにそれを示すこともあります。
多くの場合、何度も同じ事を繰り返すことによって、それが偶然ではなく仄めかしであることを示します。


仄めかしはあらゆる部分に仕掛けられ、大掛かりなものはマスコミによるものや自然環境の変化などでそれを示すこともあります。

問題となるのはマスコミによる仄めかしの仕組みです。

例えばテレビ番組などで、次々と自分の状況に近い内容が仄めかされた場合、テレビ番組の制作者の中に自分の情報を知っている人間がいると感じられるでしょう。
それは間違いなく驚異的なシンクロニシティとして仄めかしは現れます。
しかし一方で、被害者同士の仄めかしでは、両者ともに相手の情報は全く知らない状況で両者に対して仄めかしが起こります。
これが仄めかしの驚異であり、相反する事実です。

これをどのように理解するかというのが仄めかしを考える上での最初の一歩となります。

つまり仄めかしの発生には人為的なものが加わっていない可能性があるということになります。
それはもっと高度なテクノロジーによる操作ではないかと考えられるのです。
それで一部のテクノロジー犯罪の被害者は、それを人工知能による全人類操作と捉えるのです。
そのように考えなければ辻褄が合わず、それはとてもまともな思考の結果です。

そしてそのように考えれば、仄めかしだけではなく、他の被害に関しても説明がつくようになります。

周囲の全員が嘘をつくか騙されているとは考えにくいのです。
被害者の数から考えれば、それは世界規模ですから、全人類が嘘をついているか騙されているということになってしまいます。それはあり得ないことです。
その矛盾を修正した結果が人工知能による全人類操作になります。決して突飛な考えではないのです。むしろ現状から考えれば極めて妥当な正論になります。
そしてテクノロジー犯罪の被害者は人間の思考や体を簡単に操ることが出来ることを、身をもって経験しています。いわばその証拠を体感している状況です。

仄めかしがなぜ起こるのか、そして様々な種類の仄めかしを総合的に考えれば、様々な矛盾が浮かび上がり、その矛盾を消すためには、最終的にその答えに行き着くしかありません。

矛盾を無くした結果がもっとも驚異的なあり得ない答えとなるというのがこの世界の真実のようです。
そしてその真実は、設計されなければあり得ないということにも気づくでしょう。
ですから私は設計者を設定するか、それに準じたメカニズムがなければこの世界はあり得ないという答えしか出すことができません。
どれだけ現実を見ていたとしても、これを誰も打破することができないのです。

そしてその思考に至らなかったり、その思考を明確に否定できないことが思考制限の証拠でもあります。それは個人として達成されても黙殺されます。大衆レベルでそれを認知できなければならないのです。
全人類操作であれば大衆レベルでさえ黙殺されるでしょう。
そこまでの答えは実は既に出ています。

実は集団ストーカーという現象そのものが答えとなっており、世界の真実を示すものです。

英語の情報では仄めかしの重要性に触れるものが少ないようです。
仄めかしというテクニックがアメリカ由来である情報も少なく、日本でのみ重要視されている可能性もあります。
仄めかしは種明かしに直結するテクニックですから、これは興味深い状況です。
日本でのみ種明かしが強力に進行しているとするならば、情報の中心は日本であると言えます。

急速なメディアへのバッシング文化の浸透もありますが、バッシングしている側がメディア以上にまともではありませんので、正常化は期待できそうもありません。

様々な要素を組み合わせると、ことごとく現実を否定することが分かります。
肯定に足る情報は一つもありません、すべて否定の情報です。
否定も真実の一つのかたちです。
情報に溢れた世界で、その情報を組み合わせるとすべてが否定されるというのは、この世界の構築者の趣味でしょう。
ですから集団ストーカーというあべこべな現象を起こされているわけです。

仄めかしはミスリードでもありますが、よくよく分析すれば現実を否定するヒントでもあるわけです。

この記事へのコメント

  • 神と似た存在の業ではないでしょうか。

    世界をコントロールする人
    2018年09月14日 21:35
  • The Winner Takes It All/ABBA

    この曲は、前から訳したくてウズウスしてた曲。
    気分が沈んだときに訳しようと思ってたんです。

    勝者には負けた人の気持ちなんて
    わからないんでしょうね。

    転載終わり
    2018年09月14日 21:37
  • こっち側を立てると向こう側が沈む
    右翼と左翼 水と油 公僕

    それでもやっぱり善政を希望します。

    すいません、殴り書きをしています。
    今の気持ちです。
    2018年09月14日 21:46
  • 名前色々

    くっ、どうやら今週も生き延びてしまった様だ。
    隣人の咆哮が目覚ましとか(~_~)
    ワイヤノイキャンヘッドが欲しいわ。
    まだ色々模索中グヌヌ
    2018年09月15日 10:28
  • 集団ストーカー被害者

    初めてコメントします。あなたの記事を読んでいて思ったのですが、世界をコントロールしてるプレイヤーとは、もしかしたら伝説上の堕天使ルシファーかもしれないとも思いました。 キアヌ・リーブス主演の映画ディアボロスに何となくそれっぽいシーンがありましたので。
    2018年09月16日 00:12
  • ゼロ

    こんにちは、仄めかしのメカニズムは経験から察してこうではないかとも思えます。
    前置きとして被害者の自由意思に介入出来るとした上での話ですが。

    後で起きる仄めかしは既に、時間的にも余裕を持って前々から被害者自身にその行動や心理印象を植え付ける事象を体験させることです。
    言い換えると、仄めかしの御膳立てが出来る様に被害者に行動させることです。

    AIは膨大な演算を被害者の生活時間軸を、その前後を通して絶える事なく脳にその最適解に達するように信号を送り続けています。
    強いて言えばメディアも含めて、数千人を超える被害者の生活時間軸に寸分違わない様に両者が同時に演算処理されていると言う事です。

    全ての事象に係わる生物の脳にアクセス可能なら、後は超越的な演算処理でどうにでも成るということです。

    私も経験していますが被害者間で頻繁に聞くヘリコプター及び戦闘機の異常な頻度での、低空飛行の現象は別の方法を使用していると思われますが、税金を無駄に使っていると被害者に思わせ怒りを生じさせるのも全て計算済みです。組織予算など1円も使っていないのです。


    2018年09月16日 18:59
  • MAGIC ULTRA

    >神と似た存在…
    >
    コメントありがとうございます。
    2018年09月16日 21:38
  • MAGIC ULTRA

    >名前色々さん
    >
    コメントありがとうございます。
    2018年09月16日 21:39
  • MAGIC ULTRA

    >集団ストーカー被害者さん
    >
    コメントありがとうございます。
    2018年09月16日 21:39
  • MAGIC ULTRA

    >ゼロさん
    >
    こんにちは。コメントありがとうございます。

    集団ストーカーの経済事情はそれで説明可能になりますね。
    2018年09月16日 21:41
  • じゃがりこ

    ゼロさんの意見に賛成です。

    度々聞こえる戦闘機・飛行機の音ですが
    空を確認しても見当たらないことが多く、音を聞かせているだけではないか?(実際に飛行機は飛んでいない?)と考えております。
    2018年09月19日 10:19
  • 緊急車両に関しては
    呼べば応えてくれます
    ヘリはわかりません

    最近は集ストは勿論ですが
    今の世界の成り立ちに興味が向いています
    社会的な人間、人類がどの様に生きていったらいいか、どうやって価値を生み続けていくか。
    暇なんでしょうね多分。それでも大事な事だと思いますね。
    2018年09月19日 12:37
  • MAGIC ULTRA

    >じゃがりこさん
    >
    コメントありがとうございます。

    確かに対象物が見当たらないという狐につままれたような攻撃がありますね。
    2018年09月20日 01:10
  • MAGIC ULTRA

    >緊急車両に関しては…
    >
    コメントありがとうございます。

    世界の中に集団ストーカーがいるのか、集団ストーカーの中に世界があるのか、これを考えることは想像以上に難しいことなのかもしれませんね。
    2018年09月20日 01:12
  • 南南東の風

    こんにちは。

    主犯が言うには、有り得ないことを被害者のみに見せて、我々の凄さを見せ付けていると言います。
    我々には世間に知られることなく、それが出来るからこそやっているとも言います。

    だから、世間に有り得ない確率を訴えても無意味だとも言います。おまけに、マインドコントロールも併用しているから、別の方法を考えよと。

    被害者が訴える様にトイレに入った瞬間に何々するのは、事実の時と音声のみの時が有ると言います。それを見分けようとしても、それ自体コントロールであると言います。

    この事実が被害者に世界の構造を見せているという予測は中々の洞察まで行き着いているとも。だが、正解は遥かに遠いと言って来ます。

    ウソかホントか分かりませんが、ゲノム編集は知能指数1兆の脳を造れると言っています。


    2018年09月20日 15:50
  • 合法的?な脅しと言う事でしょうか
    何が何だかわかりません
    どうしましょう
    それにしても工作員?の方々は
    どういった精神状態なんでしょうか
    暇潰し、洗脳、逆らえないから、、、
    ヒッチコック、スティーブキングの
    脳内世界のようだ
    すいません宜しくお願い致します。
    2018年09月20日 21:29
  • MAGIC ULTRA

    >南南東の風さん
    >
    こんにちは。コメントありがとうございます。

    少なくとも現実の世界よりは優れている集団ストーカーですが、結局一般社会などの現実の世界で現実を超えることは出来ないというルールがあるようですね。
    本来であればどこまでも達成できるはずの存在であるように見えますが、現実では嫌がらせ以外は何も目立つことをしていません。

    集団ストーカーが見せるものは現実の否定であり、同時に現実は存続させるというものです。
    この二律背反こそが、罠としての意味かもしれません。
    2018年09月20日 23:07
  • MAGIC ULTRA

    >合法的?な脅し…
    >

    コメントありがとうございます。

    どの話のことかよく分かりませんが、工作員に関しては実は一切確実な証拠を見せていません。
    命令系統など、その仕組みが全く分かっていないのです。

    ただの人である可能性もあると思いますが、その場合は精神状態は普通かもしれませんね。
    脳を直接操られ、様々な疑問を感じないように操作することが可能であればすべての説明がつきます。
    2018年09月20日 23:15
  • 南南東の

    被害者が裏接続だとすると、加害者は表接続だそうです。
    加害者は送られたニューロン発火信号の後、トランス状態でありながらも、しっかりした加害意識の元、あとは送信にまかせて部分的に行為を成し遂げるそうです。アドレナリンの様な快感とミッションを

    かんついのたせい
    2018年09月22日 15:58
  • MAGIC ULTRA

    >南南東のさん
    >
    コメントありがとうございます。

    コメント送信が困難な状況でしょうか。

    加害者のトランス状態は自覚と無自覚の状況が2重になっているのか、あるいは人間の思考にもともとそういった機能があるのか、かなり複雑になりますね。
    加害意識があったとしても、その直後にその記憶が消えて証拠がなくならなければなりませんから、その操作は極めて複雑なものが考えられます。
    我々にはそれは演技のように見えますが、加害者は本当に目的が分かっていない可能性もあります。
    人間の持つ思考のメカニズムのあらゆる部分を操作して操っている見ると分かりやすくなりますね。
    2018年09月22日 23:35
  • じゃがりこ

    そうですね。ゾンビのような加害者。
    など被害者にいわれたりしていますが
    そういう風に見える人間は操作中なのかもしれませんね
    2018年09月23日 12:48
  • MAGIC ULTRA

    >じゃがりこさん
    >
    コメントありがとうございます。
    2018年09月23日 22:09
  • いい加減な人間

    手口は人物の重要度にも寄ると思います。
    仄めかしには多くの個人情報を盗むことが不可欠です。
    そのうえで今現在何を考えているかが重要、つまり過去と現在です。
    例えば上層部に公安関係のいる、あるいはそれに準ずるような企業を退職、それも必要とされていたが法律上、あるいは引き留めに失敗した場合企業によるストーカーが起こります。
    有能で立場の低い会社員、つまり一般的な人間の場合ストーキングに最も適したツールは携帯電話です。
    加害者側にとってこんなに便利で安いものは無い、被害者が自腹で払っていて位置情報や盗聴まで出来る、つまり『現在』を知るうえでの重要なツールになるのだと思います。
    尾行もいらない、人件費の大幅節約です。
    官邸はその携帯電話の使用料金を4割下げると言い出しました。
    これが何を意味するのか、被害を受けたことのない方は『安くなっていいじゃん』程度の反応でしょうが、被害を受けたことのある方は何か感じると思います。
    つまり『一般人は携帯電話での監視を強化せよ』です。
    とっくに携帯電話のない生活を始めまていますが、意外と大丈夫ですよ。
    思考盗聴もやたらと怖がらせている面が見受けられると思います。
    例えば頭に電磁波をあてて被害者が何を考えているのか画面上に映すことができるというシステムがあると実しやかにネットなどに出ていますが、そんなものは無いと断定します。
    これは恐怖を植え付ける作戦の一環です。
    ICチップで心を読むこともできません、ICチップは免許証に入っているものを人間の体に埋め込む理屈になります。
    そんなに小型化はできませんが、将来的にはあるかもしれません。
    それでも位置情報程度の成果しか得られないと思います。

    2018年09月27日 11:27
  • MAGIC ULTRA

    >いい加減な人間さん
    >
    コメントありがとうございます。

    人によって様々な認識がありますね。

    一般に言われている科学力で集団ストーカーを説明することは不可能ですね。
    そうなると心理的な恐怖を人によっては与えるということに確かになります。
    一つの操作で無数の認識を与えるというのは驚異的です。
    2018年09月29日 01:43
  • いい加減な人間

    >一般に言われている科学力で集団ストーカーを説明することは不可能ですね。
    >そうなると心理的な恐怖を人によっては与えるということに確かになります。

    おっしゃる通りです。
    そしてもっと単純に考えるべきで、集ストも人員配置や設備には金がかかるのです。
    戦車、動かすだけで一体おいくらなのでしょうか?
    携帯電話はご老人から子供まで皆が持つ時代なのです、しかも集スト費用は被害者持ちです(笑)
    人員はカルトを使うことが殆どでしょうが、使えない場合は当然かかりますが、携帯電話のおかげで大幅削減です。
    携帯電話を盗聴、盗み聴きされているとは知らずに思っていることを喋った場合どうなると思いますか?
    加害者側にとってはそれだけで十分な情報量になります。
    恐怖を与える、友人関係を壊すことなど簡単です。
    例を出せばヤクザと電話をしていた!風俗にかけていた!出会い系にかけていた!(前文科省の前川氏はこれです)カルトと電話で話していた!友人の秘密を喋った!〇〇の悪口を言っていた!・・・。
    本人に盗聴されていると気が付かせた段階で、普通の人間は恐怖に陥ると思います。
    そして仄めかしです。
    連中は盗聴した都合のよいところだけを切り取ったり、加工をしたりもして証拠作りにも励んでいます。
    しかしそもそも盗聴した方が犯罪なのだと思えばいいのです。
    私は盗聴されていようがいまいが、電話で話すことはいい加減なことを話していたために被害にあったと気がついても気にしていませんでした。
    この手口は公安、あるいは自衛隊と密接な関係にある企業で数十年前から行われていた筈です。
    そして最近の料金大幅値下げの報道を聴き、連中は本気でやるつもりだと思ったため警告しなければと思ったのです。
    数十年前から行っていた携帯電話盗聴による集団ストーキングの効果データは膨大な筈です、ゴーサインが出たと考えました。
    これで死んだ方、廃人にさせられた方、職に就けなくなった方・・・こういった方達の思い、これ以上被害者を出したくないという思いで警告させいただきました。
    そして主犯は戦争をやりたい連中だと考えます。
    企業も当然含まれます。
    カルトは利用されているだけでしょう。



    2018年10月01日 11:26
  • 最低限のルールを求めます

    小さい可愛いと思える嘘はいいかな。
    2018年10月01日 21:38
  • MAGIC ULTRA

    >いい加減な人間さん
    >
    コメントありがとうございます。
    2018年10月01日 22:17
  • MAGIC ULTRA

    >最低限のルール…
    >
    コメントありがとうございます。
    2018年10月01日 22:17
  • hnx_xgg

    こんにちは。
    私は警察加害者説論者ですが、TVでのほのめかしについてコメントしたいと思います。
    少し古い話ですが、元警察庁警備局長(公安警察の元締め)で、金重凱之氏(1999 - 2001着任)という人物がいますが、この人物は、警備局長歴任の後、出世コースであれば、警察庁長官とか警視総監になっていても不思議ではなかったと思われますが、なぜか電通へ天下っています。
    電通といえば、大手広告代理店であり、放送局などにも大きな影響力を持っています。
    私は、この事とほのめかしが関係あるのではないかと疑っています。
    集団ストーカー被害者が良く観る番組の中で、芸人などを使って「ほのめかし」をやらせているのではないかと思っています。
    ほのめかす内容は、警察関係から、電通の警察OBを経て伝えられ、芸人などに喋らせているのではないかと疑っています。
    私に対するほのめかしは、金重凱之氏が電通に天下った頃以降なので、時代的には一致していました。
    現在はどのような手口を使っているかわかりませんが、ほのめかしによって警察の機密費から協力費として電通に流れると考えれば、こういった構図もあるのではないかと思っています。
    2018年10月26日 20:33
  • MAGIC ULTRA

    >hnx_xggさん
    >
    こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    2018年10月27日 18:57