壮大な集団ストーカーワールド

集団ストーカーの嫌がらせはとにかく地味ですが、よくよく考えるとその世界観はとてつもなく壮大です。
確かに被害者でさえが理解できないとしても無理はないほどの世界です。

集団ストーカーという事象の答えは二者択一というほどの極端な二面性でしか説明できず、一つは被害者の脳内のみで起きている現象であるという説明と、もう一つは世界のすべてが集団ストーカーに支配されているというものです。その二つを矛盾なく同時に説明できる理論の一つのモデルがシミュレーテッドリアリティですが、ほとんどの被害者はそのいずれでもない中間の答えを確信しているでしょう。

その中間の答えというのは人間の能力を考えれば考えにくいのですが、特定の操作による特定の集団による犯行説です。
これは少し一般人の能力を過小評価しているように感じます。
一般人も馬鹿ではありませんので、集団ストーカーが存在していればおそらく見つけ出すことは可能なはずです。警察も同様で、世界の警察の実力はとてつもないものです。これほど集団ストーカーが嫌がらせを多発させているのなら、すぐに発見できるはずです。
この矛盾があまりにも大きいのです。

重要な矛盾は黙殺されるというのがこの世界の法則です。
矛盾の黙殺は被害者も含まれます。
この法則があるので、集団ストーカーの被害者は世界の姿を理解できず、この状況を打破できないことになります。

集団ストーカーの側としては当然この矛盾を看破されてはならないわけですから、鉄壁の操作をもって矛盾を黙殺します。
その操作が見えるということは、それ自体が嫌がらせになっているということになります。
世の中の全体がこれらの矛盾を何故か理解しないというのはこの世界自体が何かおかしいからだということを知らしめます。

集団ストーカーのテクニックの中にもストリートシアターというものがありますが、何のためにストリートシアターを嫌がらせとして成立させているのかという疑問がありましたが、世界そのものがストリートシアターだとしたらその説明がつきます。また、そのように感じている被害者は多いでしょう。
世界そのものが巨大なドッキリシステムであり、世界のすべての人々がグルになってターゲットを騙しているのだという感覚は、おそらく被害者であるならば誰でも一度は考えるところでしょう。
通常は自分の周囲の少数だけが仕掛け人であると考えますが、メディアによる仄めかしという攻撃などを受けていくと、世界のすべてが仕掛け人でなくては説明がつかなくなり、現実的にその考えが破綻してその方向の考察は中断せざるを得なくなります。
そしてその矛盾を解消すべく、テクノロジーによる思考の操作が存在するのだと考えるようになります。

しかしどのように見積もっても、世界のすべての人々がそれに気づかないという矛盾は解消できません。そして世界の誰にも気づかれずに集団ストーカーが執拗にターゲットだけを攻撃し続ける意味が分かりません。
これで被害者間の世界観が分かれていくことになります。

一つ重要な要素を強調しなければなりませんが、世界の人々もそれほど馬鹿ではないということです。全員が集団ストーカーに気づかずに、集団ストーカーの内部の人間も一切その存在を暴露しないという状況は考えにくいのです。
人々が馬鹿ではない証拠として、種明かし的に鋭い指摘をする一般人はたくさんいるのです。ところが世界はその指摘を意に介さずに回り続けます。

これが集団ストーカーの世界であり、この世界の法則です。

もう少し突っ込んで説明すると、世界の回り方も微妙におかしいのです。
矛盾を指摘しつつも矛盾を含む方向へ進んでいます。
この辺りは枚挙にいとまがありませんが、ほとんど黙殺されます。

集団ストーカーの存在を小さく小さく見積もろうとする被害者があまりに多いのですが、小さく見積もれば見積もるほど矛盾が大きくなっていきます。このあたりの世界観の構築はさすがに集団ストーカーだと感心させられるほどです。
これは大きく壮大な存在にしてしまうと精神病だと思われてしまうという恐怖が根底にあるのだろうと思います。
ですから実は集団ストーカーという存在を現実的な方向に見積もろうとする被害者ほど過激に一般人と戦い、かえって精神病のように思われてしまうという矛盾が作り出されています。

それではこの集団ストーカーという被害を終わらせるためにはどうしたらいいのかと考えると、極めて危険な選択肢しか残されていません。
リスクだけは絶対的に回避しなければなりませんから、無理な解決を選択するくらいなら、被害を弱めるという比較的消極的な方法の方が解決に近いと言えるでしょう。

確実な証拠というものが取れないのです。取れたとしてもそれがこの世界では有効にならずに黙殺されます。
それは世界の法則です。
誰に訴えても、どのような手段を取ってもそのように収束しますから、それが法則であることが分かります。

banner-982162_640.jpg

この記事へのコメント

  • 丸(まり)

    コウシンどうもです。
    スウガクみたいな ガゾウも おしゃんてぃで
    ええですね。

    ところで きわめて キケンな センタクシて
    なにでしょう、
    2019年02月19日 02:53
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。

    集団ストーカーの罠は日常に仕掛けられますから、日常ではない選択肢になります。

    日常の放棄は自己否定に繋がりますから、どのような選択肢でも罠にかかった状態になります。
    それでも目の前の嫌がらせからは逃れることができ勝利感もあるでしょうが、確実にデメリットも用意されていると考えられます。
    2019年02月20日 03:30
  • 丸(まり)

    ゼンラで そとに でてみる

    ケイサツの おせわになりぬ。

    ジサツ

    シュウダンストーカーわ ゼンセも ハアクしてるので、ライセも ヒキツヅキ シュウダンストーカーにあう。ジサツしたことで シュウダンストーカーの ジョウキョウわ なにもかわりてのい。

    ジュウを ランシャして シュウダンストーカーをたいじする。

    シュウダンストーカーに ころされる もしくわ ケイムショ。

    シニティジョウが なにか あかりもせんけど、
    わたしわ おりこうに としをとり、
    ゴウホウの ハンイで シュウダンストーカーと たかかい ムチャわ しのいやうに します。
    2019年02月20日 22:41
  • 丸(まり)

    奴等の働きには世俗の物質や大層な肩書きが褒美として与えられるが
    決して不死身になったり
    我々の仲間となって光を受け星々を旅することはない
    同類の者を殺すことは悟りの境地への道を妨げるので奴等は決して高い領域には届かない
    奴等は決して これを知ることはない

    こりぇわ ヒミツのメイヤクとゆうものの ぬきだしです。とても シュウダンストーカーみたいです。 
    しかし、シンセイな シンジトゥを しりてるやら
    ゲンセと ライセを いききしてるやら とうといことを しりてるのに ひどく さもしく つみぶかいことが かいてあります。さとり ゲタトゥ とゆうんは
    サイショクになり、むしやらもいりぇて いきものを
    ころしさえしのいなら いくら ゲスであろうと できるものなのかも しりぇもせん。
    2019年02月20日 23:34
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。
    2019年02月21日 06:01
  • ケン

    「無理な解決を選択するくらいなら、被害を弱めるという比較的消極的な方法の方が解決に近いと言えるでしょう。」

    おっしゃる通りそれくらいしか、今は考え付きませんが、その状態こそ奴隷の心理状態とも考えられます。頭の中で反抗しただけで、リアルタイムで目に見えない攻撃をする力を持っている分けで。そうなると奴隷国家という陰謀論も否定できない様な気もしてきました。
    ただ私も組織は存在しないとは思いますが。

    おまけに真実を知った被害者は決してそれを外部に伝えることは出来ないという法則も伴う分けですから。
    人工知能が次の知能を次々開発していくのですから、世界最高レベルの知性でも対抗出来る筈などない分けです。
    2019年02月24日 23:12
  • ケン

    度々、失礼します。
    やはりこれは一種の奴隷システムであると考えられ、既に完成されつつあるのだと思います。消してしまったら元も子もないので、ぎりぎりより少し手前で、そうしないのでしょう。
    100年少したらずで奴隷システムもここまで進化したとは驚異です。見かけ上は武器も鎖もないのです。被害者はこの進化には付いていくことなど出来る筈も有りません。奴隷というより人類管理システムといえるかも知れません。相手はもっと途方もないテクノロジーを持っていたとしても、現在使用する必要もないのでしょう。
    彼らに実験用のデータなど要る筈も有りません。
    2019年02月24日 23:52
  • MAGIC ULTRA

    >ケンさん
    >
    コメントありがとうございます。

    確かに奴隷システムというには生産性が感じられませんので、人類管理システムの方がピンと来ます。

    それにしても生産性どころか消費の一方のようにしか感じないところが不気味です。
    暗にそれも答えの一つかもしれないと考えています。
    2019年02月25日 00:55
  • とりあえず名無し

    お久しぶりです。
    ちょっと前に、このテクノロジー犯罪・人的被害(集団ストーカーを含む)に関する、極めて重大な事実・真実を、このブログや他に発表し、このテクノロジーを実行するスーパーコンピューター・AI(人工知能)からは、これについての極めて重大な事実を発表したことで、このスパコン・AIからデタラメな攻撃や迫害にあっていますが、この輩(やから)よりも全く強力な法則により(本当に)、何とか強く生きて活動しています。
    しばし、傍観してましたが・・・このテクノロジー犯罪・人的被害(集団ストーカーを含む)で、重要なことを少々コメントします。

    なぜ私が、このテクノロジー犯罪・人的被害(集団ストーカーを含む)という書き方をするかと言うと、ここで扱われる集団ストーカーは人的被害の一部であり、このテクノロジーによる人的被害も集団ストーカーも、このテクノロジー犯罪・被害も、現代最先端科学・物理学などでは未知的な超高度な、何らかのテクノロジーを根本的に使って起こされているということでは、同じだからです。

    このテクノロジー犯罪と人的被害・集団ストーカーには、明らかに、現代最先端科学・物理学などでは未知的な超高度な、何らかのテクノロジーが根本的に使用されているということは明らかで、それ無しでは、このような事(このテクノロジー犯罪・人的被害・集団ストーカーなど)は絶対に起こせません。

    疑問が起こって来ます。かなり前にブログ主さん(MAGIC ULTRAさん)も書かれていたように、現代最先端科学・物理学でも未知的な超高度なテクノロジーは、いったい どこから来たのだろうか?というような当然的な疑問です。

    これは、まず、このような現代科学的に未知的な超高度なテクノロジーが存在しなければ絶対に起こせないので、そのようなテクノロジーが実在し実用できることが大前提となります。

    何たら説、異次元説や、未来からの説や、宇宙人説(地球外知的生命説)や、電磁波説や、何たらかんたら説、etc.正式名称は良く知りませんが、このブログにも有るように、色々な説などがあるようです。

    色々な説などがありますが、繰り返しになりますが、このテクノロジー犯罪・人的被害・集団ストーカーなど、これは、まず、このような現代科学的に未知的な超高度なテクノロジーが存在しなければ絶対に起こせないので、そのようなテクノロジーが実在し実用できることが大前提となります。

    ブログ主さんや他のかたが言われるように、元から有った的に、昔から大昔から、このような事象が有ったとすれば、昔から大昔から、このような未知的な超高度な何らかのテクノロジーが使える状態に有ったということになり、人間だけの産物では無い可能性も大になるのではないでしょうか(私的にも可能性として完全否定は、できませんが・・・?)。

    色々な人達が、色々な説などは有るかもしれませんが・・・このテクノロジー犯罪・人的被害・集団ストーカーなどの事象に合致しない説や、何とも検証し難い説などは、スルーパスです。
    2019年02月26日 22:36
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。

    操作の力ですが、これは現代の人類が持つ科学力からかけ離れ過ぎていますし、場合によっては人間には理解も検出も出来ないような仕組みになっているかもしれません。
    そうなると、人によって理解が変わるのはそのように狙われたものと考えられます。
    その正体についてですが、やはり人工知能が絡んでいると考えている被害者が多いようです。

    被害が多くなりすぎると分析する余裕がなくなるのが辛いところですね。
    2019年02月27日 04:05
  • とりあえず名無し

    >MAGIC ULTRAさん
    >
    >操作の力ですが、これは現代の人類が持つ科学力からかけ離れ過ぎていますし、場合によっては人間には理解も検出も出来ないような仕組みになっているかもしれません。

    これについては、私も同意です。

    >その正体についてですが、やはり人工知能が絡んでいると考えている被害者が多いようです。

    これについては、私は、超高度なスーパーコンピューター・AI(人工知能)と表現してますが・・・

    明確なことは、このテクノロジー犯罪による様々な事象や被害等を相当に体験・経験して、このテクノロジー犯罪の重要なことに詳しくなればわかることですが(被害者の体験・経験の違いなどにより、これに対する認識も変わってきます)、その正体の重要なことは、明らかに超高度なコンピューターが実行しているということです。

    それを私は、超高度なスーパーコンピューター・AI(人工知能)と表現してますが、確実なことは、超高度なコンピューターが実行しているということであり、明らかに、現代科学では未知的な超高度なテクノロジーが使われているので、超高度なスーパーコンピューター・AIという表現は、正確ではないかもしれませんが、それ的な超高度なコンピューターが実行しているという確実なことで、これは、このテクノロジー犯罪・人的被害・集団ストーカーを相当に体験・経験・調査などをした詳しい人には、明確にわかることです。

    それに当然ですが、この現代最先端科学では未知的な、超高度なテクノロジーを作った何者かが存在するということです(現代科学を遥かに越えたテクノロジーですので、可能性として、人類に限定することはしませんが)。

    その正体について確実なことは、大まかに、このような事実・真実です。
    2019年02月27日 18:29
  • 時空軸も関係してますよね。
    2019年02月27日 19:47
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。

    超高度なテクノロジーを作ったのが人間かどうかということですね。

    これは表現によってどのようにでも言える可能性があり、我々と全く同じ存在なのか、少しは違う存在なのか、全くイメージすら出来ない存在なのか、おそらく我々の目につくところに現れることはないだろうとは思いますが、いずれにしても生命体であるならばかなり大人数で長い時間をかけなければ達成できないテクノロジーであるように思います。
    2019年02月28日 00:22
  • MAGIC ULTRA

    >時空軸も関係してますよね。

    コメントありがとうございます。

    そうだと思いますね。

    時空間と物質とは切り離せないものと考えていて、物質の正体は時空間そのものではないかとも思います。

    ただし私は直接そのような現象を見たことはありませんし、そのような攻撃を受けたこともありません。

    それらは認識や脳内の操作だけでも達成可能ですから、それを見分けることは困難です。
    意識と物質の違いを我々は見分けることがおそらく出来ません。

    時空軸操作の攻撃を受けたことがある被害者もいるかもしれませんから、その情報がほしいものです。
    2019年02月28日 00:28
  • 予知夢をよく見させられてました。
    何て事ない、未来の誰かの意識に飛ばされて、それを体験させられてました。

    阪神大震災の前には建物の下敷きになって火の手が迫って来てるのに、俺に構うな早く逃げろと叫んでる人になっている夢とか。喉カラカラで起きたら、長田区って何処だ?と思っていたり。

    日本に大津波が押し寄せる夢とか。

    TWCに到ってはあのビルまだ建ってるなぁと思ってたり。
    2019年02月28日 20:21
  • 失礼。WTCでした。
    2019年02月28日 20:23
  • 最近では、脳内盗聴の周囲の反応が早い。
    考え終わる前に反応される。

    未来からの操作を考えます。
    2019年02月28日 20:58
  • MAGIC ULTRA

    >予知夢をよく…
    >
    コメントありがとうございます。

    未来は決定しているということになりますね。
    私の場合は未来まで見ることはありませんが、やはり震災の時などにリアルタイムで周囲の人々があらかじめ決まっていたかのように不自然な動きをしていたのを見ています。
    その事から震災さえも予定調和であるという印象を見せられました。

    これらは重要な種明かしになりますから、集団ストーカーは極めて重要なテクノロジーを我々にわざわざ見せていることになります。

    また、それによって世界のすべての組織よりも遥かに高度な存在であることも確定的になります。
    2019年02月28日 23:50
  • 未来から来た過去。

    未来のAIが一定数の人間狩りをやっている。という事でしょうか?
    2019年03月01日 00:24
  • とりあえず名無し


    >予知夢

    >未来からの操作

    >震災さえも予定調和

    予知夢は、このテクノロジーによって、トリック的に可能です。
    少し先に、このテクノロジーでコントロール・操作することを(このテクノロジーで地震をコントロール・操作することも当然、可能)、前もってターゲットに予知夢として見せるか、ターゲットに見させた夢を、近い先に、このテクノロジーでコントロール・操作して起こして、ターゲットに予知夢と思わせるトリックが、このテクノロジーでは現にできます。

    未来からの操作かどうかは、定かではありませんが、未来からの操作でなくても、予知夢と思わせるトリックや、地震の予知と思われる事象や不自然な動きなどは、このテクノロジーのコントロール・操作やトリックなどで現に可能です。

    私も現に、地震の予知的なことを、このテクノロジーから受けたことがあります。

    夜分失礼しました、もう寝ます。
    2019年03月01日 00:52
  • とりあえず名無し

    私の前文の捕捉にもなりますが、このテクノロジーでは、近い将来に放送されるテレビ番組やラジオ番組を、ターゲットに前もって思わせたりすることが当然できますし、ターゲットに思わせたり思ったりしたことを、近い将来に放送されるテレビ番組やラジオ番組で放送するようにコントロール・操作することが当然できます。

    また、出来事についても同じようなことが、このテクノロジーでは、当然できます。
    近い将来に起きる出来事、又はコントロール・操作で起こす出来事を、ターゲットに前もってコントロール・操作で思わせたりできますし、ターゲットに思わせたり思ったりしたことを、近い将来にテクノロジー操作で出来事を起こしたりすることが当然できます。

    このようなテクノロジーのコントロールや操作を受けたターゲットは、自分が前から思っていたり思わせられたりしたことが、近い将来に何かで現実に起きたり起こったりするという、一見、摩訶不思議な事象を体験・経験させられることになります。

    また、近い将来でなくても、遠い昔の記憶も、このテクノロジーは読み取れますので、同じような体験・経験を、このテクノロジーの操作によって再現させられるということも可能です。

    このようなことが、このテクノロジー犯罪・人的被害・集団ストーカーでは、かなり頻繁に行われているようです。
    2019年03月01日 21:40
  • MAGIC ULTRA

    >未来から来た過去…
    >
    コメントありがとうございます。

    敵の目線で見れば、おそらく全人類のコントロールをしているのだろうと思います。
    我々個人の目線で見れば、超難易度かゴール設定なしの人生ゲームを仕掛けられているのでしょう。
    さらに我々以上に集団ストーカーによって無意識に操られている一般人の目線はとても重要になります。
    彼らは表面上、大抵幸せな一生を全うします。

    時間に関してはそれが実在するのか、単なる直感的な錯覚なのかという認識の違いによっても形を変化させます。
    時間が存在しない場合、この世界は時間を物の動きのシンクロと錯覚によって作り出しているということになります。
    2019年03月01日 23:39
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。

    予兆と仄めかし、思考盗聴による思考の再現ですね。

    このようなことが多々あるようですから、単なる嫌がらせとは思えない要素も大きくなります。
    しかしその意味は、認識を多様化させる以外にはこれといって分かりません。
    認識を分裂させて被害者を混乱させることが目的なのではないかと思いますが、我々のように特に混乱していない被害者も存在します。
    とてつもないテクノロジーも日常の中に普通に受け入れてしまっています。

    さらに被害者によって実際に少しずつ被害内容が異なるようです。
    わざわざここまで細かく嫌がらせの手法を変えたり珍しいテクノロジーを披露するということは、やはり単なる嫌がらせではない別の目的があるのかもしれません。
    2019年03月01日 23:55
  • 予兆と仄めかし…何かを見て言ってきているようなんですが?

    認識の多様化…色々考える事のデータの集積化が目的なんでしょうか?

    混乱させる…確かに喜ばれています。早く終わらないかなぁと言われてます。担当出来高制なんでしょうか?
    2019年03月02日 11:18
  • とりあえず名無し

    私の前コメントと前々コメントや他のコメントでは、このテクノロジー犯罪・人的被害・集団ストーカーの重要な1つの種明かしや、仕組みの簡単な説明を行っています。

    誰が観てもわかりやすいように簡単に書いています。

    テクノロジー犯罪・集団ストーカーの超高度で大規模なコンピューター(このように言ったほうが、より正確でしょう)が、そのようなことをさせないように、妨害のコントロール・操作を行っているようです。

    重要なことを見失わないように、テクノロジーに妨害操作されないように注意されてください。


    ちなみに、ブログ村の犯罪被害 ランキング(PVポイント順)(アクセス数順位)で、このブログが1位になっていますね。
    2019年03月02日 13:08
  • MAGIC ULTRA

    >予兆と仄めかし…何かを見て
    >
    コメントありがとうございます。

    今言えることは、被害者同士の高度なシンクロ及び世界全体的な高度なシンクロを目撃体験している被害者が多数存在しますから、犯人側も高度に操作されていると考えなければ説明がつかないことです。
    加害者側が複数でありそれぞれバラバラに行動していたのでは、この高度なシンクロは破綻してしまいます。

    この事象は何ら生産性がありませんから、加害者側が組織的な利益を得ているとは考えにくいものです。
    我々を貶めて相対的な利益を得ているという考え方も出来ますが、そうなるとその利益の主は誰なのかということになってきます。
    2019年03月02日 22:05
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。

    最近のアクセスランキングの参加者数は二人だけだったような気がします。
    2019年03月02日 22:07