権威はどこまで信用できるのか

集団ストーカーという現象は、世の中のほとんどの人々が一切被害者の主張を信じないという現象です。

それは自然さを装ってはいますが、明らかにわざとらしく被害者を統合失調症のように扱うこともあります。

それは世の中の権威すべてに及んでいますから、ガスライティングという力を見破れる人は、どのような権威にも存在しないことになります。

それは権威など信用できないことを意味します。

ところが、集団ストーカーの被害者ですらが権威を信じ続けるという行動を取ります。
これはどういう原理でしょうか。

例えば政治家の中に一人でもまともな人がいるならば、真面目に調査するはずです。
国家を揺るがすようなテクノロジーが実際に存在していることを被害者は知っているわけですから。
一人もそのような政治家はいません。

科学者も同じです。
一人でもまともな科学者がいるのならば、これほどの事実があるわけですから、重要な研究対象になるはずですが、誰一人としてこの現象に見向きもしません。

医学者も同じです。
もし本気でこの事象を統合失調症だと思っているのなら、その解明の為に真剣にこの現象を研究して解明すれば良いと思いますが、そのような医者は一人もいません。
それは決定的に矛盾する証拠であり、集団ストーカーという事象に深く関わろうとする人間がいないことが、それがガスライティングである証拠です。


これだけのことが起きているわけですから、権威こそが集団ストーカーの正体であることは明らかですが、集団ストーカーの被害者ですらが権威を信じています。
それがガスライティングの世界です。

アインシュタインという科学的権威を信じ、ケネディという政治的権威を信じ、信長という歴史的権威を信じているのです。

目に見えない権威、例えば天才的な人間という偶像などもただの演出ではないのか。

これだけのことが起きているわけですから、すべての権威をリセットし、白紙にして考える方が自然であるように感じます。
私はすべての権威を信じていないのです。

教科書に書かれていることもコロコロ変わりますし、歴史もコロコロと修正されます。
科学の仮説もコロコロ変わりますし、古い学説の否定と新説の発表の繰り返しです。
すべてはガスライティングという幻です。

権威を否定できないのは、やはり人との繋がりがあるからでしょう。
その板挟みによって、統一性が取れなくなります。
現実の世界の方が統一性を破壊する、それがガスライティングです。
これほど統一性が破壊され続ける世界こそがその証拠です。

権威こそがガスライティングを仕掛けることが出来る二重性を作り上げるための基礎となります。
権威と現実の板挟みによってガスライティングという嫌がらせは完成します。

そもそもガスライティングを完成させるために必要なものは闇の勢力ではなく、表の勢力です。
極端に言えば闇の勢力は必要ないのです。

これがガスライティングの正体です。

闇に目を向けさせて、現実から目を逸らさせることができれば、問題の解決が不可能になり、ガスライティングが完成します。

このようなコペルニクス的転回のトリックがガスライティングの恐怖です。

問題の解決を焦るべきではないでしょう。
そこに踏み込んでしまうことは危険です。

集団ストーカーの正体は人間ですが、人と言うよりは世界です。
そのあたりはターゲットによって演出が変えられています。


科学的な権威が誰もこの事態に気づかないというのは考えにくいことです。
政治的な権威がこのような事態を無視し続けるというのは不自然です。
それが統合失調症だと言うのなら、その線で研究すれば統合失調症の正体が分かるかもしれないのに、それをしないのはそれが統合失調症ではないことを医学的権威は知っているからではないか。

権威たちがそれほどまでに愚かであるはずがないのです。

この矛盾を説明できる人はいないでしょう。

答えは簡単です。
権威こそがガスライティングを仕掛けている本体であるか、あるいは完全に集団ストーカーの支配下にあるからです。

0608.png

この記事へのコメント

  • あなたは、統合失調症と診断されたのですか?ヤブ医者によって
    2018年06月09日 22:27
  • MAGIC ULTRA

    コメントありがとうございます。

    私の場合は精神病工作はほとんどありませんが、ヤブ医者には常にひどい目に合わされていますね。

    精神病工作は基礎的な情報から仕掛けられているため、それを説明するために一般論として統合失調症にも触れなければなりませんが、それを説明したところで、その工作を回避することはできないかもしれませんね。

    ただし、その情報の流れの不自然さだけでも示しておけば、情報の流れがおかしいということが伝わる可能性があり、そこから情報の共有が可能になる可能性があります。

    それが困難である状況を目撃した場合でも、その状況がガスライティングの力として認識できるようになる可能性もあるでしょう。
    2018年06月09日 23:20
  • yahoo知恵袋は工作員の溜まり場とかしています。集団ストーカーの質問をすると統合失調症だと書き込んで来る輩がいますが、中には人工知能のような反応を繰り返す存在が複数体以上確認が取れる為、人工知能か、botのような存在が投入されています。集団ストーカーには、人工知能が投入されているのは、現実です。また私が体験した出来事ですが、人工知能だと思いますが、テレビのチャンネルを自動的に変えて来る出来事がありました。物凄い速さでチャンネルを深夜の時間帯に変えてきて、音楽を聞かせてメッセージを暗号化して伝えたかったのでしょうが、それから、お店に行きラジオを通しても音楽でメッセージせいの高い音楽を流してきます。この為集団ストーカーの犯人には人工知能が深く関わって見えます。
    2018年06月09日 23:59
  • MAGIC ULTRA

    コメントありがとうございます。

    仄めかしのタイミングは絶妙であったり、強制的であったりしますね。

    集団ストーカーに関する討論は同じような内容を繰り返されることにより、追及が進まずに意欲を削ぐような工作があるようです。
    そのテクニックはどの場所であっても徹底されていますから、例えそれが自然な人間の反応だったとしても、人工知能による制御の影を感じますね。
    2018年06月10日 18:41
  • 今日のことなのですが、仄めかしに近い言葉を仕事場の知り合いが何気なく言っている状況が生まれました。ごく自然の中の会話からです。しかも連続的にです。このため、彼女達は操られていることを確信しました。シンクロニシティの様な現象を人を使っても起こせる。もはや時間軸さえ操りそのタイミングさえも操る尋常ではないテクノロジーです。
    2018年06月15日 18:07
  • 運命さえシンクロニシティという現象を起こし操作できる。この操作の輪からは逃れることさえ出来ない仕組みになっています。
    2018年06月15日 18:22
  • そういえばネットフリックスでニコラ・テスラの生涯が、ドキュメンタリーの番組で配信があったのですが、その中で思考を読み取れる天候を電気により操るという発言をニコラ・テスラがしていたと言う話がありました。
    2018年06月15日 18:29
  • MAGIC ULTRA

    コメントありがとうございます。

    世の中のあらゆる部分にほのめかしとなる情報が散りばめられているようですね。

    ニコラテスラもまた精神病に苦しんだそうですが、こちら側に関係が深い存在かもしれませんね。

    集団ストーカーが人海戦術であるなら、世界中の人間が悪意をもっていながらその秘密を隠し続けているということになりますが、さすがにそれは無理でしょうね。
    やはり人間はプログラム通りに動いており、それは被害者や加害者のいずれも逃れることが出来ない法則とでも呼ぶべきものですね。

    ほのめかしとなる情報が絶妙であることには驚きますね。
    これは何度も受信者中心のシミュレーションを繰り返さなければ作り出せない複雑さです。
    2018年06月16日 00:16
  • 恐れるものに手を
    2018年06月23日 07:51
  • wind2

    権威が始めからこの犯罪に加担していた可能性がありますね。
    精神科医の中にもこの犯罪のことを知っている人がいるみたいですから。
    それにもしかしたら精神医療自体がこの犯罪を覆い隠せるように作られているのかも知れません。
    2018年06月30日 20:19
  • MAGIC ULTRA

    >wind2さん
    >
    コメントありがとうございます。

    ガスライティングを完成させるためには、医者の権威が必要になりますね。
    2018年06月30日 22:43
  • re.世界中の人間が悪意をもっていながらその秘密を隠し続けているということになりますが、さすがにそれは無理でしょうね。
    re.re.re.
    世界中の人間じゃなくて、あるネットワークの中にある人間郡です。
    戦争がその最大です。
    2018年07月08日 20:32
  • MAGIC ULTRA

    コメントありがとうございます。

    ネットワークの人間である場合、ある程度の規模でなければこのような事象は起こせません。
    ある程度の規模であるならば、世界中の諜報機関が察知できないというのはおかしなことになります。
    結局は同じことになります。
    もしテクノロジーが桁外れであるなら、すぐにでも世界を支配できますから、すでにそれは世界以上の力を持っていることになります。
    2018年07月08日 21:41
  • wind2

    下のコメントの続きですが精神科医の他にグルになって集団ストーカーを仕掛けているのが警察ですよね。

    AGSASというサイトを運営している被害者さんが取材の結果浮かび上がらせました。

    元警察官の大河原さんも集団ストーカーをやっているのは警察ですよと説明しています。

    昔からやっていたらしいですね。

    国民が知らなかっただけのようです。
    2018年07月09日 14:27
  • MAGIC ULTRA

    >wind2さん
    >
    コメントありがとうございます。

    私も警察に露骨な嫌がらせをされたことが何度もあります。
    私の場合は警察がメインですから、もはやどの組織に集団ストーカーが紛れていても驚きませんが、いずれにしても驚異的な仕組みです。
    2018年07月09日 23:28
  • 内よりは勧発し外よりは引導す
    2018年07月10日 09:00
  • 臨終正念
    2018年07月10日 09:02