意識と動作のずれ

人間である限り、ミスをすることはあると思いがちですが、不自然なミスを経験した場合、考え方は大きく変わります。

無意識に体を動かしている時、わずかに意識と体の動きがずれる。

そのずれにより、動作を失敗する。もしくはそのずれた瞬間を狙って攻撃される。

無意識の動作の場合、ミスをした後に、そのミスが動作を操作されたために起きたものである可能性に気付きますが、意識している時に、体の動きが一瞬思うように動かないこともあります。

意識自体が思うように進まない時もあります。

それが自然なものなのか、不自然なものなのか、あるいは明らかに他者による操作の証拠も付けられている状況なのか、人によって違います。

他者による操作の証拠を見ている被害者がいるということは、それが自然なものではないという真実を知らされているものですが、それを信じることは難しいことです。

体が思うように動かないその一瞬に、それが何故なのかということを見極めなければなりません。

集団ストーカーの被害者の場合は、その一瞬に明らかな不都合が作り出されますから、それが操作によるものである可能性に気付きます。


具体的な例としては、
操作としてスイッチを押さなければならないタイミングを逃してミスをする。
ハンドルを握る力がわずかに弱まり、手が滑って危険な状況になる。
視線が意識したほど動かずに、肝心なものを見落とす。
肝心な時に力が思ったほど入らずに、敵にダメージを与えられない。
微妙な力加減が必要な時に力が入りすぎて、対象物を痛めてしまう。

これらが起きた瞬間、もしくは不都合が起きている瞬間にこれらの事象が起こり、その奇妙な偶然の一致から、それが攻撃である可能性に気付きます。

これらは微妙なものですが、明らかに身体をコントロールされて、大きな動きまで操られている経験をしている被害者も存在します。

また、微妙なコントロールは自分の意識や体だけでなく、他者や、自分が操作している機械などでも起こります。

例えば、
パソコンの入力で、思ったような変換がされない。頻繁に、あまり使わないような漢字に誤変換される。
行っていない操作が、無意識のうちに実行されている。
車で前に強引な追い越しによる割り込みという嫌がらせを実行され、それを防ぐために加速しようとするが、アクセルベタ踏みでも加速が弱い。

また、割り込みの際に前走車が音もなく急加速して車間を開けられ、その空いた隙間に割り込まれる。
その割り込みはセットで毎日のように行われるため、それが嫌がらせであることに気付かざるを得ない。
自然であればそのセットの行動が毎日のように起きるはずはありません。
それは極めて珍しい事象です。

普通にブレーキを踏んでいるだけなのに頻繁にスリップが起きる。
これは自分の車ではない車を運転している時に起きます。
それがどの車に乗っても頻繁に起きることで、それが嫌がらせであることが分かります。

このように、自分の意識の操作、自分の身体の操作、自分が操作する物の操作、自分が関係する他者の操作など、操作には段階や種類などがあり、それらは組み合わせたり、関係するかのように行われます。

身体操作は明らかな種明かしになるため、頻繁に起きるものではありませんが、この微妙なラインでの操作は頻繁にあります。
それを意識出来ていない場合、自分はミスをしやすいと思い込むようになります。

同じミスを頻繁に繰り返す場合、自分の体を意識して観察すると、ミスが起きるその一瞬、体が意識したように動いていない、硬直したように一瞬動きが鈍ることに気付きます。

それがミスをしてはいけないタイミングを狙って発生したり、明らかな嫌がらせを予測できた時に、それを回避しようとする行動の瞬間に起こることで、それが操作であることが分かります。

人間は、しっかりと意識していれば、本来はほとんどミスをしないものです。
ミスをしやすい無意識状態は狙って作られることもあります。

どのような段階の、どのような操作でも可能であるということです。

この記事へのコメント